<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

久々野毛山

野毛山動物園。早いもので、前回の訪問から4年近くが経過しています。以前から
ちょっと苦手にしているところでして、初めて行った時には36枚撮りフィルムを
3本使い、1枚もマトモなカットがなかったほど。その時のイメージが残っていて
どうにも巡り合わせがうまくいかないです。天気が良かったこともあって、園内は
想像していた以上に賑わっていました。キリンとレッサーパンダが、大きな人気を
集めていて、たくさん携帯を向けられていたっけ。ここのレッサーパンダはとても
近くまでやってきてくれるので、親近感を感じるお客さんが多いようです。散歩と
見られる親子連れも目立っていました。滞在したのは4時間ほどです。狙っていた
アビシニアコロブスは完全な空振りに終わったけど、そこそこ収穫あり、でした。
久々野毛山_b0016600_2350811.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-21 23:47 | 野毛山動物園

モカとリオ

東武のライオン舎は、大きくて広いです。近くで見られる工夫もあるけど、ガラスに
遮られていました。ここで写真を撮るのはちょっと厳しいかなと思い、狙いを定める
ことのないまま、閉園を迎えようとしていました。たまたま、岩の一番高いところに
♀が移動したので、証拠程度のカットを撮影。ガラスの厚さもありピントが合わず、
この条件なら仕方ないだろうと諦め、なんとなく個体紹介プレートを眺めることに。

それを見て目が釘付けになりました。モカとリオ。3頭いる♀のうち、二頭は盛岡の
生まれだという記載が。そして、誕生日は2006年6月2日でした。この年の8月。
初めて盛岡市動物公園に出掛けました。ピューマの赤ちゃんを見に行ったのが直接の
理由ですが、行ってみたらライオンの双子もいて、元気な姿を見せてくれたのです。
このときの赤ちゃんの名前が、モカとリオでした。あれからすっかり忘れてたけど、
3年半が経過して再会したことに。ガオガオ言っていた頃がウソのように、とっても
立派な姿になりました。なんだかすごく感動してしまって。しばらく浸ってました。
モカとリオ_b0016600_15492075.jpg

B (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-20 15:49 | 東武動物公園

1年ぶりの東武

連休初日。久々に野毛山で撮ってみようと思っていました。しかし、月曜なのです。
出発直前に休園日であることに気付き、急遽東武動物公園に変更。行ってきました。
こちらも久しぶりかと思いきや、2008年の暮れ以来。1年ちょっとぶり、でした。
とはいえ、東武動物公園駅はとてもキレイに変わっていて、駅の中にいろいろな店が
入ってます。もともとあったロッテリアもリニューアル。とても便利になりました。

動物園側の入り口までタクシーを使った際、運転手さんから「土日は大混雑ですよ」
という話を聞きました。展示方法を変えてとても良くなったとか。実際入ってみると
ライオン舎がとても大きく、見やすくなっていてビックリ。午後1時半くらいに着き
そのままざっとアニマルランドを一周。その後はずっとネコ科動物のところで粘る、
という滞在でした。日差しが強く思っていた以上に苦戦したけれど、楽しめました。

帰りに東武が遅れて、帰宅ラッシュとぶつかってしまったのは誤算。疲れた・・・。
1年ぶりの東武_b0016600_21442676.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-19 21:44 | 東武動物公園

連休

明日から5連休。さて、何しよう。天気、雨らしい・・・(笑)
連休_b0016600_2571339.jpg

AB (kissD X/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-04-18 23:08 | 多摩動物公園

1万人

年間の売り上げが2兆円を誇るという、あのヤマダ電機が新宿にオープンした。
進出するという話はそれとなく聞いていたが、それが16日だということは全く
知らなかった。なんと1万人並んだという。区長も顔を出したそうで、なんとも
ド派手な開店となったようだ。場所について職場で聞いたら、高校生時代によく
中古カメラを見に行った「カメラのきむら」があったところだと聞いて驚いた。

学校が新宿からバスだったので、帰りに寄り道することが多かった。きむらでは
在庫が豊富なので見ていて飽きず、長居するとこもしばしば。レンズなど買った
記憶もある。移転したと聞き、ちょっと残念な気持ちになったものだ。それが、
ヤマダ電機になるとは。大船の店で働いていた頃はすぐ近所にあった。ヤマダで
買ったお客さんがウチの店に操作だけを聞きに来る。という図式が出来ていて、
いっそ有料にしようかと本気で検討されていたほどだ。そんなわけで新宿には、
大手家電量販店が3つも集中することになった。これがどういう方向に行くのか
ちょっと興味深いが。価格競争になれば、天に唾するようなものかもしれない。
1万人_b0016600_1584516.jpg

AB+ (kissD X/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-04-17 01:59 | 多摩動物公園

眼差し

ゴールデンターキンはとても優しい表情をしている。これまでに何度か写真を載せ、
そのたびに仙人みたいとか、悩みを聞いてくれそうだ、といったコメントを書いた。

雨に濡れると、この雰囲気がさらに高まるような気がする。何をするでもなく、ただ
そこに佇んでいるだけなのに。お客さんがやってくると、優しい眼差しを向けるのだ。

多摩動物公園の一番奥にあるこのエリアは、癒しスポットといえる。何も言わずに、
ただずっとターキンを見つめている人がいる。急いでばかりの日常を忘れるために。
眼差し_b0016600_152526.jpg

AB (kissD X/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-04-16 01:05 | 多摩動物公園

貸切

雨男の休日は、朝から雨でした。もともと出掛ける予定だった場所を諦め、雨らしく
絵になる動物がいる多摩動物公園に変更しました。到着したのは午後1時半。入って
正面を見渡す限り、お客さんは誰もいません。もはや貸切状態でした。ここに来ると
だいたい決まった動物しか狙わないのですが、この日も例外なくそのパターンです。

雨に打たれながらこちらを凝視しているカモシカに魅入られ、レンズをセットして。
ファインダーを覗いた瞬間に強烈な違和感を感じました。視野がとても狭いのです。
ここ最近フルサイズのD3を使う機会が多かったので、知らないうちに感覚が慣れて
しまったようです。すぐに取り戻せたけど、あまり気持ちの良いものではなく、まだ
完全に抜けていないような気がします。これがファインダーの差だと言ってしまえば
それが正解なのだろうけど、kissDXを使っての撮影が少ないことを痛感することに。

そのあとはお決まりです。トラ、オオカミ、ユキヒョウのところを行ったり来たり。
レッサーパンダやゴールデンターキンも見てきました。雨でもみんな元気でしたよ。
貸切_b0016600_23443676.jpg

AB (kissD X/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-04-15 23:47 | 多摩動物公園

マイクロフォーサーズ

先日も触れたが、マイクロフォーサーズ用のマウントアダプターが人気を集めている。
担当したお客さんは、ニコンマニュアルレンズがご希望であった。50ミリで決まって
いたのだが、1.4か1.8で決めあぐねていた。たまたま両方とも中古在庫があったので
それぞれをお客さんのオリンパスE-P1に装着してみた。アダプターが意外に大きく、
どうやら小さめのレンズのほうがバランスが良いようだ。見た目にもスマートなので、
カメラの特性を損ねることがない。満足して、そのままご購入となった。接客しながら
それをずっと眺めていたら、なんだか面白そうなのである。一台持ちたくなってきた。

マイクロフォーサーズはとにかく、いろいろなレンズが使えるのが楽しそう。これまで
あまり需要のなかった、ミノルタのマニュアルレンズもアダプターが用意されている。
この影響か、ジャンクを扱う店でもレンズの売れ行きが良くなった。これを使ったら、
どういう感じに写るのだろうか、などと興味が湧く。動物園用として使うにはさすがに
無理がありそうだけど。ちょっと出掛けてパチパチ撮ると、いい気分転換になりそう。
マイクロフォーサーズ_b0016600_23264422.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-14 23:27 | 夢見ケ崎動物公園

オークション

店でちょくちょく指摘されることだけど、中古の在庫が少なくなった。棚の空きが、
入社したころと比較すると格段に大きくなっている。開店時は在庫が一番多いので、
それでもまだ見られる状態だ。しかし、夕方から夜になると売れるので減ってくる。
そのため、妙な心配をされてしまうことになるのだ。以前と比べると、カメラを売る
方法というのは確実に増えてきた。買い取りの店もたくさんあるから、売りたい人は
価格を比較して選べるようになった。これに加えて、ネットオークションが大きい。

オークションの落札相場は、店舗における買い取り金額以上販売価格以下の水準だ。
つまり、売り手買い手双方にメリットがある。もちろん、現物を見られない、などの
リスクもあるが、人気が高いのも頷けるのだ。結局、この落札価格帯の幅を縮めれば
様々な理由からオークションに流れた品物を、取り戻せるかもしれない。といっても
なかなか現実的には難しい問題だ。お客さんから話を聞くと、かつてはウィンドウの
すべてをカメラが覆い尽くしていたようだ。スタッフの立場で、それを経験したい。

オークションと店の価格をデータ化し、毎月の相場を比べてみると面白そうである。
オークション_b0016600_23511134.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-13 23:51 | 掛川花鳥園

一発勝負

ワオキツネザルの写真を撮って載せるのはかなり久々だと思う。もともと、きちんと
撮影できるのは千葉市動物公園くらい。そのほかの園ではたいてい檻の中にいるので
レンズを向ける機会が圧倒的に少なかった。昨年だったか、上野の運動場が良くなり
とても見やすくなったのだが、あまり写真を撮ることがなくそのままになっていた。

夢見ケ先の距離が近いということは数日前にも触れた。ということは、離れて背景を
選べばそこそこのカットが狙えるということになる。あとは、どの位置に狙いを絞り
どのくらい待てるか、という点がカギになる。陽が当たっていたので、何頭かが外に
出てきていた。そっと距離を保ち、しゃがんで目線の高さを合わせる。あとは、ただ
チャンスを待つ。顔を上げた瞬間、シャッターを切った。もちろん一発勝負である。
一発勝負_b0016600_23434872.jpg

AB+ (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-12 23:44 | 夢見ケ崎動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama