<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

咳止まらず

咳がまたしても止まらなくなってきた。
といっても継続的にずっと咳をしているわけではない。
数年前から気管支喘息の症状が出て、助成金を受けている身だ。
時に発作が起きて、咳が出る。さほど大きなものではないので、
数回咳き込めば終ってしまう。これの繰り返しである。

最初から数えると、4回ほど吸入薬が変わった。
いまは「レルベア100」というクスリを朝に一度吸い込んでいる。
そのほかに、発作を鎮めるクスリも持ち歩いているのだ。
この症状には波がある。調子がよいと咳など全くすることはない。
とはいえ、使っているクスリに慣れてしまうのか、どうもここ最近
調子がイマイチなのだ。そのため、咳止めの飲み薬も持っている。

基本的には元気なのだけど、とにかく咳が大問題なのだ。
原因は、職場にもあるかもしれない。
査定をするカメラやレンズは、気の毒になってしまうような状態が
長く続いたのであろう、と思われるものもある。
それを触ったり覗いたりするわけで、これが理由ではないかと、
そんなことを思っている。喘息の診断を受けた時は、おそらく一生
付き合っていかなければならないと告げられた。部屋にいる時は
ほとんど咳が出ない。外に出て電車に乗っている時、職場にいる時。
咳が出る場所はこの2つにほぼ限られているのである。

何かいい方法はないものか。こういう展開が今後も続くのだろう。
by keiji_takayama | 2016-06-10 20:58

今年は猛暑 ?

子供の頃は夏が好きだったが、今では全く逆である。
とにかく暑がりなので、夏はめっぽう弱く嫌いな季節になった。
10年以上前になるが、突如太ってからその傾向が強くなったようだ。

で、さきほどニュースを見て知ったのだが、今年の夏は猛暑になるらしい。
東京でも40度を超してしまうのだろうか。
動物園の動物もそうだろうけど、こんなことになったらもうアウトである。
おそらく、休みの日は部屋から出ないことになりそうだ。
そんなわけにもいかないと思いたいのだが、今年に関してはそっちの可能性が
とても高くなってしまうだろう。今からもう戦々恐々なのである。
by keiji_takayama | 2016-06-09 23:44

忘れたけど

休日。

昼からのろのろと外に出て、TSUTAYAに行ってきました。
何かドラマのDVDでも借りて来て、イッキ見しようと思ったからです。
スマホで面白そうなドラマをいろいろ探し、候補を決めていました。

ところが、地元のTSUTAYAにはそれがありませんでした。
店内で調べてみると、どうやら在庫そのものがない様子。
いつもなら近隣の店舗で探すのですが、まぁそこまでの必要はないかなと
感じたので、別の候補をあたってみることに。そして選んできました。
そこそこ昔のドラマだったようですが、再生したら第一話目の時点でもう
「あら、これ前に見たことあるかも」というシーンが出てきて、回が進むと
そういうことが数回ありました。でも、誰が犯人でどういう流れだったか、
これが全く記憶にありません。風景を覚えているだけ。なので、半信半疑の
状態ながらちゃんと楽しめました。でもラスト数回前に一気に記憶が蘇り、
ああやっぱりそうかという展開でしたけど。全11話でさきほど終了。
登場人物の携帯で年代がわかってしまうのも楽しめます。ちなみにガラケー
一色でした。そんなわけで、記憶がすっかりなくなってしまうのは、案外
悪いことばかりではないかも、なんて思っています。次もまた楽しめそう。

気付いたら、見始めの頃明るかった外の色も、真っ暗になっていました。
by keiji_takayama | 2016-06-08 23:29

たられば

明日は休みだ。しかし天気予報は雨になっている。

まぁ毎度のことなのでもう驚きもしないが、休日は雨が多い。
それでも、以前ならそういう時こそチャンスだと思っていた。
しかし、ここ数年そういう気にはなれず。

もしちゃんと起きられたら、とかいう条件をつけるとたいてい失敗する。
そして、夜になってからこんなことなら出掛ければよかった、と思う。

そんなことの繰り返しだ。

とりあえず、早めに寝るとするか。
by keiji_takayama | 2016-06-07 21:18

風邪引かないように

風邪を引くときはいつも喉からと決まっている。

先週だったか、起きて喉に違和感を感じたので行きつけのクリニックに行き、
これまたいつも出してもらっている薬を処方してもらった。これがやっぱり
効果的なようで、すっかり治った。治ったというよりも、予防できたという
ほうが適当かもしれないけれど。それからしぱらくは何もなかったのだが、
さっき帰宅して、また喉が痛んでいるのに気付いた。薬が残っているので、
それを飲んでいるのだが、全く油断できないなと思う。部屋の空気もあまり
良くないのかもしれない。こういう時の夜更かしはロクなものではない。

さっさと寝て、明日に備えないと。
by keiji_takayama | 2016-06-06 23:14

アイスタベスギ

ここ最近、「ガリガリくんリッチ 青りんごヨーグルト味」にハマッている。
これは絶対にマズいと思いつつも、1日複数本食べ続けてしまった。
昨日は5本食べて、今日は3本。トータルでは何本かわからない。

で、体重が3キロ太った。
一時はコンスタントに78キロ程度を維持していたのだが、さきほど測ったら
81.9キロになっていた。オマケに、腹を壊した。もう治ったけれど。

そんなわけで、いそいそと寝ることにします。
by keiji_takayama | 2016-06-05 22:23

ロクヨンの日

本日は6月4日。つまりロクヨンである。
Twitterで見かけたのだが、鉄道ファンの間ではEF64型機関車にちなんで
「ロクヨンの日」と呼ばれている。ワードで検索をかけると 、なるほど 。
EF64の勇姿を捉えた写真がたくさん見つかる。けっこうな盛り上がりだ。

がしかし。

ロクヨンといえば、昔からこれはレンズのことだった。
600mmf4である。
ニコン、キヤノン、ペンタックス、ミノルタにラインアップされていた。
もともとFDの500mmを使っていて、それが最強だと信じていたのだが、
ある時友人からこのレンズを借りて、度肝を抜かれたものだった。
あの時の驚きはとてもショッキングだったが、それから数年が経過して、
まさか所有することになるとは思わなかった。ウチのメインレンズとして
長いこと君臨しているのだが、ここ数年はすっかり出番が減ってしまった。

もうメーカーでは修理してくれないので、壊れたらアウトなのだ。
そうならないように、定期的に動かすことにしている。
なにせレンズ単体で6kgもあるので、定期検診も重さとの戦いになる。

ロクヨンの日の今日、久々に動かしてみた。正常に作動するとホッとする。
もう生産中止からけっこうな時間が経つのだが、中古市場ではいまだに
けっこうな高値で売られている。このレンズがあるのでキヤノンを使って
いると言っても過言ではない。まだまだ頑張ってもらいたいところだ。
by keiji_takayama | 2016-06-04 21:15

早くもピザ12回

休みだったが、「何もしない」をした1日だった。

厳密に言うとスマホを眺めていたり寝たりしたわけだが、外に出たのは夕食の
ときだけ。それ以外は完全に休んでいた。ちょっともったいないと思うけど。
そして、こういう日には決まって、昼食は宅配ピザを利用することになる。

昨年末、年間で何回利用したかを調べたことがあった。
結果は12回。ほぼ月イチでどこかしらに注文をしていることになる。
そして今年はというと、写真を撮りに行くことが減り、ツアーもない。
ということは、去年よりも確実にハイペースなのである。
嫌な予感がしたのだが、現在では何回くらいなのかを調べてみた。

結果は・・・なんと12回 ! ! もう去年と同数になってしまった。
休みの日、部屋にいることが大きく増えたことの裏付けになっている。
1月2回、2月1回、3月3回、4月3回、5月2回、6月1回だった。
あまり喜べた話ではないが、加えてけっこうな額を使っているのである。
まぁピザはハッキリ言って大好物なので、もうそれが習慣になりつつある。

解決方法は休日に出掛けることなのだが、今後もピザの回数は増えそうだ。
by keiji_takayama | 2016-06-03 23:56

パーツ届く

仕事に出ようとしたら、電話が鳴った。
ホンダのディーラーからだった。先日発注したパーツが揃ったらしい。
この早さは素晴らしいと思いつつ、明日が休みなので行く気満々だった。
ところがなんと、平日だというのに作業スペースが予約でいっぱいらしい。
慌てて作業してもらうよりも、きっちり仕上げてほしいと感じたので、
次の休みの日を提案した。ところが、定休日。結局10日ほどあとの日に
クルマを持って行くことになった。これはもうワクワクである。

買った頃から多少気にはなっていたヘッドライトの劣化。
これが新品になるわけで、キラキラなイメージに変わりそうだ。
サイドステップも新しくなるし、これも長い間の懸案だったオイル漏れを
クリアーにできると思うと、一日も早く作業してもらいたくなる。

そんなわけで、明日はまたまた「のんびりデー」になりそうだ。
by keiji_takayama | 2016-06-02 23:36

2つの変化

なんだかんだで、もう6月になってしまった。
今年はけっこう写真以外の出来事が重なったので、さほど早いという実感は
ないのだが、一方でこれまでの数年間で最も変わったことがいくつかある。

まずは、動物園通い。このままではおそらく、記録的な低いペースになると
思われる。なんと、まだ5回。月イチペースなのである。ここまで低いのは
例がないのではないかと思えるほどだ。その気にならないので仕方ないが、
レンズテストなど必要に応じて行ったのが大半だから、かなり重傷である。
たまにはそういう年があってもいいと思うけど、このままだと過去最低だ。

そしてもう1つはツアーが減った。
これもなんだかんだで、10年になる。始めた頃は最年少の講師だったが、
ここ数年は更に若い人が増えて、インストラクターとかナビゲーターとか、
同行するスタッフも様変わりしている。それだけが理由ではないだろうが、
去年あたりから同行するツアーそのものが減ってしまった。オマケに、催行
中止になることも多いので日程が立てづらい。というわけで、なんとまだ、
1回しか行けていないのだ。これはもう、そろそろ終わりかもしれない。

さて、下半期はどうなるだろう。
by keiji_takayama | 2016-06-01 20:59

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama