カジカジ

7月28日、24年ぶりにマレーグマの赤ちゃんが誕生しました。
当初はクマ舎裏のところにいたのですが、大規模工事の開始に伴い、
西園に移動してきました。何とあのモリーさんの隣なのです。
時間は短いながらも、その姿を確認することができました。
どうやら檻の前にある葉っぱがとても気になるようで、手を伸ばしたり
していたのですが、そのうち檻をガジガジと囓り始めました。
ちょっと歯がゆいのでしょうか。でもその表情を見ると何となく、
遊んでほしいのかな、という気になりました。勝手な解釈だけど。
b0016600_0283453.jpg

歯はまだ小さいけれど、爪はかなり立派です。ピンクの鼻もポイント。
b0016600_0291943.jpg

# by keiji_takayama | 2004-12-08 00:28 | 上野動物園 | Comments(4)

だら〜ん

閉園の音楽が鳴り始め、ゆっくりと出口に向かっていたところ、
アライグマがだら〜んとしているのを発見。関東圏の動物園では
井の頭自然文化園がとても撮影しやすいことで知られていますが、
ここのアライグマはそれよりも遙かに親しめます。何せ距離が近い。
手を差し出せば確実に触れます。携帯でもかなり大きく撮れますし。
b0016600_152207.jpg

このコはどうしたことか、ウルウルしてました。たぶん違うと思うけど、
名残惜しいのかな、また遊びにくるからね、などと勝手に思ってました。
b0016600_1534350.jpg

# by keiji_takayama | 2004-12-07 01:54 | 大森山動物園 | Comments(8)

仙人?

ちなみにこれは、カズくんを正面から撮影したカットです。
なんだか仙人のような風貌をしているなと思ったのですが・・・。
ここはガラス張りになっていて、まさに真っ正面の位置でこの体勢。
知らずにやってきた家族が「いな・・・いたいた!」と叫ぶことが
とても多かったところです。動いてなくても人気はとても高いです。
b0016600_1403882.jpg

# by keiji_takayama | 2004-12-07 01:40 | 大森山動物園 | Comments(2)

哀愁漂う・・・?

西日に当たりながら佇んでいたオスライオンです。微動だにしないけど、
哀愁漂う姿はそこはかとないカッコ良さがありました。名前はカズくん。
2002年4月、多摩動物公園生まれです。遠い故郷を思っていたのかな。
「ヒロシです・・・」と言いだしそうな雰囲気があるような気もします。
b0016600_2275048.jpg

記事とは関係ない話ですが、知人が新聞の懸賞に当たったので、
ドイツ・ヴィースバーデン歌劇場バレエ団「カルメン&ボレロ」東京公演を
観てきました。場所は渋谷Bunkamuraオーチャードホールです。
日曜の渋谷の混雑にな辟易しながらも、ちょっと得した気分でした。
初めてバレエを観たのですが、思っていたよりも面白かったですね。
それにしても・・・あんなふうに軽やかに舞うなんてことは、夢のまた夢。
# by keiji_takayama | 2004-12-06 02:32 | 大森山動物園 | Comments(4)

ベニフラ

前にも書いたけれど、最近お気に入りのベニイロフラミンゴです。
特に好きなのは羽繕いのシーンです。曲がった首がとても面白い。
そして、紅一色の体の中にある、黒点。このインパクトが強いです。
b0016600_247055.jpg

# by keiji_takayama | 2004-12-05 02:47 | 上野動物園 | Comments(4)

酋長

エジプトハゲワシです。春に撮影した時よりも風格があるみたい。
このコを見ると、何故か酋長怪獣ジェロニモンを思い出してしまうのです。
b0016600_21534144.jpg

# by keiji_takayama | 2004-12-04 21:52 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama