<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

千葉市動物公園で撮りたかったカットの1つが、キリンだった。
去年、たまたまセイタカアワダチソウとキリンを一緒に撮っていて、
そのシーンというか色合いが印象に残っていた。キリンのところに
立ち寄ったときにまず思ったのが、「どのくらい咲いているか」という
ことだったが、意外にもさほど多くはなく、特定のエリアだけだった。

時間はたっぷりある。ほどよい広さなので、こういう時にありがたい。
最初は、単純に一緒のところしか撮れなかった。証拠写真だったが、
これがないと始まらない。まずは押さえられたのでいいスタートだ。
このあと数回、回るたびに様子を見に行ったのだが、これという
場面はなく、キリンの表情が「不思議そう」に見えるほどだった。
それもそのはず、カニのように左右をじりじり動いていたのだから。
画面のどこにキリンを置いたらいいか、を試行錯誤していたのだった。

そろそろ閉園が近づいてきた午後3時過ぎ。何回目のタイミングだろう。
なかなかいいところに来てくれた。それまではセイタカアワダチソウが
下段までしか画面に入らなくて、なんとかならないか。と感じていた。
それがようやく、上段まで画面に入る場所に来てくれたのだった。
これで画面が黄色と緑のグラデーションになった。
そしてここで、なんと飛行機が音を立てて飛んできたのである。
キリンは飛行機のほうに顔を上げた。ここで、今日初めて目が輝いた。
まさにたった一度の大チャンスがやってきた。
顔を一番高いところに上げ、首が一直線になる。耳もピーンと立っていた。

もうこうなると、写真の良し悪しはあまり気にならない。
このシーンを見られただけで満足だった。
とはいえ、肉眼ではこれは見えない。望遠ズームのお陰だったのだ。
キリンとセイタカアワダチソウ_b0016600_23262222.jpg

(1D X /タムロン SP 150-600mmF5-6.3 Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2016-10-21 23:28 | 千葉市動物公園

更新

なんだかんだで、次は中古レンズの記事が公開されました。
9月は休みというと雨だったように思うのですが、キヤノン24-105mmF4Lを担当、
昭和記念公園に2回撮影に出かけてきました。しかし、両日とも見事に雨が降りました。
休日を使うわけですから、できれば1発で終わらせたいところです。
ただ、雨だとどうしても思うようにはいきません。
それだけを仕事としてできるのならこれほど都合のいい話はないわけですが、
そんなことが許されるはずもなく、写真はどんより系になっています(笑)

どこか絵になる場所に行けば良かったのかもしれないけど、雨だと厳しいですね。

こちらから。

今日は、これまたレンズのテストで千葉市動物公園に行ってきました。
こういうのは晴れればいいというわけではなく、曇りがベストなのです。
さすがに晴れすぎでした。ピーカンでちょっと消化不良な感じです。
でも、テストしたタムロンのレンズはよくできていて、使い勝手も良かったですね。
ただ、さすがに1日持って歩くとしんどいです。
一脚使えば良かったのだけど、手持ちで撮影したのでなおさらでした。
更新_b0016600_092592.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-20 23:57 | 多摩動物公園

暑い

14日 休日。多摩で撮影。行きがけに洗車する。
15日 出勤。快晴。
16日 出勤。快晴。
17日 大雨。予定すべて潰れる。
18日 出勤。快晴。暑いくらい。
19日 出勤。快晴。暑いくらい。

 こうして並べてみると、悲しいことにやっぱり雨男のようである。
明日は休日。ちょっと無理をして、先日のレンズをまた借りてきた。
前回はニコンで撮影する予定だったが、こちらも予定が狂ってしまった。
明日撮影ができれば、キヤノンを使ってテストする予定。

とにかくちゃんと撮れるだけでいい。求めるのはそれだけ。
暑い_b0016600_035281.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-19 23:42 | 多摩動物公園

更新

ちょっと間が空きましたが、店のブログで書いている記事が
更新されました。今回はパナソニックの12-60mmです。

このレンズはとても小さいのですが、とても便利に使えます。
マイクロフォーサーズなので、135mm換算は24-120mm。
先日同行したツアーに持って行き、これ1本で撮影しています。
お客さんと話をしながらですので、自由に撮れる時間は短いです。
そんな状況でも、きっちりと要求に応えてくれるレンズでした。
旅行用に1本、持っていて損はないと思います。

よかったら見てください。こちらから。
更新_b0016600_2318247.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-18 23:18 | 多摩動物公園

雨天中止

店のブログで書いている連載記事の取材で、動物園に行く予定だった。
前日、つまり昨日がとてもよい天気だったので、天気予報は気にせず。
なにをどう考えても晴天になるだろうと思っていたからだ。
雨なんて降る理由がない。本気でそう信じていたのである。
ちゃんと出発するつもりで、目覚ましは午前7時にセットしていた。

起きたのはいいが、どうにも雰囲気がおかしい。それはすぐわかった。
意識がハッキリしてくると、ポタポタ音がしているのに気付く。
まさに、まさかの坂を上った気分だった。雨が降っているではないか。
慌てて天気予報を見てみたら、なんとほぼ1日中雨だった。
それでも最初は行くつもりでいたのだが、雨の量がけっこう多い。
しかも、確実に濡れてしまう雨である。単純な撮影だったらなんとか
行く気になったものの、用意している機材はかめらもレンズも借り物。
さすがにそれを濡らす勇気はなく、早々に中止することになった。

これはさすがに残念で、かつ悔しい。
遠足を楽しみにしていた子どもたちも、きっとガッカリしたことだろう。
しかし、よくよく考えてみると、3日前に洗車をしたのだった。
これまた、まさかとは思うのだが、雨の降る条件に合致していたのだ。

というわけで、退屈な1日を過ごすことになった。
そしてこの中止によって、いろいろなスケジュールが狂うことになる。
雨天中止_b0016600_20101517.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-17 20:10 | 多摩動物公園

植物顔

ゴールデンターキンである。

そして、これはいつもの定番ネタ。似ていると言われたことがあった。
しばらく見ないうちに、随分とたくさんいる。運動場は2つあるのだが、
そこに複数ずつが出ている。さすがにちょっと窮屈そうではあったが、
それぞれの場所を見つけて、のんびりと寛いでいた。平和そのものだ。

しばらくその場所にいて、親子のシーンなどを撮影した。
優しい目元は相変わらずで、そういう表情は逃さずに撮りたいと思う。
ところが、別のターキンは全く違っていた。
なんともユニークな表情を向けてくれたのだった。
このカットを眺めていると、ターキンの顔と言うよりも植物である。
どこかの熱帯植物園に行けば、見られるような気がしてならなかった。

どことなく、カメラを見つけて変顔を見せる子どもたちのようだった。
植物顔_b0016600_23241259.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-16 23:24 | 多摩動物公園

変化

最近、動物園で写真を撮っていて楽しいと感じるのは、ゾウである。

昔から嫌いではないし、好きなポケモンは「ゴマゾウ」なのだけど、
それをあまり意識したことがなかった。ところが、行く回数が減って
小型のカメラで「じっくり」ではない撮影をすることが多くなると、
ああそういえばそうだったな。という認識をするようになっていく。
先日の八木山動物公園も、ゾウを撮っているときが最も楽しかった。
多摩動物公園に行くと、やっぱりゾウでの滞在時間が長くなるのだ。

そんなこんなで、今回もアジアゾウ。相変わらず2頭は元気だった。
数年後に完成予定の新ゾウ舎に移動するため、檻が設置されている。
時間をかけて慣れさせていくようだ。
それぞれの名前を忘れてしまったが、よく動くのでとても面白い。
片方がとてもダイナミックに動いて、お客さんも注目している。
設置されている鎖に、通るたびに足を引っかけるのだ。
もう片方は何の苦もなくひょいと歩いて通るのに、こちらは毎回、
絶対に引っかけて、そのたびに暴れている。実はワザとやっていて
お客さんを喜ばしているのではないか。そんなことを思ってしまう。
暴れているシーンはそのうち別館に載せるつもりでいるのだが、
こんなことを続けるので、いつまでたってもそこを離れられない。
撮影枚数もここで急上昇してしまう。

最後はお食事タイム。たくさん巻いて豪快に食べるのはいつものこと。
そして時々、とても嬉しそうな表情を見せてくれる。
実際は違うかもと思いつつそんなシーンを眺めていると、こんな風に
軽い感覚で撮るほうが、今は合っているのではないかと感じてしまう。

そのすぐあとに打ち消すけれど、いつかこれが変わるかもしれない。
変化_b0016600_1064315.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-10-15 10:07 | 多摩動物公園

子どもだらけ

休日。
久しぶりに、ちゃんと動物園に行ってきました。多摩です。
ここのところ下見とかテストが多かったので、なんだか新鮮でした。
クルマに乗ろうとしたら、なんと泥まみれ。
その前に運転したのが彼岸花ツアーの下見の時で、しかも雨でした。
さすがにそのままというわけにもいかず、給油と洗車をしてから。
ところがこれに予想以上時間がかかり、45分もかかりました。
結局着いたのは11時半でした。
駐車場には遠足と思われる大型バスがズラリと並んでいます。
知らぬ間に年間パスポートも切れていて、購入後は2回くらいしか
来ていなかったので、動物公園に寄付する形になってしまいました。

駐車場の状況から予想はしていましたが、これがまさにその通りで、
園内はどこもかしこも子どもだらけ。整列して歩いているグループも
あればてんでバラバラのところもあり、引率する側もなかなか苦労を
していそうでした。キリンと子どもを一緒に撮りたい。と考えていた
学校写真のカメラマンが声を張り上げて学校の生徒を呼び、ふざけた
ポーズを取っている男の子に本気で怒っていたのが滑稽でしたね。
涼しくなっ他影響もあってそれなりに成果もあり、楽しい1日でした。

今回はメイン機のキヤノンとオリンパスの体制。
レンズはパナソニックの35-100mm、100-300mmを使いました。
なんだかんだで、この組み合わせが最も使いやすいと思います。
子どもだらけ_b0016600_19463936.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-10-14 19:47 | 多摩動物公園

廃墟の庭

子供の頃、空き家とか廃屋にとても興味があった。
完全に怖い物見たさ、単なる野次馬根性なのだが、いったいそこには
何があるのか、どんな様子なのか、それを考えるだけでワクワクした。

母方の実家は横須賀だった。
生まれた横須賀共済病院のすぐわきに坂道があり、小さい頃はここを
よく散歩していた。左側には防空壕の穴がぼこぼこ開いていて、中に
入ってみたくて仕方なかった。だが当然ながらそれは許されなかった。
学生になってからもそういう興味は失われることはなく、それは今でも
ほぼそのままの形で残っている。今住んでいるところにも、少し歩くと
なかなか素敵な「物件」がいくつか残っている。たまに見に行くが、
どうにかして中の様子を見ることはできないか、いつもそんなことを
思いつつ眺めるのだった。来月は仙台で、廃墟と化した遊園地を開放
するというイベントが行われる。これにとても行きたかったのだが、
さすがに日常がそれを許してくれそうもなく、とても残念だった。

で、そんな廃墟をちょっとイメージしたカット。
探検に行った廃墟の庭にこんな生物がいたら、腰を抜かしそうだ。
廃墟の庭_b0016600_2045019.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ 12-60mmf3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.)
by keiji_takayama | 2016-10-13 20:45 | 八木山動物公園

明日は早起き

遅く帰ってきたのにも関わらず、明日は5時半起きです。

ということは、もう寝ないといけないのでさっさと寝ることにします。
明日は早起き_b0016600_038883.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスGバリオ 12-60mmf3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.)
by keiji_takayama | 2016-10-12 23:12

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama