<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さらばシンギズ閣下

ついに、この日が来てしまった。2015年10月10日、午前7時半。

ユキヒョウブームを作った、多摩動物公園のシンギズが死亡した。
数年前から腎機能の低下が認められ、治療を続けてきたという。
推定26歳。国内唯一となる、野生由来の個体であった。
2000年10月13日、カザフスタン共和国と日本国との友好のシンボルとして
日本にやってきた。これは時の首相、小渕恵三最大功績の1つとも言われている。
「シンギズ」という名前は現地の言葉で「閣下」を意味しているそうだ。

以来15年間、多摩動物公園を代表する人気動物であった。
シンギズを見てユキヒョウのファンになった、そんな人がたくさんいるはずだ。
初めて見たとき、その「デカさ」にはビックリした。
他のユキヒョウよりも一回り以上大きくて、堂々としている。
まさにこれこそが野生個体であり、そのプライドも様々なところに滲んでいた。
大きな動き、精悍な目つき、そして落ち着いた雰囲気。
それでいて、どこか憎めないお茶目なところもたくさん見せてくれた。
ユキヒョウ女子にもモテモテで、たくさんの子孫を各地に残している。

動物園で撮影を始める前にもおそらく会ってはいたが、2003年以降はほぼ毎年
その姿を見て撮ってきた。カッコいいところを撮りたいと思い、表情狙いに絞り
撮影活動を行ってきたわけで、そういう意味でも素晴らしくて、戦い甲斐のある
相手だった。ここ数年はさすがに衰えを感じることもあったけど、厳しい視線は
まだまだ健在だ、そんなふうに感じていた。今年会えなかったのはとても残念。

昔撮った写真をいくつか見返してみたが、やっぱりカッコ良いぞ ! ありがとう。

写真は2014年5月12日、最後にシンギズを撮影したときのカット。思えば、
これまでいろいろなカメラやレンズを使ってきたなかで、最も使用機材が多い。
さらばシンギズ閣下 _b0016600_8584613.jpg

(OM-D E-M5/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-10-11 08:59 | 多摩動物公園

多摩動物公園撮影会

シリーズで展開している「ぶらり楽しく動物園さんぽ」の撮影会で多摩でした。
スタートした昨年は大賑わいでしたが、シリーズ展開するのはさすがに厳しく、
ここ最近は中止が続いていました。でも今回はなんとか催行。天気にも恵まれ、
お客様は強い動物運の持ち主揃いということで、これまでに開催したなかでも、
指折りの好条件になりました。どこにいっても、タイミングが良かったのです。

この撮影会、これまでは開催時間が概ね3、4時間ほどでした。それがなんと、
オープンの9時半に集合して解散は16時です。時間が長く取れたので、1つの
場所にいられる時間も長くなり、それなりに余裕があったと思います。遠足など
団体もいっぱいで、聞くところによると2000人くらい来園したそうです。ただ
広い多摩ですから、特に大きな影響もありませんでした。晴れてるけど日差しは
柔らかく、風が吹く涼しい陽気。動物たちにとっても、心地良かったようです。

添乗員さんと相談し、解散場所をアフリカ園に設定しました。時間が長いので、
なるべく出口に近いほうがよいだろうという判断です。シャトルバスに乗らず、
まずは歩いてアジア園に向かいました。最初に立ち寄ったのはマレーバクです。
そんなに動いてはいないし、姿を見られればいいかなと思っていたら全く逆で、
のっけからプールに何度も入ってくれたからたいへん。皆さん準備もそこそこに
撮影開始となりました。そのあとは、カワウソ→インドサイ→オランウータン、
ユキヒョウ→レッサーパンダ→ゴールデンターキン→オオカミを撮り、そのまま
戻ってトラ→アジアゾウ。ここで昼食も兼ねてコアラを。どの動物も起きていて
だいたい押さえることができました。アジアゾウは予想以上にシーンが面白く、
結局30分遅れてしまいました。後半はカンガルーからチンパンジー→キリン、
オリックス→アフリカゾウ→ライオン→サーバル→チーターで解散。人気が高い
ライオンの赤ちゃんも姿を見せてくれました。時間いっぱいまでほぼ歩き通し、
という行程でしたが、ケガもなく無事に終えられてよかった。講評会ではどんな
写真が見られるのでしょうか。今から楽しみですね。遠くからご参加いただいた
お客様もいらっしゃいました。とても嬉しかったです。また開催したいですね。
多摩動物公園撮影会_b0016600_1063157.jpg

(E-PL5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-10 10:07 | 多摩動物公園

30年前の150-600mm

150-600mm。シグマ、タムロンからこの焦点域のズームレンズが発売され、
それぞれに人気を博している 。望遠ズームの代表格といえる存在だ。しかし 、
30年前にも同じ150-600mmが存在していたことはあまり知られていない。

それはキヤノンNewFD150-600mmf5.6Lである。1982年8月の発売だ。
ただし、1986年のカメラショーで配布された「カメラ総合カタログ」には、
掲載されていない。つまり、かなりの短命だったことになる。カメラ小僧時代、
イベントにこのレンズを持ってきた強物の知人がいた。そこで初めて実物を見て
まず思ったのは「なんだこりゃ」だった。それまでに抱いていたレンズという
イメージを完全に覆すようなデザインに、大いに驚いたのだった。加えて、その
価格に仰天した。当時の定価は88万円。300mmf2.8Lは47万円だったし、
使っていた500mmf4.5Lは46万円。とにかくとんでもない高値だったのだ。

この150-600mm、全域でf値は5.6である。UDガラスを3枚使っていた。
そして35mm一眼レフ用ズームとしては世界初、インナーフォーカス式を採用
していた。これによって、当時としてはかなりのコンパクト設計だったのだ。
最短撮影距離は3m。現在のタムロンは2.7m、シグマCが2.8mであるから、
この数字だけでも素晴らしい。重量は4,260g。そしてこのレンズの面白さは、
ズーミング操作とフォーカシング操作を1つのノブで行うこと。レンズ向かって
右側にこの操作ノブがあって、ダイヤルをくるくる回してピント合わせを行う。
また、照準の役割も担う把手がレンズの上面にあり、移動の際はここを持った。

たった1度しか見たことのなかったレンズだが、時を経て使う機会に恵まれた。
しかし、かなり長いこと放置されていたのだろう、状態はあまり良くなかった。
それでも、今のレンズではおそらく味わうことのできない「操作する楽しさ」を
感じることができるはずだ、そう思った。実際使ってみると、とても難しい。
ピントを合わせた位置のまま固定させるのが困難だった。しかも、組み合わせた
カメラはマイクロフォーサーズ。135換算は300-1200mmだ。それでも、
ノブを回してじっくり焦点を合わせるのは面白い。ピントというものは「来る」
のではなく「合わせる」のだということを実感できた。これはとても欲しい。
30年前の150-600mm_b0016600_6533034.jpg

(OM-D E-M5/NewFD150-600mmf5.6L)
by keiji_takayama | 2015-10-09 06:54 | 多摩動物公園

ログインできず

今朝は別館から更新した。
写真を載せてから、ダブって掲載したことに気付いた。
しかし、出勤の支度をする時間が迫っていたので、
先に本館を更新しようと考え、ログアウトした。

しかし、何度やってもログインできない。
通信エラー コード500 と表示される。
なんだこれはと思い、試しに別館のIDで再度試みるも
結果は変わらずだった。完全にアウトである。

エキサイト側の問題ならいいのだが、調べてみると
どうやらパソコンが古いことを理由にされそうだ。
そんなわけで、スマホから書いている。
このブログも、いよいよ存続の危機か ?

【追記】

本館、別館両方のIDから、ログインができない旨の問い合わせをしました。
すると、エキサイトのカスタマーサポートから、下記のような回答が。

「本日(10月8日)7時30分〜8時00分頃にかけて、
ご利用のエキサイトIDでサービスへ正常にログインできない
状況が発生しておりました。

現在は解消されておりますので、再度ログインを
お試しくださいますようお願い致します。

お客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。」

というわけで、現在は回答通りに解消され、ログインできました。
しかし、この文言がどうしても引っ掛かります。理由が書かれていません。
正常にログインできない状況とは、いったい何のことなのでしょう。
別館のほうのID宛にも、全く同じ回答が届きました。
現在、その理由について再度問い合わせをしているところです。
とはいえ、再び写真も載せられるようになりました。一件落着ってことで。

ちなみにこのカット、威嚇されたわけではありません。欠伸のはじまりです。
ログインできず_b0016600_20473119.jpg

(D7100/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-10-08 08:39 | かみね動物園

時間が早い

10月になったというわけで、先月の北海道から1か月が経過することになる。
とにかく今年は時の過ぎるのがとんでもなく早い。1日は長く感じるのに。
それだけ年を取ったということなのだろうけど、それにしても・・・である。
いつの間にかどんどんと陽気も変わり、気温が下がって涼しくなってきた。
もともとかなりの暑がりなので、このくらいのほうが半袖で心地よいのだ。

それでも困ったことがあって、写真の整理が一向に進まないのだ。
載せられそうなカットはまだそこそこ残っている。でも時は過ぎて行く。
撮影に行けば新しい写真も増えてしまう。行かないという選択はないし。
そんなわけで、やや消化不良気味な日々を過ごしている。

そろそろ風景でも撮りに行こうかな。下旬は日光で撮影ツアーもあります。
ああそうだ、そして翌日は東京モーターショーを見てくる予定です。
かなり長いこと初日に行ってましたが、今年はツアーと被りました。。。
時間が早い_b0016600_1072610.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-07 10:07 | 円山動物園

初吠え

ここ2回ほど、休日は部屋で寛いでいた。という名目でDVDを観ていた。
3回連続でこれをやるとさすがにぐうたら癖が付きそうだったので、5日はまず
外に出ようと思っていて、月曜であちこちの動物園は休みだろうと多摩にした。
さほど急いでいるわけではなかったので、のんびりと支度をして向かうことに。
いつものように駐車場にクルマを入れようとしたら、「満車」の看板が。
これには驚いてしまった。土日ならまだしも月曜である。遅かったといっても、
到着したのは午前中だ。そんなおかしなことがあるのだろうか。
ひとまず寄せてみると、スタッフが小さく×印を作り、頭を下げられた。
大型バスが何台か停まっていて、本当に奥までクルマが埋まっていたのである。

仕方ないので別のところを探して事なきを得たが、このケースは大雪以来だ。
いったい何が起きたのかと、入園する時にチケットもぎりの女性に尋ねた。
すると、ニコリともせず「団体と振替休日」と告げられた。おおなるほど。
先週は運動会があちこちで行われていたので、その代休なのだろう。
それにしても、なんともツイてない日を選んでしまったものだ。
おそらく園内はかなり混んでいるだろう、そう思って園内に足を踏み入れた。

もともとメインの機材を持って来たわけではないし、撮れる動物だけなんとか
なればいいか、くらいの気持ちで進むことにする。トラやユキヒョウはやはり
たくさんの集客だった。何かしていると視線を集め、してなくても話のネタに
なるのだから、まあ当然だろう。来園者は家族連れが圧倒的に目立っていた。
ふだんはあまり寄らないオオカミのところで、1頭が遠吠えを始めた。
運動場が変わってからあまり行かなくなってしまったのだが、タイミングよく
見ることができた。間近での遠吠えは迫力もあるし、絵になるシーンである。

旅行会社で行っている動物園の撮影会は次回が多摩なので、その下見も兼ねた。
成果はそれほどでもなかったけど、心地よく歩けたので満足。さあ次は本番だ。
初吠え_b0016600_805524.jpg

(OM-D E-M5/NewFD150-600mmf5.6L)
by keiji_takayama | 2015-10-06 08:01 | 多摩動物公園

懐かし写真

ここのブログに初めて写真を載せたのは、2004年8月27日のこと。
最初の記事を見返してみると、不思議なことに「ブログを始めた ! 」という
記載が全くなくて、なんとも驚いてしまいます。淡々と写真を貼っていて、
これまでに別のところで発表していたカットを続々と掲載する感じでした。

それからダラダラと毎日更新して11年が過ぎました。
サボッて写真を載せなかったこともありますが、なんとか続いています。
写真が中心のブログですから、それなりに多数の動物園写真を見られます。
とはいえ、ブログというのは最新の記事が最も目につきますね。
過去記事はどんどん埋もれていき、たまたま何かのキーワードで検索をして
ここに辿り着くということでもなければ、誰かの目には触れなくなります。
これがどうにも残念でした。正直な話、前の方が気合いが入っていたので、
いま見直しても楽しめたりします。撮影の思い出があるのも理由ですけど。

これまでにも何度か、そういうカットを復活させようと試みてきました。
まあ今回も、またこういう考えが出てきたというだけに過ぎないのですが、
せっかくTwitterをやっているので、セレクトしたそういう写真をこちらで
紹介してみたい、と思うようになったわけです。幸いにも、それなりには
楽しんでいただけているようですし、この方法なら続けられそうです。

というわけで、左側バーのところにTwitterでのつぶやきを表示しました。
あまり手を加えていないブログですが、ちょっとだけカラフルになりました。
余計なことも表示されてしまうのでヒヤヒヤするのですが、こちらに表示が
出るのでご覧いただけると幸いです。適当に選ぶので偏りますけど(笑)

選ぼうと思い過去投稿を探すとついつい見入ってしまいます。懐かしい。
なのでタイトルは「懐かし写真」です。加えて当時のミスも見つかります。
あそうそう、フォローしてもらえるのは大歓迎です。とても喜びます。
懐かし写真_b0016600_8301255.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-05 08:30 | おびひろ動物園

ガラス越しも楽しい

ユキヒョウをたくさん飼育しているところといえば多摩動物公園だろう。
しかし、ここ円山動物園も負けてはいなかった。いくつか場所があって、
4頭ほどのユキヒョウを見ることができた。確かに運動場は広くないし、
多摩のように飛んだり跳ねたりしているわけではないのだが、悠々とした
雰囲気は楽しむことができる。で、檻じゃないから写真撮影を目的として
いないお客さんでも、手軽に写真を撮ることが可能なのだ。多摩だと檻の
フェンスにスマホやコンパクトデジカメ、標準クラスのレンズを装着した
カメラを持って来ている来園者はたいてい「柵が写っちゃうよ」と言って
諦めているケースもよく見かける。しかし円山はガラス越し。そんな声は
まず聞こえてこない。近い近いと言いつつ手持ちのカメラを向けていた。

それが写真として面白いかどうかは全く別問題なのだけど。手軽に憧れの
動物や被写体を撮れるというのは面白く、気持ちも盛り上がる。室内だし
そのために対策をしないと間違いなく失敗するのだが、肝心なのはやはり
記録に残せるか否か、というところか。眺めながらそんなことを感じた。
ガラス越しも楽しい_b0016600_822995.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-04 08:02 | 円山動物園

円山のライオン

解体が決まり、続々と新施設に向けて動物の移動が開始されいる熱帯館。
実はここ、寂れた雰囲気があってなかなか魅力的なのだが、かなり古いものだと
初見でも感じることができる場所だった。すでに引っ越しが完了している動物も
いるのだが、ライオンのカップルはまだここで生活していた。意外と距離があり
割と好みの撮影条件である。しかし、最初に寄ったときには2頭とも寝ていた。

2回目に立ち寄ったら起きていたので、すんなり撮れてしまった。
こどもたちが大勢やって来たので様子を見ていたら、なんと交尾を始めた。
「なかよしだね」などと子どもたちは語っていたが、引率していた先生たちは
いずれも若い女性だったが、返答に困っていて苦笑することしきりだった。

こうして見てみると、顔に刻まれたキズがとてもカッコよく感じるのだ。
円山のライオン_b0016600_753623.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-10-03 07:53 | 円山動物園

DVD探して3時間

先日借りていたDVDを返すため、近所のTSUTAYAに行ってきた。
撮影だけというわけではなく、映画やドラマのDVDを見て過ごす休日もある。

先週久々に寄ってみたら、映画化された「ソロモンの偽証」がレンタル可能に
なっていて、加えて昨年のドラマもDVD化されて並んでいた。続きを見るのに
1週間も待てないので、こうしたドラマはリアルタイムではなくDVDを借りて
一気に全話見るようにしている。ストーリーが面白そうで「家族狩り」を全巻
借りてきた。第6話で犯人の見当がついたけれど、それだけでは終わらなくて
なかなか楽しめた。仕事から帰ってきて食事を終え、再び外に出たのだった。

返却したあと、明日(つまり今日)も休みだしまた何か借りようと考えていた。
ドラマコーナーに行ってみると、「Nのために」というタイトルが目についた。
パッケージをひっくり返してストーリーを見てみると、興味を惹く内容である。
よしこれにしよう、そう思って全巻抜こうとしたら・・・5巻がないのだった。
何か事故でもあったか、「当店ではお取り扱いしていません」という張り紙が、
パッケージを模した箱に貼られていた。この状態で店に並べていて、借りる人が
いるのだろうか。そんなことを思いつつ、入荷までとても待てそうになかった。

知る限りでは、近所には3店TSUTSYAがある。このままでは悔しいので、4駅
離れた別の店舗に行ってみることにした。ところが、こちらの店ではどうやら、
出演している俳優でコーナーが作られているようで、所定の場所にはなかった。
ようやくコーナーを見つけたら、からっぽ。レンタル中だった。こうなったら、
最後の砦だ。今度は4駅戻り、逆方向に7駅の店に行った。閉店ギリギリに着き
ここでは2セット置いていたので借りることができた。これに3時間かかった。

そんなに時間が経過しているとは思っていなかったので驚いたけど、一件落着。
というわけで、本日もこのあとドラマを一気に見ます。写真の整理もしないと。
DVD探して3時間_b0016600_10324473.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-10-02 10:33 | 八木山動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama