<   2013年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

完全オフとストック切れ

休日。どこか撮影に行きたいと思っていた。前回の休日が白川郷ツアーだったし、
そろそろ写真のストックがなくなってきたからだ。しかし、一昨日風邪を引いた。
それでも行く気満々だったが、さすがに喉の痛みがピークを迎えているらしくて、
昨日はマスクを着用して転倒に立つことになった。息苦しいし暑いので、マスクは
とてもじゃないが好きになれない。だが、そうしないと各方面に悪影響を及ぼす、
そういう判断だった。さすがに疲弊して帰ってきて、朝できなかった更新をする。
その後はすぐに寝てしまった。そして今朝。状況はあまり変わらない。ひとまずは
目覚ましをセットしたので6時半に起きたのだが、結局そのままダウンしてしまい
こんな時間になってノコノコ動き出した。というわけで、完全オフ。掃除しよう。

先日の保健指導以来、けっこう真面目に食事習慣を改善しようと試みている。まだ
誘惑が多くて完全ではないのだが、大盛りは頼まなくなった。で、カロリー表示を
よく見るようになったのだが、これまで全く気にしていなかったので発見の連続。
マクドナルドでちょっと食べると、1日分の摂取カロリーが半分に達してしまう。
であるとか 、コンビニのパスタは800kcal近くもあるのか 、野菜サラダの別売り
ドレッシングはごまが和風の倍近くkalが高いとか。もう発見だらけだ。スマホは
便利なもので、ダイエット関連のアプりを探してみたら、まさに選び放題である。
そんなこんなで始まった改善計画だが、今の段階ではゆっくり着々と進んでいる。

まあそんなわけで、写真はまたしてもお茶濁しになります。次の休みは楽しもう。
完全オフとストック切れ_b0016600_11595086.jpg

AB− (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-10 12:00 | 多摩動物公園

原始的写真整理

このところ、写真の整理に時間を取られることが増えた。始めた頃と比較すると、
画素が倍以上になっているのだから仕方がない。問題はその保存方法に起因する、
そのことは十分以上に解っているのだが、どうしても今の方法でないと困るのだ。

ここでは何度か書いているけど、いまだにMOを現役で使っている。理由は2つ。
まず1つは、記録面が露出している媒体が嫌いだということ、そしてもう1つは、
これはもう性格的なことだが、一度決めた方法を途中で変えたりするのが苦手だ、
という点からである。つまりは変なところで頑固なのだが、これで続けてきたので
今さらおいそれと変えるわけにもいかないのだ。MOは1枚の容量が640MBある。
もともとメモリーカードは、無駄なシャッターを切らないために、512MBを多用
してきた。そのままMOに移せたから特にストレスは感じなかったし、写真1枚の
容量もそんなに大きくなかったから、問題はなかった。ところが、カメラを変えて
いくごとに撮影枚数が減ってきた。さすがにこれだと不便さを感じたので、1GBを
メインに使うようになった。そして現在は、2GBを使用している。だいたい撮影の
枚数は200カットくらいだが、これをMOに移すとなると分割しなければならず、
それがめっぽう手間なのである。ああでもないこうでもない、あーまだ入りそう、
あらら入れすぎた、なんてことを繰り返すので、時間ばかりかかるのだ。だったら
新しいシステムに変えればいいじゃないかと思うのだが、そこは頑固者。MO使用
という根本的なところは些かも揺るがない。となると、解決策は1つだけになる。

それは、再び512MBのメモリーカードを使用することだ。試しに50Dに入れたら
なんと74枚も撮れるではないか。これはフィルム2本分だ。これなら十分である。
というわけで、次の撮影からスタイルを変えてみようかと考えている。量より質を
重視したいので、こういうリスクを己に課したほうが効率が良い。よし、やるぞ。
原始的写真整理_b0016600_23452451.jpg

AB− (50D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-09 23:45 | 宇都宮動物園

引きました

昨日起きたとき、いつもの違和感を感じたのです。
予想通り、どうやら風邪を引きました。

いつも喉からなのですが、今回は+頭痛ですね。

ううー。参ったな。

ちなみに、次の休みは10日。なんと日曜なのてす。
動物園混んでるかもね・・・。
引きました_b0016600_2303642.jpg

AB− (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-08 22:37 | 多摩動物公園
マイクロフォーサーズに装着すると、ほぼ標準画角になる24mm。それも理由か、
ここ最近人気があるようだ。28mmと並んで広角の入門レンズとして知られるが、
APS-Cのカメラで使えばスナップ画角の35mmに近くなる 。価格も手頃なので、
純正AFレンズも人気が高くなっている。今回は、そんな24mmを並べてみよう。

・ペンタックス SMCタクマー24mmf3.5 ¥18,900
・ペンタックス SMCペンタックスM24mmf2.8 ¥16,800
・ペンタックス SMCペンタックスA24mmf2.8 ¥21,000
・オリンパス ズイコー24mmf2.8 ¥15,750
・キヤノンFD24mmf2.8S.S.C. ¥12,600
・キヤノンNewFD24mmf2.8 ¥11,550
・コニカAR24mmf2.8 ¥13,650
・コンタックス ディスタゴン25mmf2.8AE  ¥21,000
・コンタックス ディスタゴン25mmf2.8MM ¥24,150
・ヤシカML24mmf2.8 ¥24,150
・ニコン オートニッコール24mmf2.8 ¥10,500
・ニコンAiニッコール24mmf2.8 ¥11,550
・ニコン Ai-sニッコール24mmf2.8 ¥13,650
・ミノルタMCロッコール24mmf2.8 ¥10,500
・ミノルタNewMDロッコール24mmf2.8 ¥12,600
・シグマ24mmf2.8 ¥6,300
・トキナー24mmf2.8 ¥6,300
・タムロン24mmf2.5N ¥12,600
・コシナ24mmf2.8 ¥2,675

高値安定感のあるコンタックスはさすがというところだ。興味深いのは、やや古い
レンズがけっこう高いことである。SMCタクマーやヤシカ、コニカが当てはまる。
これは数が少ないことも理由の1つだと思う。ここに記したのは並品の価格だが、
このあたりの程度を保つ品物が出てくると、競争率が高まる。運も味方にしよう。
中古で楽しむ ! MF24mmレンズ_b0016600_8151179.jpg

AB− (1D MarkⅢ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-08 08:15 | かみね動物園

特定保健指導

昨年も職場で健康診断が行われた。毎年のようにメタボだなんだと言われるのだが、
今年になって健康組合から、指導を受けるよう指示があった。社内では数人の候補が
いたのだが、受けると回答したのは2人だけである。そのうちの1人になった。毎年
健康診断の結果が芳しくないし、同級生が昨年亡くなったりしたことも理由である。
強制ではないのだが、ひとまず話だけでも聞いてみようか、なぜかそう思っていた。

そして、いよいよ指導の日。担当してくださったのは女性だった。まずは診断結果に
基づいての説明を受ける。血圧と血糖値が高い。これで2項目に当てはまったので、
積極的支援の対象になるということだった。まずはカロリー減少値の目標を立てて、
それを実現するための行動計画を練るのだ。しかも、初回面談から6ケ月間は毎月、
保険師から連絡が入るらしい。そこで計画の成果について報告をしなければならず、
もう言い逃れはできない状況になってしまった。というわけで、生活改善をしよう。

設定した目標は「腹囲を6cm減らす」と決まった。朝から何も食べていなかったが、
測ってみたら91.5cmだった。この数字が基準となる。目標は85.5cmだ。そして、
目標達成までに減らさなければならないエネルギー量は 、計算により42000Kcal 。
つまり、1日に230Kcalを減らすことになる。これの実現のため、下記が決まった。

・缶コーヒーを減らす。1日2本減らす。
生活について検証してみると、1日にかなりコーヒーを飲んでいることが判明した。
家を出たあと、近くの販売機で缶コーヒーを買い駅で飲む。職場に着いたら、なぜか
今度は紙パックのコーヒー。これが毎日の習慣になっていた。そして休憩時に飲み、
仕事が終わった帰り道でも。これが多すぎると判定、お茶か水に変えることにする。

・夕食を腹八分目にする。
朝食べないことが多いので、ついつい夕食の量が増える。これを変えていくことに。

・ご飯を大盛り→普通盛りにする。
定食とかラーメン、そばを食べるときは、ほぼ100%大盛りを注文している。これが
余計なエネルギーを摂取しているということだった。加えて、ラーメンやそばの汁を
すべて飲み干していることも指摘されたけど、この点だけはちょっと譲れなかった。
子供の頃から続けていることなので、残すことが精神的にできなくなっている。では
どちらかにしましょうということになり、ご飯の量を減らすことで落ち着いたのだ。

担当の保険師は柔らかい物腰で、丁寧に接してくださった。子供をヤル気にさせる、
保母さんのようである。こうして、これまでより少し、向き合ってみようと思った。
まずは野菜の摂取と万歩計での管理を勧められたので、早速実行に移した。8月には
どのような結果になるか皆目見当もつかないが、やれるだけ頑張ってみようと思う。
特定保健指導_b0016600_7351043.jpg

AB− (50D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-07 07:35 | 宇都宮動物園

見なくなったD3

ニコンD3といえば、1つ前のフラッグシップモデルである。2007年11月発売。
つまりは、まだ5年しか経過していない。それでも、競争が凄まじいデジタルでは
あっという間に旧型となってしまうのだ。フィルムの頃は、メーカーが最上位機の
立場を明確にしていた 。「10年はトップの座に君臨させる」という公約を掲げて
登場したカメラもある。そして、ニコンF3が登場したあとのF2のように、中古の
相場が安定して長く人気を保ち、中古市場活性化に一役買うという側面があった。

ところが、デジタルになってこれが大きく変わる。旧モデルは、その性能とは全く
関係のないところでアッという間に値が下がってしまう。デジタルカメラは家電、
と言い切るユーザーが増えているのも否めないところだ。D3も例外ではないが 、
この状況は欲しい人にとってはまさに大歓迎というところ。かつて所有していたが
とてもいいカメラだと思った。現在の高感度競争のブームを作ったモデルである。
初めて使ったときは上野動物園の夜行性獣舎で撮ったのだが、この時は感動という
表現以外に言葉が出なかったものである。不可能を可能にしたカメラだと感じた。
それが理由で後に購入、しばらく使っていた。手放したのには理由もあるのだが、
重いカメラが好きな身には適度なバランスが保てるし、今でも好きな1台である。

さて、このD3。以前中古D700が人気だという話を書いたが 、同じ立場なのだ。
シリーズとしてD3SやD3Xも含めてだが、とても人気があって品薄 。出てきても
早いタイミングで売れてしまうようである。それもそのはず、価格が安くなった。
新品同様でも¥157,500、並品¥152,250、使用感があると¥114,450となる。
性能を考えればまだ十分に活躍してくれるであろう。所有することに誇りを持てる
カメラは数少なくなったが、D3ならその点もクリアー 。ちなみに、バッファ増設
されているものは概ね¥42,000前後高くなる。じっくり探したいカメラである。
見なくなったD3_b0016600_9523777.jpg

AB− (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-06 09:53 | 多摩動物公園
2日目の朝は8時集合でした。今回の行程では早朝撮影がなかったので、ゆっくり
過ごすことができました。バスは定刻通りに出発。最初の訪問地である瑞泉寺では
お寺の風景や彫刻などを撮る予定でしたが、なかなかいい被写体を見つけることが
できず、また本堂修復工事が行われていた関係で景観がやや損なわれていたため、
皆さんのシャッター音があまり聞こえませんでしたね。このあたりから雨がかなり
強くなってきました。もともとは合掌集落の五箇山・相倉に向かう予定でしたが、
雨でこきりこ踊りが室内に変更になったため、国重要文化財である村上家で撮影、
という内容に変更になりました。これはちょっと厳しい状況です。室内だと撮影の
条件がかなり限られてしまうので、苦戦するかもしれないと思いました。案の定、
ストロボを使うか使わないかでお客様の希望が分かれてしまいます。多数決により
不使用と決まりましたが、現場では「やはり使いたい」と希望された人数が増えて
しまったため、急遽2回の踊りで使用不使用を分けて撮影することに。仕上がりを
ご覧になり比較する意味では、良い機会になると考えたのです。踊りが始まると、
シャッター音が元気良く部屋に鳴り響きました。保存会のご厚意により、もう1回
撮影のチャンスをいただくことができたので、お客様にとってはラッキーでした。

こうして全行程を終了し、バスは横浜に向かいます。平湯インターからの一般道は
雪がシャーベット状になっていてヒヤヒヤしましたが、さすがはプロドライバー。
特に大きな不安もなく高速道路に乗り、そのまま横浜に到着しました。こうして、
長いようで短かった初ツアーは終了しました。次回の予定は決まっていませんが、
また皆さんと撮影に出かけられたらと思います。早ければ5月あたりでしょうか。
白川郷ライトアップ撮影ツアー その2_b0016600_234495.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-05 23:04 | 浜松市動物園
2013年最初のツアーは、白川郷での1泊2日でした。横浜を7時に出発して、
高速を走り白川郷までバスの旅。到着は15時頃でした。6時間揺られてやっと
着いたことになります。途中から道路は一面の雪となり、まさに銀世界でした。
ところが、白川郷の雪はあまり多くはありませんでした。この行程は昨年も担当
しているのですが、ハッキリわかるほど雪が少なかったです。前日が雨だったと
いうことも影響したようですが、屋根の雪は落ちているところも多く、さすがに
ちょっと残念ではありました。お客様は32名。お顔を覚えるのも一苦労です。

まずは長瀬家を見学。その後は展望台など、それぞれに狙いたいところを目指し
自由行動となりました。まずはお客様何人かとかん町に向かいます。ここでは、
旅行パンフレットや雑誌などでよく見かける、合掌造りが3つ並んでいる場面を
撮ることにしました。しかし、すでに三脚がズラリ。ライトアップ開始をかなり
前から待っているカメラマンで大いに賑わっていました。ここでまずは、日中の
写真を撮りましたが、展望台にも一応は向かおうと考えていたので夜のシーンは
諦めることに。しばらくしていよいよ明かりが入ります。観光客と写真目的だと
思われる人が入り交じり、暗くなってきたこともあって大混雑。そして、水面に
写り込むスポットは3重、4重にも人が立ち並んでいます。まずはその場を離れ
展望台に向かうことにしました。30分ほど歩いて到着 。6時半を過ぎると観光
バスは大半が帰るので、やや空いてきました。全景を撮って再び降りてみたら、
さっきまでの喧騒がウソのようになっています。ようやく写り込みを撮影して、
気付いてみたらもうバスに戻る時間です。撮影には4時間半くらい取れました。

昨年は白川郷内にある城山館に泊まりましたが、今回は富山まで移動しました。
宿泊は富山エクセルホテル東急です。富山市内は意外なほど雪が少なく、聞くと
今年は雪が少ないのだとか。夜更かしするつもりが、すぐに寝てしまいました。
白川郷ライトアップ撮影ツアー その1_b0016600_8564492.jpg

AB (1D MarkⅢ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-05 08:58 | 宇都宮動物園
ここ最近は300mmという画角を標準ズームでもカバーするようになった。これは
ある意味とてもすごいことなのだ。カメラを買ったその日から 、300mmを持つ。
マニュアル全盛の頃にはちよっと考えられなかったことである。実際、この画角を
知るのは写真を撮り始めてそこそこの年月が経過してからだった。鉄道を撮るため
購入した300mmが、アイドル写真では完全に足らなくなったのだ。そこで、次の
ステップと考えたのが400mm。ここで初めて超望遠を知ることに。昭和60年の
ちょうど今頃だったと思う。トキナー400mmf5.6。中古を2万円で購入、これが
けっこう活躍してくれた。そんな思い出のある400mmだが、これもアダプターで
楽しめるレンズの1つである。マイクロフォーサーズで使えばなんと800mmだ。
このf5.6クラスの400mmは各社が競って発売していた。中古価格を比べてみる。

・ペンタックス SMCタクマー400mmf5.6 ¥28,350
・ペンタックス SMCペンタックスM400mmf5.6 ¥10,500
・ペンタックス SMCペンタックスA400mmf5.6  ¥31,500
・オリンパス ズイコー400mmf6.3 ¥42,000
・キヤノンFD400mmf4.5S.S.C. ¥42,000
・キヤノンNewFD400mmf4.5 ¥21,000
・ニコン Aiニッコール400mmf5.6ED ¥33,600
・ニコン Ai-Sニッコール400mmf5.6ED ¥47,250
・ミノルタMDロッコール400mmf5.6APO ¥89,250
・ミノルタNewMDロッコール400mmf5.6APO ¥73,500
・コニカAR400mmf5.6 ¥47,250
・シグマAPOマクロ400mmf5.6 ¥8,400
・トキナーSL400mmf5.6N ¥8,400
・トキナー400mmf5.6SD ¥11,550

これらのレンズは総じてフィルム時代のものであり、かなり古いのだが、まだまだ
相場がちゃんと成り立っているのが驚きだ。もともと定価が高かったこともある。
ミノルタは27万円もした。それに加えて、市場に流通している数も少ないので、
30年近くたった今でも9万円近い値で並ぶことがある。ペンタックスMタイプは
かなり安い。かつてはMXのカタログにカッコ良く載っていたものだが、さすがに
見る影もなくなってしまった。トキナーやシグマは、入門用として最適だと思う。
中古で楽しむ ! MF400mmレンズ_b0016600_21592131.jpg

AB (1D MarkⅢ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-04 21:59 | 宇都宮動物園

推しを並べてみよう

ツイッターで、あるテーマに基づくつぶやきが盛んに行われていた。たまたま知り
ちょっと面白いなと思った。それは、「推し歴を並べてみよう ! 」というものだ。
モーニング娘。が結成15周年を迎えたとかで、好きなメンバー遍歴を教え合おう
という内容だった。そもそもモーニング娘。のメンバーは最初の頃しか知らない。
なので当然参加できるはずがなかった。でも、すこし興味を抱いたので、これまで
好きだったアイドルを並べて整理してみようと考えた。で、まとめてみることに。

覚えているのは北原佐和子→伊藤つかさ→中森明菜→遠藤由美子→菊池桃子
→セイントフォー→吉見美津子である。平成に入ってからは、あまり記憶がない。
聞き慣れない名前もいくつかあると思うけど、遠藤由美子はソフトクリームという
3人組ユニットの真ん中で歌っていた。単独で「欽ドン ! 良い子悪い子普通の子」
というバラエティ番組に「おまけの子」として出演していたが、これを見てからは
すっかりファンになった。やがて、新聞に載っていた後楽園ゆうえんちの広告にて
イベントが行われることを知り、行ってみた。そしてこれこそが、アイドル写真に
ハマるきっかけとなったのだ。これ以後、カメラ小僧として活動することになる。

そして、菊池桃子に熱狂した。関東周辺で行われたイベントやラジオの公録など、
あちこちに出掛けて撮りまくった。いい写真を撮るために、機材も変えていった。
それがエスカレートして、通っている学校に友人と1週間張り込んだこともある。
今にして思うと、様々なシーンでいい勉強になった。写真を習ったことはないが、
たくさんのタレントがみんな先生だった。石川秀美と本田美奈子はまさにそうだ。
吉見美津子は、おニャン子クラブの最後のほうにいたメンバーだ。1000mm超の
画角で撮影していたので、ピント合わせにはとても苦労した。懐かしい思い出だ。

こうしてみると、結局は写真と繋がっている。今あるのはこの頃の修行のおかげ。
推しを並べてみよう_b0016600_58053.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-03 05:08 | 金沢動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama