<   2012年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

以前から何度か書いているが、オークションで機材を買うのは注意が必要だ。
こういうケースがここ最近目立って増えているので、手を出さないでほしい。
罠_b0016600_125455.jpg

AB− (7D/ズイコ−マクロ90mmf2)
by keiji_takayama | 2012-08-19 23:52

形見のKM

親戚の形見分けをしたらカメラが出てきた、という連絡を受けた。身内では写真を
趣味にしているのは1人だけなので、どうやらもらえたらしい。確認してみると、
3台あった。ポラロイドとコニカのフィルムコンパクトは、仕事という側面からは
決して見てはいけないものである。楽しむならいいのではないか、というものだ。

そして最後、見慣れたケースを手渡された。一目見て一眼レフだと解る。おそらく
ペンタックスSPあたりだろうと思っていたが、開けてみたら意外にもKMだった。
デジタル一眼レフにはK-xとK-mがあるけど、同じ名前のフィルムカメラがある。
1975年、ペンタックスはそれまでのねじ込み式マウントから、Kマウントと称した
新しい接続方式を採用した一眼レフを3機種発売した 。そのうちの2つがKXとKM
なのである。KXのほうが上級の位置付け。ファインダーは追針式で、絞り直読可能な
窓が標準装備されていた。これに対して、KMのほうはSPFとほぼ同じ仕様だった。
定点合致式のファインダーである。レンズキャップを外すと露出計スイッチが入る、
という点も同じだ。余計な機能がなく頑丈なカメラであり、そこそこ人気もあった。

で、取り出してみると。ボディはなかなかキレイだった。活躍の場がそれほど多くは
与えられなかったのだろう。シャッターは切れる。しかし、幕はかなり傷んでいた。
ファインダーには大きな横線状のシミがあり、ピント合わせには支障がありそうだ。
スローで切ってみると、明らかに速い。残念だが、完全なジャンクだった。それでは
レンズのほうはどうだろう。55mmf1.8が付いていた。でも、一目でわかるカビが。
レンズ全体を覆っているので、こちらもダメだ。ソフトフォーカスレンズして使えば
なんとかなるかな、というレベル。それでも、他の機材と一緒に保管しておくことは
かなり難しそうだ。再生させるかちょっと迷うところだが、かなり金がかかりそう。

よく「家から出て来た」という名目で持ち込まれる機材は、残念だがそのほとんどが
ジャンクになってしまう。放置されていることが原因だ。せめて定期的に動かせば、
助かることも多い。ましてやアダプターを使って復活させることもできる。もう一度
放置されている機材を見直してみてはいかがだろう。意外な貴重品が見つかるかも。
形見のKM_b0016600_23274910.jpg

AB− (7D/ズイコーマクロ90mmf2)
by keiji_takayama | 2012-08-18 23:28 | 上野動物園

赤城自然園と吹割の滝

日付が変わって昨日になりましたが、8月のツアー第2段として、群馬県内にある
赤城自然園と吹割の滝に行ってきました。今回もバス車内は1人で2席利用です。
ゆったりくつろげるし荷物も置けるしで、最近人気を集めています。おかげさまで
満員となりました。添乗員さんの席がなくなってしまい、少し気の毒でしたが(笑)

横浜天理ビル前のバス乗り場を7時に出発。途中のPAで詰め込まれた舞茸弁当を、
急いで食べて撮影に備えます。まずは赤城自然園。赤字続きで一時は閉園したけど、
数年前に再開園しています。6月の台風で大きな被害に遭い、復旧工事が進められて
いますが、現在でも立ち入り禁止となっているところがいくつかありました。狙いの
レンゲショウマは見られたのですが、ちょっと傷んでいる花が多く、撮れはしたけど
いささか残念な状況でした。お客様からも、御嶽山のほうが撮りやすい ! という声が
複数ありました。それでも、テーマである丸いボケを取り入れた画面構成を作ろうと
皆さんファインダーに集中。寝っ転がって撮影している、気合いの入ったお客様も。
被写体が小さな花なのでマクロレンズが大活躍でした。暑いけど、皆さん熱かった。

その後バスに戻り、1時間ほど走って吹割の滝へ。ここでも2時間ほど時間を取り、
滝の風景を撮影。観光客が予想以上に多かったので、歩くのに注意しながらの行程。
推奨コースも用意してはいましたが、時間の大半を吹割の滝周辺で過ごしたために、
観瀑台のある遊歩道には行けませんでした。お客様に声を掛けて回れたので、最後に
鱒飛の滝に移動。人の顔のような岩を見つけてちょっと驚いたりして過ごしました。

帰りは途中まではスムーズでしたが、途中で大きな渋滞が発生しているとのことで、
ドライバーさんと添乗員さんの的確な判断により迂回し、大きな遅れもなく横浜着。
前回の明野村に続きとても暑い1日でしたが、なんとか無事終了して一安心でした。

そして次回はいよいよ、去年に続いての担当となる帆引き船です。これは楽しみだ。
赤城自然園と吹割の滝_b0016600_034187.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-08-17 00:35 | 上野動物園

鵬玉精

先日の新聞記事から。猛暑の影響からか、栄養ドリンクがよく売れているそうだ。
これまで気にしていなかったのだが、これらのドリンクにはいくつか種類がある。
容量50㎖以下のミニドリンク剤、50㎖超〜100㎖以下のドリンク剤 。そして、
薬局やドラッグストアで買える「医薬品」、コンビニやスーパーなどでも見かける
「指定医薬部外品」である。なかでも医薬品のミニドリンク剤は値段が高いようで
「ユンケルスター」は4,078円だというから驚きだ。20種類の生薬を配合した、
肉体疲労時のここぞというときの1本だという。これはちょっと、試してみたい。

このテの栄養ドリンクを初めて飲んだのは、都ホテル東京写真室で働いていた頃。
つまり平成元年だった。先輩が毎朝のようにリゲインを飲んでいて、それを真似て
買ったものである。最初は実に効果的で、こんなに回復するのかとビックリした。
しかし、何度も繰り返していると効果は薄くなる。次第に飲まなくなっていった。
それから数年後、アロマカラー時代。得意先の某ドラッグストアがチョンボをして
それを救ったことがあった。お店からお礼にともらったのが「チオビタ鵬玉精」。
これ、名前からしてやってくれそうな感じがするのだが、飲んでみたら凄かった。
足下から血が逆流するような、猛烈なエネルギー。これを大いに感じてしまって、
ちょっと気恥ずかしかった記憶がある 。買えば2,000円くらいはするらしくて、
やっぱり金額なのだと実感することになった 。これはメーカーも認めている(笑)

手軽で人気の高いリポビタンDは、気分的効果はある。ただ、時間は短いけれど。
最近は職場の休憩室で買えるリゲインをよく飲む。この機会に高いのを試そうか。
鵬玉精_b0016600_026581.jpg

AB− (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L+EF25)
by keiji_takayama | 2012-08-16 00:26 | 上野動物園

連日の上野

昨日に引き続き、上野動物園に行ってきました。昨日とは違い、写真仲間21人で
ワイワイ楽しみながらです。幹事役だったので、遅れて参加した人の道案内などを
務めながらの撮影になりました。天気が悪いという予報でしたが、実際には晴れて
かなり暑かったですね。集合は午後4時。真夏の夜の動物園を、たっぷり堪能して
楽しい時間を過ごせました。とはいえ汗だくでして、タオルもびしょ濡れでした。

今回も狙いは夜行性獣です。昨日は撮れなかったマヌルネコやヨザルをなんとか、
モノにしたいと考えていたのです。ちよっと後ろのほうにいたので、無謀かなとは
思ったものの、100-400mmに中間リングという装備で挑むことに 。もちろん、
ウチの2大マクロであるズイコーも持って行きました。結果は正解で、良し悪しは
別にしても、なんとか押さえることができました。メガネザルも撮れて良かった。

久々に100-400mmを使った気もしますが、なんだかんだで応えてくれました。
連日の上野_b0016600_1111617.jpg

AB− (5DMarkⅡ/EF100-400mmf4.5-5.6L+EF12)
by keiji_takayama | 2012-08-15 01:12 | 上野動物園

モデルさんがやってきた

以前から、自宅でカメラの点検やピント合わせの練習を行う際のモデルが欲しい、
と感じていた。機材を動かすことが多いために、カメラに装着してちゃんと写真を
撮る状況を作っておきたかった。しかし、当然ながらモデルはぬいぐるみである。

そこで、動物園に出掛けた時にでも何か買ってこようと思っていた。昨日たまたま
それを上野で思い出した。ここの売店には、そういう理由で選ぶにしても迷うほど
多くのぬいぐるみが売られている。まぁホントによく出来ていて、オオワシなどは
まじめにとてもカッコいいのである。漠然とこれにしようかと思っていたのだが、
店内で見たハシビロコウも悩ましい。そんなこんなで迷っていた。と、ふと見たら
オカピが並んでこちらを眺めていた。ぬいぐるみなのだからそんなはずはないが、
目が合ってしまったのだ。なかなかキュートでいい表情をしていた。足がちょっと
短めなのだが、それもまた愛嬌である。下見のつもりだったし、急いでいたので、
気にはなったがその場を後にした。で、撮影を終えた帰り道。再びその売店に行き
探してみたら、まだそこにいた。こうなったらスカウトするしかない 。40越した
おっさんが、オカピのぬいぐるみを持ってレジに並ぶ。これはかなり恥ずかしい。
まぁそういう経緯があって、オカピがモデルとしてやってきた。活躍してくれよ。
モデルさんがやってきた_b0016600_163432.jpg

AB− (7D/ズイコー90mmf2 マクロ)
by keiji_takayama | 2012-08-14 01:07 | 上野動物園

結果発表

世間はお盆休み。今年は人並にここで連休を取りました。これまで盆休みとは全く
縁のない仕事をしてきたので、たぶん初めてではないかなと思います。とはいえ、
休みなので病院に行ってきました。例の咳です。肺、血液を検査した結果異常なし
ということになり、アレルギーの可能性はかなり消えてきました。それをきちんと
確認するための検査を受けたのです。これは、薬品の濃度をだんだん高くしていき
どのレベルで過敏反応があるかを調べます。正常な人なら全く変化はないのですが
医師の予想通り、中程度の過敏症であることがハッキリしました。つまり、正式に
咳喘息であるという診断を受けたわけです。しかも、やや慢性化しているらしい。

気になる原因の特定はかなり困難だということです。咳は、昨年から少しずつ出て
いるなという自覚がありました。今年になってから3つ病院に行き、吸入薬などを
処方してもらったのですが、継続して治療するようにとは言われなかったために、
咳が止まれば薬の使用を停止し、病院にも行かなくなります。実はこれこそが最も
ダメなやり方だそうで、継続して薬を使用しないと再発して慢性化するそうです。
今回は呼吸器専門の医院なので、これらのことについて模型を使って詳しく解説を
してくれました。半年くらいは吸入薬を続ける必要があります。その上で、以後の
治療を考えて進めることになりました。そしてこれは全く知らなかったのですが、
東京都では気管支喘息を煩うと、一定の条件を満たせば医療費の負担が軽くなる、
という制度があります。それは医師の診断の他に、都内に1年以上居住している、
タバコを吸わない、健康保険に加入しているというものです。従って、対象になる
ことが確実なので役所で書類をもらってくるよう指示されました。電話で区役所に
問い合わせたところ、郵送してくれることに。同じ病院でも、こうまで違います。
もともとあまり病気をしたことがないけど、これは長い付き合いになりそうです。

写真はそのあと出掛けた上野動物園にて。開園延長で、メガネザルが撮れました。
結果発表_b0016600_2333919.jpg

AB (5DMarkⅡ/ズイコーマクロ90mmf2)
by keiji_takayama | 2012-08-13 23:33 | 上野動物園

査定の差

お客さんから預かった機材の査定を終わらせて、金額を提示。ご納得いただいて、
精算に入る。とここまではいつものパターン。だが、ときどきそのあとで、他店で
査定してもらったという控えをお客さんが見せてくれることがある。こうなるのは
つまり、その店よりウチのほうが高い評価をしたことになるわけだ。これがとても
興味深い。けっこう差が大きいこともある。程度が新品から遠くなればなるほど、
この差も大きくなるようである。訳あり品専門の店舗を持っているので、オールド
レンズの査定はそこそこ他店より高く取れると思う。店舗でだいたいいくらで販売
しているかを知っているので、ほぼ相場に近い査定が可能だ。ところが、そういう
店をもたない某チェーン店などでは、信じられないくらいの低評価だったりする。

加えてさらに驚いたのは、デジタル一眼レフのバッテリーグリップが付属品扱いに
なっている、ということだ。見せてもらった伝票には機種が書いてあるその横に、
「付属品あり」と書かれていた。ここに、バッテリーグリップも含まれるという。
そんなバカな話はあるかと思い、ここでは売らずウチに寄ってくださったらしい。
その結果、トータルでもけっこう高く買わせていただくことができた。当然だが、
喜んで帰ってもらうことができたのだ。あとは査定がヘボでないことを祈るのみ。
査定の差_b0016600_23362369.jpg

AB− (7D/NewFD500mmf4.5L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-08-12 23:37 | 羽村市動物公園

工事

年末から年始にかけての大問題だった、キッチン配水管の水漏れ。住んでいるのが
築40年超のマンションなので、様々な問題が起きる。昭和の雰囲気が漂っていて
とても気に入っているのだが、排水に問題があるとはずっと思っていた。それが、
ここに来て急転直下に話が進み、いよいよ今月末からマンション全体の給排水管を
総交換することになったのだ。まずは業者の選定から入り、説明会やアンケートの
案内がちょくちょく届くようになった。完成は年末近い頃だという。秋から冬は、
一日中在宅しなければならなかったり、トイレが使えなくなったりする。さすがに
不便かもしれないが、来年からは今より住環境が良くなるだろう。ボロイけれど、
どこか憎めないマンションなのである。すぐ横を電車が走っているし、流し撮りの
練習をするにはもってこいだ。駅にも近いので、重い機材を抱えていると助かる。

とはいえ、予定をいろいろとやりくりしなければいけないので、さすがに面倒だ。
工事_b0016600_141775.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-08-11 23:49 | 掛川花鳥園

ひまわり畑で日焼け

本日はツアーでした。7月は中止が多く1回しか担当できませんでしたが、今月は
好調で、すでに3コースが催行決定、うち2つは満席キャンセル待ちの状況です。

第1弾は旧明野村・ひまわり畑と小海線を撮る、という内容です。朝7時に横浜を
出発し、中央道を使って小淵沢インターからひまわり畑を目指します。ところが、
明日からいよいよ盆休みが始まるということもあって、道路は大混雑。到着が少し
遅くなってしまいました。しかし、行程にそこそこ余裕があったので、3時間ほど
撮影の時間に充当することができ、お客様もあちこちでファインダーを覗きます。
それにしても、とにかく暑い。どこまで続くのかと思わせる、広大なひまわり畑は
とても美しく、元気に咲いているひまわりが整列している風景は圧巻の一言です。
カラフルな日傘が合間からちょこっと姿を見せたり、こういう雰囲気にとてもよく
似合う女性を見つけて即席モデルの依頼をしたり、撮影に来ている人たちも気合が
入っていました。地元テレビ局のスタッフさんが取材に来ていて、インタビューを
受けるハプニングもありました。夕方のニュース番組でオンエアの予定でしたが、
結局その映像は使われたのでしょうか ? ちょっと気になるところではありますね。
とても楽しめたひまわり畑でしたが、写真はあまり撮れませんでした。いつかまた
じっくりと狙ってみたいものです。元気なひまわり達に、活力をもらいましたね。

バスに戻ったあとは、小海線の電車とのどかな田園風景を狙いました。もともとは
2本くらいしかチャンスがないはずでしたが、バスがとてもスムーズに進んだため
4本撮ることができました。これはお客様にも喜んでもらえる、嬉しい結果です。
待ち時間には様々な会話もすることができ、暑かったけれど充実した行程でした。

帰ってきて確認したら、顔と腕が猛烈に日焼けしていました。おでこがヒリヒリ。
ひまわり畑で日焼け_b0016600_2225374.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-08-10 22:25 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama