<   2013年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

増える尿路結石

産經新聞の記事から。尿路結石の患者が増えているという。
10万人あたりの患者数は、昭和40年では44人だったのに対し、
平成17年は134人。なんと、40年前の3倍に増えているそうだ。
今年4月にここのブログは、尿路結石闘病記のようなことになった。
そのときに書いたと思うのだが、男性は7人に1人がかかるらしい。

今にして思えば、前触れがあった。
前日の夜、明らかにいつもと異なった色をした尿が出たのだ。
まず真っ先に疑ったのは血尿だったが、とりあえず様子見でそのまま寝て
翌日になったらすっかり忘れてしまった。激痛はその日の昼からだった。
今年で3回目になるのだが、痛さはこれまでの2回とはケタ違いである。
治療の末に回復したものの、先日の人間ドックでは石の存在を指摘された。
つまり、これが落ちてきたらまたしても激痛なのである。
油断はできないと思ってはいるものの、生活に関してはスキだらけだ。

「尿路結石は生活習慣と関連している。再発は、石が出たことに安心して、
治療前と同じ生活習慣を続けることも理由の1つ。」耳の痛い話である。
予防策としては、やっぱり水分摂取だ。食事以外に1日2リットル以上の
水分を取るのが良いとされている。これはたぶん、問題なさそうだ。
「肉ばかりの偏った食事はやめ、塩分は控えめに。夕食は、就寝時間の
4時間前に食べ終えるようにする。プリン体の多い食品も食べ過ぎない。」
これまた、耳の痛い話なのである。

「シュウ酸の多い食事も問題。お茶や紅茶、コーヒーはシュウ酸が多い。
カルシウムと一緒に摂取すると、腸内でシュウ酸とカルシウムが結合し便として
排出されるので、低脂肪乳と合わせて飲むのがおすすめだ。」
なんということか。コーヒーはほぼ毎日飲んでいる。やっぱり牛乳か・・・。
by keiji_takayama | 2013-10-02 10:44

雨男伝説は変わらず

9月が終わって10月になったわけだが、この1か月を振り返ってみると、
やはり雨男伝説はまだ生き続けているのではないかと感じた。検証したら、
なんとも驚くべきデータが現れたのである。我ながら、これでは仕方ない。
というわけで、9月の休日を並べてみようと思う。

9/1  何してたか覚えていない たぶんフリー
9/5  富士花鳥園と小望月の下見 雨で富士山全く見えず
9/10  人間ドック受診
9/15  小望月再下見を予定していたが台風でパー
9/18  撮影ツアー「富士山・大沢崩れと小望月」 快晴
9/20  大田子海岸下見 快晴
9/24  撮影ツアー「大田子海岸夕日撮影会」 快晴
9/26  燧ヶ池・小貝川下見 台風で朝から雨→くもり
9/28  撮影ツアー「小貝川コスモス 燧ヶ池畔の彼岸花」 快晴

例外もあるが、下見のときは雨、本番は天気が良かったのだ。
これはつまり、ツアー当日が快晴だったのはお客様のお陰なのである。
撮影ツアーには晴男、晴女が多い。ということの見事な理論付けになった。
数年前のトラ撮影がそのピークだと思っていたのだが、まだまだ雨男なのだ。

そして、10月になった。明日も朝から雨が降るらしい。
by keiji_takayama | 2013-10-01 23:56

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama