<   2018年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

左腕痛

以前打った注射が切れたようで、左腕、というか肘が痛む。
その日によって症状が変わるので、たちが悪い。

休みの日には極力休ませないといけないので、あちこちに影響が出ている。
大きなレンズを1日持ち歩きできるようになるには、まだ時間がかかりそうだ。
by keiji_takayama | 2018-02-22 23:09 | Comments(0)

ピーク

今月1番のピークを過ぎたので、ちょっと一安心。
これでいよいよ、次のツアーの準備を進めることができる。

下見に行きたいけど、行くとそれなり以上の出費になるので迷い中。

雪が多いようなので、キツネ村は条件が割と良いのではないかと期待している。
田代島は。。。どうなんだろう。
雪の状況がこちらはやや気になるし、ロケハンをしておきたいという気がする。
それもそうだけど、どこか遠くに行きたい。
またまたフィルムのカメラと50mmだけを持って。
by keiji_takayama | 2018-02-21 23:44 | Comments(0)

通院日

月に1度の通院日。
仕事は1時間遅れて出勤し、通っている4つのうち2つの病院へ。

頸椎のほうは予約していた時間が9時20分だったけど、いつもの
ように大幅に遅れて開始。少し話をして症状を伝えて、薬の手配を
してもらって終了。待った時間に対して、診察時間の短いこと。
以前痛み止めの注射を左腕にしてもらったが、医者から伝えられて
いた期限である3か月になった。その言葉通り、切れてきたらしい。
それを伝えるも、この注射はあまり回数を多く打つとよくないという
ことで、湿布を処方してもらうことになった。リリカは変わらずだ。

お次は喘息のクリニック。こちらもあっという間に終わったのだが、
4月から6000円までは自己負担金が発生することになる。医療制度が
大きく変わるとのことで、再来月から3000円程度負担することになる
という説明を受けた。まぁこれは仕方ないか。これまで無料だった、
ということのほうがどちらかというと不思議だったのだから。

それにしても、その後の仕事がとにかくハードだった。とても疲れて
しまったが、本番は明日なのでゆっくり休むことにしよう。
by keiji_takayama | 2018-02-20 23:57 | Comments(0)

総会

この時期に毎年行われる、マンションの総会。

だが、案内の届くタイミングがすこぶる悪いので、ここ3年ほどは
欠席が続いている。仕事はシフト制なのだが、休日の希望には柔軟に
対応してくれる。ある程度早めに予定がわかれば、ほぼ毎回出席が
できるのだが、案内が届くのはたいてい、締め切りの数日後なのだ。

3年ほど前だったか、番が回ってきて副理事を務めたことがあった。
こういう立場にいれば当然日程も早く知ることができるので、難なく
対応することができたのだが、役を外れるととたんに不便になる。

古いマンションだし自主管理なので、言いたいこともいろいろある。
しかし、総会にロクに出席しないとなると、発言も力がなくなる。
どうにかしたいとは思っているのだが、今年も欠席せざるを得ない。

もうこうなったら、理事長に立候補してみようか(笑)
by keiji_takayama | 2018-02-19 23:56 | Comments(0)

変えられず

現在、スマホと所謂ガラケー、従来からの携帯の2つを使っている。
スマホのほうはデータ契約なので、電話としては使うことができない。
あの四角くて大きいスマホを耳に当てて話す、というのが馴染めず、
通話用としてのみ、ガラケーを手放さずに使用しているのである。

とはいえ、さすがに使用年数がかなり長くなっていて、ボタンの反応が
イマイチだったりする。使い勝手も悪くなってきた。話をするときには、
やっぱりこのほうがしっくり来るのは全く変わらないのだけど、さすがに
そろそろ買い替えが必要なタイミングだと思っている。休日のたびに、
ドコモショップに行こうかどうか悩み、結局は行かないのだけど。

ただ今日は、たまたまその周辺を通る用があったので、ついでにと思い
ドコモショップに寄ってみた。いつもは女性のスタッフが明るく対応
してくれるというイメージがあったのだが、日曜ということも理由か、
スタッフは見渡す限り全員男性だった。明らかに対応力が劣っている。
これは相談するには値しないと思い、けれど気になっていることがある。
それだけを聞くことにした。買い替えで最も安いのはどれか、という
ただ1点である。今使っているスマホは、持っているだけなら2年間、
1円もかからないという売り込みに従って導入した。こういう機種が
希望だったが、ニュースでも伝えられたように、このシステムが全く
ダメになってしまった。何とも余計なことをしてくれたと思うのだが、
結局今ではそれなり以上に金がかかる。これが躊躇する理由になった。

いつも同じ理由で買わず。昔のような0円スマホ、復活しないだろうか。
by keiji_takayama | 2018-02-19 00:33 | Comments(0)

ミラーレス強し

カメラ出荷増加の話の続きである。ではレンズ交換式はどうか。

こちらも0.6%と僅かではあるが、増加している。
ただし、ミラーレスに限っては408万台。なんと3割増だった。
一眼レフカメラとレンズの重さが苦痛になったユーザーはかなり多くて、
その交換にと選択されるのは、ほとんどの場合がミラーレスなのである。
フルサイズを第一に考えるならソニーになるが、これはメーカーがちゃんと
それぞれの使い道に対して回答を用意しているので、カメラを選びやすい。
頻繁に行われたキャッシュバックキャンペーンの影響もあり、人気も高い。
今最も元気のあるメーカーといえるだろう。

記事で挙げられていたのはオリンパスOM-D E-M1MarkIIだった。
このカメラはとてもよく売れている。
連写性能とAFの正確さがウリなのだが、グリップが大きくなりとても
持ちやすくなった。使ったこともあるが、確かに売れる理由がある。
しかし、旧型になったE-M1でも事足りるので、買い替えてはいない。
いずれはそうしたいとは考えているけど、もっと安くなってからでいい。

フジはX-E3の好調が紹介されていた。富士フィルムホールディングスは、
17年4~12月期のカメラ事業の売上高が、前年同期より4割超も増えたという。
そこまで売れていたという印象はないのだが、X-Pro2とX-T2は相変わらず
人気があるし、価格が下がった旧型の中古は、その「色」を楽しみたいという
ユーザーの注目を浴びている。安価なモデルはすぐに売れてしまうようだ。

さて、このような状況だが、ニコン、キヤノンはやや寂しいことになった。
一眼レフの両巨頭であるこの2社のミラーレスは、あまりパッとしない。
キヤノンEOS M5は以前使ったことがあるが、期待とは異なっていた。
それぞれが一眼レフのマウントでフルサイズのミラーレスを出したら、
きっと面白いと思っている。ただし、その時期としてはあまりにも遅い。
両社の一眼レフから一式ソニーに変える、というケースを何度も見てきた。
さすがに、ここからまた戻ってくるとは思えないのである。
b0016600_23322616.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-02-17 23:32 | 上野動物園 | Comments(0)

増加

先日の新聞記事で知ったのだが、国内メーカーの2017年における、
デジタルカメラ出荷数は、前年比3.3%増の約2498万台だったという。
ここのところ売れ行きの悪化ばかりが聞こえてきた状況だったが、
7年ぶりに増加に転じた。出荷額も5年ぶりに、11.6%の増加だった。

ではなぜ増えたのか。
追い風として挙げられていたのは「インスタ映え」。流行語にもなった。

動物園でもそうだが、ここ最近はこういう「撮影の出来る場所」で、
カメラを持った女性を多く見かけるようになった。個人的な感想を言えば、
男性より女性のほうが忍耐強い。1度自分で決めて購入した機材はたとえば
重たいとしても、何とか使ってみようと頑張る印象がある。動物園でも、
大きな望遠ズームを駆使して、手持ちで撮影しているケースを見かける。
撮った写真はほとんどの人が、SNSに載せるようだ。Twitterにはその日の
動物たちの様子がすぐさま載せられている。リアリティが高いし、たとえば
好きな動物の、ふだん行けない動物園での生活もすぐに知ることができる。

ここで出てくる「インスタ」とは、インスタグラムというSNSのことだ。
以前に1度、どんなものか見たことがあるのだが、そこに掲載されていた
写真があまりに好みや傾向と乖離していたため、利用はしなかった。
「映え」という言葉が示すとおり、誤解を恐れずに言えば加工だらけだ。
今ではそれがどうなったのか知らないのだが、さして変化はないだろう。
これが理由でカメラが売れたのだとしたら、何とも皮肉なものだと感じる。

記事によると、好調だったのはコンパクトタイプのカメラだった。
まさにスマホの出現で売れなくなった種類。でも売れるようになった原因は
個性のある、魅力的な機種が増えたことも大きいのだろう。
リコーのTHETA(シータ)は確かに楽しいカメラだ。
昨年末の東武で写真を見せてもらったが、360度撮れるという写真は、
動物園でも様々な着想に繋がりそうだ。ちょっと欲しいと思ってしまった。

こうした魅力的なカメラが増えれば、市場の活性化に大きく繋がるのだ。
b0016600_021711.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-02-16 00:02 | 上野動物園 | Comments(0)

動物園総括 2017

もう2月になってしまったが、2017年の動物園総括を。
延びたのは、正直なところあまりやる気がなかったからである。
惨憺たる結果になることは最初から解っていた。その理由も。

6回 多摩動物公園 
5回 上野動物園 
2回 かみね動物園、ズーラシア、蔵王キツネ村
   盛岡市動物公園、八木山動物園、富士花鳥園
1回 金沢動物園、千葉市動物公園、埼玉県こども動物自然公園
   井の頭自然文化園、羽村市動物公園、東武動物公園
   浜松市動物園、王子動物園、神戸どうぶつ王国、町田リス園

すっかり忘れていたのだが、思っていたより出掛けていた。
といってもそれは6月まで。以降は数えるほどしか行っていない。
興味の対象が変わり、写真を撮ることが劇的に減ってしまったのだ。

このうち、2回行っている蔵王、盛岡、八木山、富士はツアーのおかげ。
催行されたので、下見と本番の2度、訪問することになった。
多摩に6回行っていたのがなんとも信じ難い。神戸は王子だけではなく、
どうぶつ王国にも初めて行けたのはよかった。これが確か7月だった。
年の初めは、けっこうきちんと活動していた。それが、たった1つの
対象の変化によってここまで崩れてしまうとは。子どもの頃から変わらず、
没頭するとそれしか見えなくなる傾向にある。これが見事に露呈したようだ。

さて、2018年。この時点ではまだ、上野に1度出掛けただけ。
しかもそれは、ツアー会社主催の撮影会で講師を勤めたというものだった。

そろそろ、現実に戻らないといけないかな。
b0016600_0494970.jpg

(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2018-02-15 00:50 | 東武動物公園 | Comments(0)

好きな国内ドラマ

ネタがなくなったので、エキサイトの投稿テーマを1つ。

ドラマというと、リアルタイムで見ることは100%ない。
理由は、次の展開を1週間も待てないからである。
知りたいことはすぐに判明しないと気が済まない質なのだ。
なので、DVD化されてから一気に見ることが定番になっている。
加えて言うなら、サスペンス、ミステリーにしか興味がない。

で、好きなドラマといえば、まずはこの3つ。

・池袋ウエストゲートパーク(2000年)
・白夜行(2006年)
・もう誰も愛さない(1991年)

ウエストゲートパークを最初に見たのは 2004年の頃で、再放送だった。
この時点ですっかりハマッたが、その時の最終回直前の放送が金曜日。
ラストを見るには2日間待たなければならなかった。
それが我慢できなくて、ネットでDVD-BOXを買って取り寄せた。
以後、ちょくちょく今でも見ることがある。ストーリー展開が好みだ。
白夜行は原作をかなり前に読んでいて、それを基調に考えると話がかなり
異なっているのだが、この世界観に完璧に引き込まれた。俳優が上手くて
違和感もなかった。最初に出てくる子役の演技がとても良かったと思う。
そして、もう誰も愛さない。これが放送されていた頃、金曜朝の職場は
放送の話題で大盛り上がりだった。見ていなかったのだが、「1回でも
見逃すと話が解らなくなるよ」という感想が全く理解できなかった。
かなり後になってDVDを見るのだが、この時点でようやく合点が
いくことになる。とにかく面白い。こういう終わり方はとても好きなのだ。

ひとまず3つ挙げたが、ストロベリーナイト、アンフェア、眠れる森、
トライアングルなど、印象に残っているドラマは多い。しかし、ここ最近
そういう作品が減っている。見てはいるけど、パンチが足りないというか
インパクト、衝撃性に乏しいドラマばかりに感じる。これも時代なのか。
b0016600_0261060.jpg

(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2018-02-14 00:26 | 東武動物公園 | Comments(0)

公正な審判

昨日から部屋にいる時間が長かったので。オリンピックを観戦。

新聞を見たら、本日はショートトラックの予定だった。
これは攻防が面白く、目が全く離せないので好きな競技である。
そんなわけで、2日連続でテレビのスイッチを入れることになった。
レースはどれも白熱していて、夕食のピザ(またかよ)を食べつつ、
目はテレビに釘付けになってしまう。ときおり、しばしば選手間による
小競り合いのようなポジション取りがあり、気になったケースはたいてい
審議対象になって順位に大きく変動があった。このあたりは、単純に
試合を楽しむという上ではやや興醒めかもしれないが、ビデオを何度も
繰り返しチェックしている審判を見ていると、しっかり公正なジャッジを
下そうとしている様子はわかる。むしろそのほうに好感が持てた。

それにしても目立っていたのは、中国選手の失格である。
男子、女子とも2人ずつがそれぞれのレースで進路を妨害して失格。
他国の選手にはほとんどこういうことがなかったので、目立っていた。
女子500m決勝では、金の本命という韓国の選手が失格。
スローで見ると、明らかに他者の妨害行為をしているように見えた。
開催国の選手でも、ダメなものはダメ。これをしっかり遂行している
審判の姿勢は見事なもので、スッキリもした。いつもはテレビで見る
ことのないオリンピックだが、今回は不思議と楽しめそうな気がする。
b0016600_2348786.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-02-13 21:52 | 東武動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama