<   2017年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

輝くカピバラ

若いフリをして大きなレンズを担いでいるけど、実際はアラフィフの
おっさんである。そんな身なので 、「こども動物園」のエリアに入る
時はさすがに躊躇することもある。基本的に、ここで楽しむのは親子
連れが大半だからだ。こんな場所にレンズを持って踏み込むなんて、
さすがに気恥ずかしく感じることも。しかし平日となると話は別だ。

こどもが主役の「こども動物園」エリアも、子どもが少ない平日には
けっこう自由に行き来ができる。千葉市動物公園の場合では、ここに
プレーリードッグやカピバラがいる。さすがに避けては通れないので
行くとたいてい寄り道をすることになるのだ。今回は昼頃に訪ねた。

ちょうどカピバラはお食事タイムのようだ。担当の飼育員さんから、
キャベツをもらっておいしそうに食べていた。傍らではお客さんが、
質問をしながらそのシーンを眺めていた。ほのぼのする光景である。
せっかくだから見ていこうと思ったのだけど、カメラを転がしておく
わけにもいかない。仕方ないので、写真を撮ることにした。とはいえ
35mm判換算では1000mmである。そこからかなり離れた場所から、
カメラを構えることになった。これではまるで、隠し撮りのようだ。

そんなこちらの状況は知る由もなく、飼育員さんは丁寧に説明をして
カピバラに食べものを与えていた。それを遠くから撮影していたが、
逆光でカピバラの毛がキラキラと輝き、なかなか幻想的なシーンだ。
食べている最中のカットは下を向いているのでイマイチだったけど、
食べ終わって顔を上げたところの表情はとても満足そう。良かった。
輝くカピバラ_b0016600_9364811.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-13 09:37 | 千葉市動物公園

819200

ペンタックスから、新しいデジタル一眼レフ「KP」が発売される。
ちょうどCP+の開催と重なるので、ブースは盛り上がるだろう。
このカメラ、位置付けはK-3IIよりやや下のクラスということだ。

ネットに掲載されている資料を見ると、特徴もいくつかある。

・センサーはAPS-C、有効約2432万画素
・マグネシウム合金の外装、67か所にシーリングした防塵防滴仕様
・マイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能
・3タイプによるグリップ交換システムを採用
・ボディ内手ブレ補正5段、5軸対応
・視野率約100%の光学ファインダー

などなど。他のモデルで好評のリアル・レゾリューションシステム、
ローパスセレクター、上下チルト式モニターなども装備されている。

しかし、最も目を惹いたのは次の一節だった。

・ISO819200の高感度撮影を実現

なんと、819200である。8万ではない、81万なのである。
これを聞いて思い浮かぶのは、もちろん上野動物園西園・小獣館だ。
そういえば、高感度撮影を謳ってニコンD3が登場した頃、テストは
やはりここで行った。真っ暗闇で姿すら確認できなかった動物たちが、
どんな表情をしているのかを見ることができ、とても感動的だった。
あの時よりも、さらに高感度化が進んだというわけだ。
しかも、数十万するトップ機ではない。販売価格は123,930円である。

もちろん、最高感度である819200の領域では、ノイズも出るだろう。
しかし、そこまで使えるということは、そこそこの余裕を持った上で、
409600、204800、102400が選べるということになる。これは凄い。

というわけで、このカメラは試してみたい。真っ暗な場所でどのような
パフォーマンスを見せてくれるのだろうか。今からワクワクしている。
画質がどうとかノイズなんてどうでもいい。その感度で露出を決めて、
ちゃんと写真が撮れればそれだけでも素晴らしい。早く使ってみたい。

写真はジェフロイクモザル。檻の反射がなかなか厳しくて、撮る機会も
少ないのだが、歩いていたら檻の陰りの奥に姿が見えたので、これは !
と思い撮影開始。なんとか押さえられた。白黒にブルーの瞳は映える。
819200_b0016600_1010396.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-12 10:10 | 千葉市動物公園

多摩のデータ密着

恒例となりつつある、撮影データの密着です。今回は多摩動物公園。

7DMarkII
オランウータン(14)
アムールトラ(63)
ユキヒョウ(2)
アムールトラ(76)
チーター(60)

アムールトラは2つの運動場にそれぞれ1頭ずつがいて、それを何度か
行ったり来たりして撮影しています。ガラス超しのほうは厳しいなぁ。
ここに載せているのは、素通しで撮れるほうです。凜々しいですねぇ。
チーターは久々に閉園間近のタイミングで寄ってみて、それなりに撮る
チャンスもあったのですが、どうも納得がいきませんでした。なんとか
別館に載せられるカットがいくつか。あとはTwitterで流す予定です。
それにしても、多摩に行くとどうしても偏ってしまいます。課題だな。

1DX
インドサイ(6)
オーストラリアガマグチヨタカ(4)
フサオネズミカンガルー(14)
フクロモモンガ(10)
オーストラリアガマグチヨタカ(13)
フクロモモンガ(2)
オーストラリアガマグチヨタカ(6)
パルマワラビー(11)
シマオイワワラビー(8)
タスマニアデビル(4)
アムールトラ(1)
レッサーパンダ(7)
ゴールデンターキン(4)
ユキヒョウ(3)
アムールトラ(4)
アジアゾウ(16)
インドサイ(10)
ライオン(8)
チーター(13)

こちらは、面白そうなものにはすぐ向けて撮ります。それは良いけど、
けっこういい加減にシャッター押してるなぁ。というのもありました。
オリンパスのような軽快な感じはないけれど、仕上がりはさすがです。

こうして並べると、1DXは忙しく使っています。高感度もいい感じ。
多摩のデータ密着_b0016600_7494755.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM+エクステンダー1.4X)
by keiji_takayama | 2017-02-11 07:50 | 多摩動物公園

マヌルネコ三昧

休日でしたので 、埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。
道路事情があまり良くなくて、あちらこちらで渋滞していましたが、
高速に乗ったらスイスイ走れるようになり、11時頃に到着しました。
さすがは平日、お客さんの姿も少なめです。広大な園内なので、ほぼ
貸し切り状態になる場所も。鳥インフルエンザの予防策のため、鳥の
展示はほとんどが見送られていました。気温も低くて、風が強かった
ことも合わせると、かなり寒さを感じた1日でした。427コマ撮影。

最近ネットで大人気のマヌルネコも、ほとんど独占状態になる時間が
ありまして、動き回ったりなんか言い合いをしていたり、おとなしく
じっとしているところなど、いろいろ見ることができました。新しく
入ってきたプーズーも、遠かったけれど姿を確認。カピバラお風呂も
じっくり堪能できて、楽しい時間になりました。満足度が高いです。

機材ですが、今回はちょい訳ありというか仕事が少し絡んでいます。
ソニーα99IIに、70-400mmレンズを装着して撮影しました。勝手が
違うのでなかなか馴染むことができず、思った通り反応してくれない
こともありましたが、いつものように真剣勝負というわけでもなし、
楽しむことに専念しました。ここに1カット載せられればOKです。
というわけで、マヌルネコのカット。正直な話をすると、必要以上に
撮りすぎてしまいました。動きもあるし表情も面白いです。ついつい
長居してしまうほど。お客さんが少なくて、とてもラッキーでした。

ちなみにこの写真ですが、ISO感度は6,400です。ソニーの高感度も
とても良くなりました。フルサイズなのでボケが大きい、これが逆に
マイナスに作用することもあります。次回はマイクロフォーサーズで
狙ってみたいと感じました。ここに行くなら、ズーム1本勝負かな。
マヌルネコ三昧_b0016600_20465675.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-10 20:48 | こども動物自然公園

キラキラシタツンガ

「したつんが」が正しい名称である。千葉市動物公園の草原ゾーンでは、
のんびりとした様子で草を食むところをよく見かける。カタカナにすると
「シタツンガ」となるが、カタカナでは「シ」と「ツ」がとても似ている
ことから、「ツタシンガ」と誤表記されることが多いらしい 。実際試すと
けっこうな数の検索結果が表示された。誤表記だと教えてくれるものも。

さて、そんな名前騒動とは全く関係なく、シタツンガは広々とした草原を
ゆったりと歩き、穏やかに過ごしている。眺めているだけで癒やし効果が
発揮されるのではないか、という状況だ。季節に応じて、空気感や背景も
変化があるので、写真を撮っていても楽しいところである。いつも通りに
レンズを担いで歩いていた。シタツンガの♀が、小高い丘に立っている。
なぜか最初は、写真を撮ろうという気が起きなかった。不思議なもので、
その様子をじっと眺めていたのである。毛の色がとてもキレイで、単純に
見とれてしまったのかもしれない。どのくらい時間が経過しただろうか。
「なぜ写真撮らないの ? 」とばかりに 、ずっと同じ場所に佇んでいた。

そのうち我に返り、というわけでもないのだが、カメラをセットして撮影
してみることにした。なぜ直感的にそう思わなかったのか、逆光でとても
いい感じだった。咀嚼しているところを狙い、シャッターを押してみる。
ちょうど口が開いたところだったので、黒っぽい舌が見えた。こうすると
何かアピールしているようにも感じる。耳元や毛がキラキラしているし、
体毛の白さがちょうどよいボケになった。これまでにもシタツンガはよく
撮っているし載せていると思っていたのだが、ここ最近のカットはすべて
全身が写っているものである。こんな雰囲気の写真が撮れたのは、かなり
久し振りのことだった。とてもラッキー。ありがたいタイミングだった。

その後欲が出て、同じように♂が撮れるかと考えた。何度か様子を伺い、
この日は運が良かったのかチャンスもあった。しかし、耳に付いている、
識別用のタグが思い切り写り込んでしまった。残念、また狙ってみよう。
キラキラシタツンガ_b0016600_7592794.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-10 07:59 | 千葉市動物公園

中古カメラ相場ガイド③

中古デジタルカメラの相場ガイド。第3弾はミラーレスです。

オリンパス
OM-D E-M5 ¥29,160 さすがに古くなったけど、まだまだ使えます。
OM-D E-M5MarkII ¥63,720 まだ高いイメージがあるのだが。。。
OM-D E-M1 ¥44,280 去年買った時は6万円台。買い得感が大きい。

パナソニック
GX7MarkII ¥49,680 E-M1の価格を見てしまうと、やや高い印象が。
GX8 ¥57,240 AFが早い。この価格なら納得できる。
GH4 ¥59,400 フラッグシップとしての魅力は大きい。安くなった。

ソニー
α7 ¥78,840 フルサイズであることを考えると、かなり割安な水準。
α7II ¥120,960 キャッシュバックキャンペーン中。新品のほうが安いかも。

フジフィルム
X-pro1 ¥46,440 X-T1との価格差に注目。5万円で買えるのは嬉しい。
X-T1 ¥61,560 E-M1との価格差が開いた。メーカー人気の影響か。

キヤノン
EOS M3 ¥30,240安くて高性能だが、どういうわけか盛り上がらない。

センサーの大きさが、そのまま価格の差に比例しているように感じる。
マイクロフォーサーズは新型が発売になると、旧型となるモデルが一気に
値下がりするようだ。それにしても 、E-M1の安さにはビックリである。

写真はモウコノウマ。載せるのはいつ以来かな。ひょっとしたら初かも。
載せられるカットができたのは大きな収穫だった。半逆光での撮影なので
虫が飛び回っているのも写り込んでしまう。入らないよう注意して撮影。
中古カメラ相場ガイド③_b0016600_8114030.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-09 08:12 | 多摩動物公園

中古カメラ相場ガイド②

中古デジタルカメラ相場の第2弾。
今回はソニー、ペンタックス、オリンパスの一眼レフです。

ソニー
α700 ¥24,840 さすがに古さは否めないけど、好みなので。
α900 ¥82,080 いい値段になりましたね。1度は使うべきカメラです。

α77 ¥41.040 かなり安くなってきました。十分通用する性能です。
α77II ¥86,400 なんと、α900とほぼ同水準。だとしたらやっぱり。。。
α99 ¥111,240 使ったことがあるけど、コントラストが強すぎる。

ペンタックス
K-1 ¥195,480 かなり話題になったけど、ちょっと静かになりました。
K-3II ¥71,280 価格と性能のバランスがちょうどいい。そんな感じ。
K-3 ¥47,520 キヤノンEOS7Dとほぼ同水準。悩みどころです。
K-5 ¥23,760 ついに2万円台。安くなりましたね。実用性は十分。

オリンパス
E-5 ¥64800 随分と買いやすくなったので、再注目されています。

このメーカーのカメラでは、以前オリンパスE-3を使っていた。
動物園でも何度か使ったことがある。とても扱いやすかった。
それがあるので、やはりE-5は1度じっくりと使ってみたい。
ソニーではα900。ファインダーがとても良いと聞いているのだが、
それを実際の現場で感じてみたい。α99はコントラストが強くて、
これは賛否が分かれそうだ。ペンタックスK-1は、ずっしりした
スタイルがやる気を感じさせてくれます。次回はミラーレスを。

写真は多摩のオランウータン。いいポーズと目線を見せてくれました。
中古カメラ相場ガイド②_b0016600_7265084.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-08 07:27 | 多摩動物公園

中古カメラ相場ガイド①

不定期に載せている、デジタルカメラの相場情報。前回からかなり
長い時間が経過したのだが、ふと思いついたのでまとめておこう。

キヤノン
1DX ¥304,560 さすがフラッグシップ。旧型になっても人気だ。
1DS MarkIII ¥149,040 敢えてこれを選ぶというユーザーがいる。
1D MarkⅣ ¥138.240 随分と安くなった。1度は使ってみたい。

5D MarkII ¥83,160 古さはあるものの、人気がなかなか衰えない。
5D MarkIII ¥192,240 まだ新品が買える。意外と高値安定傾向。
6D ¥112.320 小型軽量、人気がある。10万円以下が出ることも。

7D ¥46,440 ついに5万円割れ。手軽に買えるようになった。
7D MarkII ¥104,760 新品との価格差が広がりつつある。人気。

60D ¥42,120 7Dとの差がほとんどない。革はがれは要チェック。
70D ¥68,040 適度な価格。コストパフォーマンスの高い1台。
80D ¥87,480 7D MarkIIの弟分という位置付け。数が少ない。

ニコン
D3S ¥153,360 センサークリーニング搭載。安くなってきた。
D4 ¥237,600 高値ではあるが、割安な印象があるから不思議。
D4S ¥336,960 1DXより3万以上高い。硬派なイメージ。

D810 ¥211,680 かなり安くなってきた。20万円割れに期待。
D750 ¥140,400 新品の流通が回復したので、下がる可能性あり。
D700 ¥75,600 安くなったが、この水準を維持しているのはお見事。
D610 ¥97,200 やや地味なイメージ。6Dよりも買い得感は大きい。

D500 ¥176,040 じわりじわりと数が増えている。今後にも期待。
D7200 ¥71,280 70Dと僅かな差。ということはかなりお買い得。
D7100 ¥51,840 とても買いやすい価格。初めての1台にもGood。

ちなみに、この価格は並品程度のもの。これがどう動くのだろうか。
クルマと同様で、カメラも相場で動いている。調べると奥が深くて、
とても面白い。因みに、この中で最も欲しいのは1DMarkⅣだった。

写真は金沢動物園で撮影したホンシュウジカ。本番前の緊張感漂う、
気合いを入れている子供のような表情。真剣な顔つきが微笑ましい。
中古カメラ相場ガイド①_b0016600_736592.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-02-07 07:36 | 金沢動物園

初顔合わせ

もともとは、ドライブも含めてちょっと遠出する予定でした。
昨日は21時半に寝て、目覚ましは3時半にセットしていたのです。
ところが、どういうわけか1時に目が覚めてしまい、枕元に置いた
スマホを手にしました。あとはもう、ダラダラとスマホを眺めて
ニュースなどをチェック、気付いたら3時になっていました。
もうこの時点で「ダメだこりゃ。」と思ったわけです。

結局、意識が戻ったのは7時45分でした。もうアウトです。
予定を変更し、多摩動物公園に出かけることにしました。
といっても、いつもの松屋に着いたのは10時50分だったので、
通常の時間とほぼ同じでした。ところが、駐車場が満車になっていて、
大きなほうは工事中で休業という有様。ここで10分くらいロスをして、
少し離れたところにある駐車場にようやく入れることができました。

まずはトラのところに行こうと思ったけど、どういうわけかコアラ舎に
寄り道をして、そこで夜行性の小動物に捕まって、しばらく釘付けに。
そのあと、トラやオランウータン、ユキヒョウ、レッサーパンダなどを
見て回ったものの成果はなし。結局トラのところに戻ってきて、新しく
やってきた「アルチョム」を撮ることに。しかし、檻の目が縦横厳しく
なかなかどころか、かなり悲惨なことになりました。載せている写真も
コントラストが低くて悩ましいのですが、これ撮るのも一苦労でした。
とりあえず、初顔合わせの記念という感じでしょうか。まだ1歳です。
先月にドイツのベルリンから来園したばかり。これからが楽しみです。

キヤノン使用。撮影カット数は7DMarkIIが225、1DXは145でした。
初顔合わせ_b0016600_2030161.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2017-02-06 20:30 | 多摩動物公園

柱を支えるレンズたち

今年の戦力。
メインレンズとなる3本柱のほかに 、引きのカットを撮影するのに
重要な役割を担うレンズがある。「広角」という感覚で使っている。
どちらかというとサブ的要素が強いのだけど 、いざというときには
きちんと対応してもらわないと困る 。疎かにはできないのである。

①キヤノンEF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
売ったり買ったりを繰り返し、現在所有しているのは3代目。写り、
操作感がとても気に入っている。現行のII型も使ったことはあるが、
写りはいいのかもしれないけれど、操作性がまるで馴染めなかった。
細い三脚座はイライラするし、違和感が多くて合わない。またしても
購入したのは、1DXと組み合わせてみたかったからである。ちょっと
画質を落とすことに繋がればいい 。そんな考えもある。これは正解。
価格もだいぶ安くなり、とても有り難い存在。いいレンズだと思う 。

②パナソニック ルミックスGバリオ100-300mm F4-5.6
コンパクトなのに、135mm換算で200-600nnをカバーする。そのため
カメラバッグにすっぽり入る。機動性が良い。写りは天候に左右される
ところもあるが、概ね文句なし。安心して使える。300mm側の開放が
5.6というのもいい。けっこう長い期間使っている。パナソニックは、
レンズの発色がキヤノンに近いと感じている。なので、併用もできる。

③パナソニック ルミックスG X バリオ35-100mmF2.8
これまたコンパクト。しかし、けっこう高性能。故に、そこそこ高い。
これがウィークポイントかもしれない。晴天時に撮影すると、キヤノン
蛍石の色乗りに近い描写を見せる。一発で気に入り購入したが、出番は
やや少ない。135mm換算では70-200mmになるのだが、活躍の機会に
恵まれてないような気がする。でも、気に入っているので手放さない。

④オリンバスM・ズイコーデジタル40-150mmF2.8PRO
これはよく写る。なので、観察系写真にはうってつけだと思っている。
普通の人ならおそらく敬遠するであろう、というくらい状態が悪いが、
写ればいいので気にせず。持っていれば、重宝すること間違いなしだ。
いずれ導入しようと考えている300mmと併用も考えているが、欠点は
大きいことだ。オリンパスはカメラバッグにボディ2台、レンズ4本を
入れて持ち歩くのだが、この40-150mmを加えると、そうはいかない。
なので、結果的に35-100mmと100-300mmを持って行くことが多い。

という4本である。あとは、案内板や獣舎の様子を撮るのに使っている
オリンパス12-40mmPROがある。キヤノンはこうしたレンズがなく、
お遊び用として、シグマ15mmF2.8フィッシュアイを時々使っている。
今年はこの戦力で頑張ってみたい。なので先日、フジは手放している。

写真は多摩のオランウータン。ガッツポーズの次に見せてくれたのが、
こんなシーンだった 。「歯磨きしてますか ? 」「白い歯っていいな〜」
「歯の手入れは大切にしましょう」なんていうポスターに使えるかも。
柱を支えるレンズたち_b0016600_8135627.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-06 08:14 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama