<   2015年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

レビュー掲載

先月から店のFacebookにて、機材のレビュー記事を書いています。
初回はシグマの望遠レンズ、2種類の150-600mmを取り上げました。
4月分が昨日掲載されています。今回はフジの50-140mmです。

これからいろいろと吟味して、内容を充実できたらと考えています。
レビュー掲載_b0016600_8375066.jpg

(7D/シグマC 150-600mmf5-6.3)
by keiji_takayama | 2015-04-11 08:38 | 多摩動物公園

ポカポカシタツンガ

思っていたよりも早く帰ってきました。
中途半端にストックが増えてしまったので、いろいろ載せます。
明日は夕方まで予定がないので、更新回数が増えるかもしれません。
ポカポカシタツンガ_b0016600_22323360.jpg

(X-T1/XF55-200mmf3.5-4.8)
by keiji_takayama | 2015-04-10 22:32 | 千葉市動物公園

ぬいぐるみ ?

日付が変わるまでに帰ってこれない可能性があるので、早めに。
フジの50-140はとてもいいレンズだと思う。このままの性能で
600mmとか500mmが出てきたら、欲しくて困りそうである。
ぬいぐるみ ?_b0016600_734323.jpg

(X-T1/XF50-140mmf2.8 R LM OIS WR)
by keiji_takayama | 2015-04-10 07:34 | 掛川花鳥園

特盛

いつものクセで特盛頼んだけど、ここの店はちょっと多いみたい。
特盛_b0016600_22404741.jpg

ちなみに、そういう経験はありません。

(X-T1/XF50-140mmf2.8 R LM OIS WR)
by keiji_takayama | 2015-04-09 22:41 | 上野動物園

本を読む休日

昨日と今日は、もともとツアーが組まれていた。
桜とクジャクを撮ろう、という内容だった。しかし、両方とも中止。
依頼があった時点で店には休みを申請していたので、はからずも連休に
なってしまった。せっかくだし、ドライブも兼ねて地方の動物園にでも
行こうかと思っていた。途中までは高速を使い、あとは一般道である。
ところが、雨男伝説は続いている。メンテナンスして洗車した31日以降
天気はずっと崩れている。前の休みだった3日も雨が降っていた。
そして、この2日間も雨だった。仮の目的地も、天気予報は芳しくない。

そんなわけで、出掛けることはなかった。
3月に全6冊を一括購入して、のんびり通勤時間などに読んでいた、
「ソロモンの偽証」がクライマックスに入ったので、ほぼ1日中ずっと、
それを読んで過ごしていた。そして、さきほど読了。長い話だった。

食事をするために2回表に出たものの、それ以外はずっと横になったり
座ったりしながら本を読んでいた。こういう休みも、楽しいものである。
本を読む休日_b0016600_22334262.jpg

(7D/シグマ C 150-600mmf5-6.3)
by keiji_takayama | 2015-04-08 22:34 | 多摩動物公園

かみねのトラ

かみね動物園といえば、ベンガルトラのアキラくんを思い浮かべる。
長いことここのシンボル的存在で、よく撮りに出掛けたものだ。
トラ年にちなんで企画した撮影ツアーには80人近くが参加してくれて、
みんなでその勇姿を撮影し、たいへん盛り上がったことを覚えている。
そのアキラくんも亡くなり、ここでは現在、♀の「さわ」が過ごしている。

隣のライオン舎には4頭がいて、やや窮屈にも感じられてしまうのだが、
こちらは単独である。「独りぼっち」とも取れるので、小さなお子さんからは
そういう声が出てくることもある。かみねにやってきたのは5年ほど前だ。

これまでに何度かカメラを向けたことはあるが、お立ち台でポーズを取るなど
モデル志向のあったアキラくんと比べると、ややおとなしいという感想がある。
なので、意外とチャンスが少ない。しかも、どういうわけかキャッチライトが
入りにくい。このタイミングを待つので、離れられなくなるのは同じだけど。
ついつい大量に撮ってしまい、ここのストックがなくなってしまった時など、
アキラくんには随分と助けられたものだ。その点、選んで撮らざるを得ない
「さわ」ちゃんは、違う意味で対峙を楽しむことができる。そうは思っても
なかなかいいタイミングがやってこないのはジリジリするものである。
こちらが根負けしてファインダーから目を離すと、表情を変えることも。
こうなると、もう苦笑するしかない。こんなことの繰り返しだった。

とはいえ、いくつか残せるカットを確保できたのは幸いであった。
次はどんな様子を見せてくれるのだろう。今から楽しみなのである。
かみねのトラ_b0016600_10382031.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2015-04-07 10:38 | かみね動物園

寝姿二態

上野動物園西園を代表する大型動物といえば、まず名前が出てくるであろう。
クロサイとカバである。人気もあり、いつも誰かがじっくり観察している。
ただ、ポカポカ暖か陽気になると、この2つは同じ状態になることがある。

どで〜ん、と寝ているのだ。

トラやライオンなどの寝姿は、あられもないというか、かなりユルい感じの
ものである。たいてい、ど〜んという形容がピッタリな雰囲気だと思う。
これに対して、サイとカバの寝姿はというと、けっこう癒し風なのである。
寝姿二態_b0016600_7464734.jpg

のんびりと気持ち良さそうに、大きな体で転がっている。
ちいさなお子さまたちも、お父さんよりでっかい寝姿を見て笑顔を見せる。

ただ寝ているだけのように見えても、そんな効果がある。
写真を見てくださっている皆さんにも、良い睡眠が訪れますように。
寝姿二態_b0016600_7472896.jpg

(X-T1/XF50-140mmf2.8 R LM OIS WR)
by keiji_takayama | 2015-04-06 07:47 | 上野動物園

ピント合わせの綻び

3日の多摩では、しばらく使っていなかったFD500mmf4.5Lを持ち出した。
先日復活させた600mmにしようかと直前まで迷ったが、4月3日である。
これは「フォーサーズの日」じゃないかと勝手に理由付けをしてみた。
マニュアルで撮影するのは昨年10月以来になる。これはさすがに厳しい。
日常的に感覚を掴んでいないと、すぐに調子を崩してしまう。
即座のピント合わせには、ビックリするほど綻びが生じていた。
目に合わせているつもりが、鼻に合っているケースが続出したのである。
慎重に慎重を重ねて撮影できるシーンならいいのだが、これはマズイ。
以前からちょこちょこ書いているけど、ピントは来るものではない。
きちんと合わせるものだ。原因の大半は、撮影者にあるのだと思っている。
そんなわけでやや不本意な展開になっていたのだが、これは多分にヤル気の
問題もあるのだろう。代替地だったし、いつもより気合いもやや低かった。

ユキヒョウのところに寄ってみたら、小さい運動場に2頭が入っていた。
ペアリングしているのだろう、時々オスのヴァルデマールが跨がっていた。
証拠程度に撮ってはいるけど、これはこちらに載せるカットではない。
というわけで、凛々しい表情を見せてくれるタイミングを待っていた。
これはなかなかにチャンスが多くて良かったのだが、こっちのレベルが
なかなか追いつかないのが残念だった。加えて、マイクロフォーサーズは
深度が深くなる。画角は稼げるのだが、この特徴がやや裏目に出てしまい、
檻のラインが少し残ってしまった。まあ気にならない範囲かもしれないけど、
それより良い状況を知っている以上、これはさすがに残念な感じであった。

とはいえ、載せられる写真をいくつか確保できたのは助かった。ありがとう !
ピント合わせの綻び_b0016600_7274985.jpg

(OM-D E-M5/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-04-05 07:28 | 多摩動物公園

トラのばかぁ〜 ! !

クルマの調子が良くなったし、ロングドライブしたいぜ ! と思っていた。
場所もあらかた決めていた。仙台市にある八木山動物公園である。
午前2時に起きて・・・という計画も立て、その時間にちゃんと目覚めた。
しかし、前日からちょっと気になっていた天気予報を見てみると、雨だ。
雨男だし31日に洗車したので、いつもの法則上仕方ないとは思っていたが、
八木山のトラ舎はガラス張りである。雨が降ったらほぼ絶望的なのだ。
さすがにこれは無謀ではないかと考えてしまった。そして、また寝た。

次に意識が戻ったのは何時だったろう。もう地方に行くのは難しい。
というわけで、でもどこにも行かないのも勿体ないしで、多摩に決定。
着いたのは11時ちょっと前だった。曇っているのか晴れているのか、
どうにもハッキリしない陽気だ。でも園内は大賑わいだった。
さすがは春休みである。子どもたちがここでも元気いっぱいだった。
カラフルな服を着ている姿が目立ち、晴れていなくても風景が明るい。
園内には各所で桜がキレイに咲いていて、春の雰囲気も満点である。
せっかくだし桜と動物を絡めて撮れないかと、歩きながら探した。
そうすると、意外とそういう場所が存在することがわかった。
ライオン、キリン、シフゾウ、トラ、探せばほかにもいくつか。
他園ではどうなのだろう。来年以降は、これも楽しんでみたいと思う。

トラは相変わらず、というか当たり前のように人気が高かった。
寝ていても、みんなの視線を集める。子ども達からは声援を浴びていた。
素通しの運動場には、シズカの子であるアイが出ている。久々な気がした。
ふと、小さな女の子が「トラのばかぁ〜 ! ! 」と大声で叫んでいた。
どうしてそんなことを言うのかとお母さんが尋ねると、興味深い答えが。
「トラの怒った顔が見たかった」のだという。横にいたので、これが本当に
その通りになったら大きなシャッターチャンスだな、などと思っていた。
ここでお母さんが話題を変え、案内ボードを見て「アイ」という名前だよと
教えていた。すると早速親しみを覚えたのか、お友達と大声援が始まった。
「アイちゃんなまえかわいいよ ! ! 」
「かおはこわいけど、体の色はカッコいいよ ! ! 」などなど。
アイは寝ていた。聞こえているのか、いなかったのか。なんとも可笑しい。

やがて一行は離れていった。しばらくすると、また大声が聞こえてきた。
「シズカちゃん、かわいいよ ! ! 」
トラのばかぁ〜 ! !_b0016600_9441830.jpg

(OM-D E-M5/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-04-04 09:44 | 多摩動物公園

クルマで花見

桜開花のニュースが流れ、職場近くでもキレイなピンクの風景が広がった。
有名な場所にはたくさんの花見客やカメラマンが押し寄せ、花見というより
人見(ひとみ)の状況のようだ 。新聞に掲載されていたが、小さめの写真を
ちらと眺めるだけでも、大混雑の様子が伝わってきた。ここまでして花見に
行こうとは全く思わないのだが、アカウントを持っているmixiやTwitter、
そしてFacebookには多数の写真が載っている 。こちらも大賑わいなのだ 。

撮ったらすぐ、まさにリアルの雰囲気を伝えることができるTwitterでは、
臨場感のある写真が多い。ただ、写真を撮ることよりも伝えるという要素が
大きいようで、あまり印象に残らないことが多い。美しい写真を楽しむなら
Facebookが完全に抜き出ているように感じた。それもそのはずで、撮影した
写真を伝える、そんなコミュニティがあって活発に写真が投稿されている。
これがとんでもなくレヘルが高くてビックリする。昼の風景だけではなく、
夜のライトアップや様々な場所、捉え方があってとても楽しめるのである。
知っている場所なのに、全く知らない風景がそこにはある。これは面白い。
そんな写真を眺めているだけで、すっかり花見をした気分に浸れてしまう。

先日、クルマのメンテナンスであちこち出掛けたと記事にした。その過程で
大田区池上から中野区まで移動したのだけど、運転しながらもあちこちに、
美しい桜の風景を見つけることができた。信号待ちの時も然り。そこには、
そこを歩いている人びとの、それぞれの風景があった。大混雑もないので、
独占した気分で花見気分を味わった。これだけで十分、満足してしまった。

そういえばちらり会話を聞いたのだけど、今年の桜は色が薄いのだという。
年々、色が薄くなってきて落ちるのも早い、そう仰っていた。ホントかな ?
クルマで花見_b0016600_19331582.jpg

(X-T1/XF55-200mmf3.5-4.8)
by keiji_takayama | 2015-04-03 19:33 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama