<   2019年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

3組目は、新宅(五歳/梶金)と、充号(四歳/池谷)の闘い。
この新宅、昨年千秋楽の撮影から最初に識別ができた牛なのです。
それは、顔の中心が白くなっているため。とても解りやすいですね。
ただ、その影響か表情はどことなく優しげです。アイドル系かも。

序盤は両牛の力比べといいますか、押し合いが見られました。
新宅の表情もキリッと引き締まり、目に力が宿っています。

この取組の一部は、SNSに動画が載っていました。
それによると、充号の見事な展開がわかります。
柔らかさを使いながら、新宅の攻めを受けて切り返しを狙う充号。
見事に角を使って新宅の横に回り込み、下から突き上げました。
これで新宅の体が浮き、やや戦意を喪失したようにも見えました。
場内の女性には充号の勝ちと映ったようで、そんな声もあります。
とはいえ、新宅の押し込みは鋭く、見応えのあるシーンでした。

写真は新宅の角が充号の目元付近に刺さっているシーン。
目元がこんもりと盛り上がっています。
ボクシングでいう「偶然のバッティング」のような雰囲気でして、
新宅は「やべぇ入っちまった」みたいな表情にも見えます。
一方の充号は、まさに鬼の形相。これで闘志に火が付いたかも。。。

この取組では、双方のハイライトシーンを残せたのが良かったです。
せっかくだし、できればそれぞれの牛のカッコいいところを残したいと
考えているわけです。写真でも「引き分け」にできるのが理想かなと。

闘い終わった場内引き回しでは、両牛ともお子さんが登場です。
未来の勢子の姿に場内も盛り上がり、拍手がたくさん贈られていました。
b0016600_162370.jpg


他のカット
by keiji_takayama | 2019-05-31 01:07 | 山古志闘牛場 | Comments(0)
2つめの取組は、ドッコイ丸(五歳/平島)と三太夫(五歳/虫亀)の一戦。
黒毛がドッコイ丸です。
入場時はおとなしめの印象でしたが、いざ組ませると目つきが変わります。
土埃を飛ばしながら、お互いの頭をぶつけていきました。
撮影データを見ると、これを何度か繰り返しているような感じ。

ううむ、やっぱりMCを務める勢子さんの解説を記録したいなぁ。
これは以前から思っていたのですが、なかなか難しいものがあります。
今回はせめてメモだけは取ろうと準備はしましたが、撮影しながらだと
もうてんやわんやの騒ぎです。メモ帳を出す時間が惜しくなってしまう。
そんなこんなで、なんとたった3行しか記録していませんでした。
これは次回以降の大きな課題です。そして、動画で撮りたくなる。。。

写真を見ていると、両牛の一生懸命さが伝わります。
これはすべての牛たちに共通しているのだけど。
さてこのカット。角度の影響ですが、目がとても近い !
三太夫の目元のすぐ上に、睨みを利かせるドッコイ丸の目線が。

闘い終わって。三太夫はお子さんも参加しての引きとなりました。
b0016600_20493948.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2019-05-30 20:50 | 山古志闘牛場 | Comments(0)

5/26 山古志闘牛 優玄-響

山古志闘牛、5月26日開催全取組の写真を載せていきます。
まだちゃんと見たわけではないのですが、たぶんなんとかなりそう。
昨年千秋楽の撮影で、すべての取組を載せることが出来ました。
これに相応の手応えを感じたので、今回も目標としていたのです。
ただ、せっかくなのでもうちょっと個体認識をしっかりさせたい、
引きのショットをなんとか増やせないか、などという課題もあります。
そうしたことを踏まえて。。。のつもりでしたが、いざ闘いが始まると、
興奮してすっかり忘れてしまいます。結局は、個人的にとても好きな
シーン、睨み合いが中心です。ま、ここに載せるのはそういうカット。

その合間に撮れたスナップシーンを、おさんぽ写真館に載せます。

最初の取組は、優玄(長岡/三歳)と響(新潟/三歳)の一戦です。
この両牛、今年の5月5日に揃って闘牛デビューしたばかり。
それでも、互いに見せ場を作って攻防を見せてくれました。
入ってきたときのマイペース振りも楽しかったけれど、闘いを終えて
勢子に綱で引かれているところは、なんだか反省会をしているみたい。
これからどんどん強くなって、白熱の闘いを見せてくれるでしょう。
そしてこの両牛の持ち主は女性。最後に闘牛場を引いて回るところも
華やかでして、たくさんの拍手や歓声が沸き起こりました。こうした
ところも、闘牛の楽しいシーンです。いよいよ本場所が始まりました。

写真は優玄が果敢に攻め込もうとするところ。表情も真剣そのものです。
b0016600_23413627.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2019-05-29 23:41 | 山古志闘牛場 | Comments(0)

山古志闘牛ツアー

26日、27日はツアーで山古志に出掛けてきました。
2017年から始まったこの闘牛撮影ツアーも、早いもので4回目。
担当したツアーでは、おそらく最多になると思います。
闘牛と山古志の雰囲気がすっかり気に入ってしまいました。

今回も東京駅から新幹線で長岡まで行き、まずは闘牛の撮影です。
お客様はなんと32名。人気の高さが伺えます。
今回も14の熱戦が繰り広げられ、もう大興奮の2時間でした。
気温がとても高くて熱中症が気になりましたが、皆さん元気に撮影を
行っていまして、しかも今回は見応えのある攻防が目立ちました。
引きの写真を前回より多く狙ったつもりでしたが、やはり角を絡めて
睨み合っているシーンが好きですね。結局そればかり撮ってました。
終了後は「やまこし復興交流館おらたる」に寄り、棚田撮影現場にて
翌朝に備えたロケハンを行いました。集合時間は午前3時ですので、
早々に寝ようとしたものの、興奮したのかなかなか眠れませんでした。

翌27日。棚田の撮影でしたが、気温が高かったので雲海は広がらず。
やや残念でしたが、その後しばらくしたら光芒が出てきて、なんとか
形になりました。そしてホテルにいったん戻り、食事の後に出発。
龍ヶ窪、大源太キャニオンで撮り歩きをしたのち、新幹線で帰京。

なかなかに充実した2日間だったように思います。
闘牛の撮影にすっかりハマッてしまい、いろいろ出てきた課題をどう
クリアーするか、なんてことを考えています。千秋楽の11月3日、
再びツアーが組まれました。また行けるといいのだけど。いやいや、
この日はツアーの催行が決まらなくても、行ってくるつもりです。
by keiji_takayama | 2019-05-28 23:40 | 山古志闘牛場 | Comments(0)

車検

クルマの車検が完了した。
これで4回目だ。奇数年が車検の年。
あちこちガタが来ているので、年々整備代が大きくなっていく。
今回はルーフとリアスポイラーの塗装劣化が加わったので、思いがけず
大きな出費になってしまった。今の愛車は、過去最長記録を更新中だ。
古いけれど、走っていて同じクルマを見かけることはまずない。
これが一番気に入っている。
これで2年はまた乗れるが、いろいろと抱えている問題もある。
次の車検は通せない可能性もあるが、またのんびり乗っていくつもり。

これを引き取ったその足で、長岡に出掛けてきた。
次のツアーの下見である。
闘牛をまた見ることが出来るのは楽しみだ。
昨年の千秋楽同様、全取組を載せられるといいのだけど。
ちなみに、まず間違いなくぶつかるシーンの連続になります。
それが好きなので。

クルマもそうだけど、妙なところで拘るのは変わらないらしい。
by keiji_takayama | 2019-05-23 00:08 | Comments(0)

写真散歩

カメラを持ってのんびりと散歩したくなり、井の頭公園へ。
動物園には行かず、公園をゆっくり歩きながら写真を撮ってました。
日曜ということもあり、近所の公園とはレベルの違う人の多さ。
池にはたくさんのボートが浮かんでいて、面白いイメージも発見。
とはいえ、それがうまくいくタイミングはなかなか訪れずに苦戦。
でも、それを面白く感じることができたのでいいか。

今回も、古いフィルムカメラを2台持って行きました。
このカメラの試写も目的の1つだったわけです。
公園内では野鳥も撮れるようで、望遠レンズを持っている人が集まる
エリアもありました。こんな古いカメラを持っている人は皆無でして、
それがとても心地よく、のんびりマイペースで風景を撮ってみました。

今回の2つは、人気のなかったメーカーの普及機でした。
露出補正しているのをついつい忘れて撮っていたり、オート機能が
搭載されているのに補正ダイアルがないなど、結構な強者でした。
オマケに片方はモルトがほぼ壊滅状態、しかもファインダーには大きな
クモリがあり、使って写真を撮れたらすごいぞ、というレベルでした。
そういったカメラで撮影することに楽しさを覚えてしまったので、
ちょっと始末に負えないかもしれません。でも、苦労するのは楽しい。

それぞれのカメラに24枚撮りのフィルムを1本だけ入れています。
さてさて、どんな仕上がりになることやら。

 写真は多摩で撮影、フィルムカメラ+50mmです。
b0016600_19455532.jpg

(オリンパスM-1/M-SYSTEM50mmF1.4)
by keiji_takayama | 2019-05-12 19:46 | 多摩動物公園 | Comments(0)

思い立って大涌谷へ

以前から気になっていた、大涌谷へ行ってきた。
そのきっかけとか、あれやこれやを文章にして載せようとしたのだが、
どういうわけか、エキサイトにログインできてもブログの記事を書けない。
投稿画面が出てこないのだ。
ログインしているのに、ログインしていないことになっている。
仕方ないので、いったん再起動することに。
文書を保存する画面が出てきたので、保存をクリックしたのだが。。。

別のブラウザで投稿画面が開けたので、さて載せるかとおもいきや。
ない。
さっき書き終えた記事が、そっくりなくなっていた。
なんとかその名残は見つけたが、削除したことになっていた。

もうこれで、一気にやる気が失せた。
まぁつまり、大涌谷に行ってきて想像以上によかったという話。
半袖だったので、風はちょっと寒く感じた。
気管支喘息持ちは観光できないという案内があったが、問題なかった。

写真はオランウータンのシーン。
真似してやってみたけど、焦点が合わなくて唇の先は見えなかった。
b0016600_2263029.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2019-05-08 22:06 | 多摩動物公園 | Comments(0)

間抜け

せっかくの休みなので、どこかに出掛けようと思った。
GWで混雑するのは解っていたけれど、なんとなく写真を撮りたくて。
どうせなら新緑を楽しめるところにしよう、そう考えたのだけど。
場所の選択を完全に誤ってしまった。

手持ちのフィルムではなく、安価な記録用ISO100にしたかったので、
新宿のカメラのキタムラに行き、24枚撮りを2本購入した。
試写の意味合いもあったので、フィルムの質は問わないつもりだった。
そして、向かったのは代々木公園である。
どうしてここが浮かんだのか、選んでしまったのか。とても謎である。

到着して改札を出る時点で、なんとなく嫌な予感がした。
とにかく人が多いのである。目立つのは外国人の姿だった。
公園内はのどかな雰囲気で、新緑の木々もたくさんあって良かったのだが、
ここでもやたら人が多かった。1人で来ている人はかなり少ないだろう。
そんなわけで、楽しめたのだけどイマイチアンテナが働かず、写真もあまり
撮らなかった。帰りに明治神宮をちょっとだけ覗いたら、雨が降ってきた。
なんとかノルマ分は撮影できたので、まぁいいかと思って帰ることに。

ところが、原宿駅前が大混雑。前に進めない。
後から聞いたところだと、どうやら一時的に入場規制が行われたらしい。
とにかく人だらけ。挙げ句の果てには、目の前で大人同士の喧嘩が始まった。
なんとか脱出して竹下口に回って見たが、こちらもとんでもないことに。
そこで、諦めて近くの北参道駅まで歩いて迂回、ようやく電車に乗れた。
ところが、次の駅である明治神宮前からの乗客は大して多くない。
渋谷で乗り換えた山手線も、原宿の次なのにさして混雑していなかった。

なんとも間の抜けた話である。
b0016600_0115360.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2019-05-05 00:12 | 多摩動物公園 | Comments(0)

迷惑なGW

GWの10連休は、誤解を恐れずに言えばただの迷惑だ。
ほとんど関係のないところで働いているため、ある部分では他の皆さんが
遊びまくっているのを、ただ眺めているだけになる。さすがに空しい。
とはいえ、そういうタイミングで動物園に行くとロクなことにならない、
というのは経験則として持ち合わせている。それは歯止めになるけれど。

10連休のうち、4/28、5/3、5/4が休みになった。
しかし、担当業務が増えて毎日ヘトヘトで帰ってくるため、休みといえば
まず寝坊するのが毎回の恒例になってしまった。今朝の起床は11時半。
そして、寝過ぎたのか頭痛に悩まされることになった。
出掛けようかと思っていたが、これのために再び寝ることになる。
で、なんとかクリアーになったのはすでに夜になってからだった。
こんな時間にまだ起きているのは、その影響が大きいところである。

で、こんな時間まで起きているということは、たぶん起きたら遅い。
そこからのっそりと、どこか行こうかと思うだろうけど。。。
やっぱり休みは平日に限る。なかなか気力が湧いてこない。
b0016600_2413952.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2019-05-04 02:41 | 多摩動物公園 | Comments(2)

閉店の日

「平成最後の日」と銘打って、メディアがバカ騒ぎしている。
そんな印象がとても強い。年が変わるかのような騒ぎっぷりだ。
全くもって騒々しい。そういうのを目にする度に、醒めていく。

そんなことより、4年間通っていたコンビニがなくなることが残念だ。
ついにこの日が来てしまった。
どんどん店の商品が減っていき、ガラガラになった棚を見つめた。
4年間、ほとんど毎日通っていた。
もう生活の一部として、完全になくてはならないものだった。
店員さんとも言葉を交わしたことが何度かある。
それぞれの時間帯で、顔を覚えられていた。当たり前だけど。

昨夜、最後の弁当を買って、夕方勤務の若い女の子と挨拶を交わした。
そして今朝、出勤絵に立ち寄って、最も世話になった深夜のかたに
最後の挨拶をすることができた。仕事から帰ってきたらもう閉店だ。
雨が寂しそうに店先を濡らしていた。明かりもなく静かに佇んでいた。

次に何か入るのだろう。しかし、なんだか生活がつまらなくなった。
たかがコンビニ。されどコンビニ。
いい年して独身の一人暮らしにとっては、貴重な場だったのだろう。
b0016600_23595359.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2019-05-01 00:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31