<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

645D

ついに、ようやく、発表になった。ペンタックス645D。このカメラの概要について
話が出てきたのは5年ほど前のこと。一時は開発の凍結も噂されていたが、こうして
きっちりと形にできたのはとても喜ばしいことだ。一度ユーザーに向けて発信した、
期待の持てる情報をちゃんと遂行する、という点だけでも、ペンタックスプランドの
信用に大きく繋がるだろうと思う。ウチの店では76万3200円。数字だけを見れば
かなり高価だというイメージはあるが、性能と他の中判デジタルの値段を考えると、
かなり安い水準ではないかという声が大勢を占めていた。お客さんにとっても大きな
魅力となっているようで、すでにかなり予約が入っている。量販店などでもおそらく
同様のことが起きていると思うので、発売当初はかなりの品薄も予想されるほどだ。

今日から横浜で始まったCP+でも 、新製品のなかったキヤノンやニコンを尻目に、
ペンタックスのブースには長蛇の列が出来ていたそうだ。頑張れ、ペンタックス 。
645D_b0016600_23585792.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-03-11 23:59 | 上野動物園

春休み

さて、そろそろ春休み。そう、休みといえば武蔵小杉なんですよ。写真展やります。
今回は、以前から暖めていたテーマがありました。時季的なものだし、面白そうだと
考えていたのですが、ギリギリにならないと動かない悪癖が大きく影響してしまい、
難しくなりました。写真を選ぼうとしてブログの過去記事をいろいろ見たのですが、
これがたいへんな作業になりそうな予感。思っていたカットが最近のものではなく、
どちらかというと初期に近いタイミングのものが大半になりそうだったので、断念。
昨年別の場所で開催して好評だった、雨の日写真を18点展示することにしました。

ようやくプリントをオーダーしたので、なんとか間に合いそう。毎度のことですが、
どうにも準備が下手というか、苦手なのです。エンジンのかかりが悪すぎだ・・・。
春休み_b0016600_135580.jpg

AB (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-10 23:50 | 東山動植物園

判断ミス

雨が降るというので、多摩に行こうと考えていた。ところが、起きてみたら曇りだ。
これで完全に意欲が落ちてしまった。 13日から、春休みスペシャルとして写真展を
武蔵小杉で開くのだが、実はこの写真をまだ一枚も決めていない。今日の撮影後に、
選んでプリントしようという計画だった。とはいえ、このパターンだと、これまでに
きちんと実行できたためしがない。1日機材持って歩くのはさすがに疲れるらしく、
帰ってくると結局そのまま寝てしまうのだ。さすがに今日それをやると致命的だし、
雨じゃないからいいかと思い、出掛けるのをやめた。ところが・・・しばらくしたら
外から音が聞こえてくるではないか。何ともタイミングの悪いことだが、昼過ぎから
雨が降ってきたのだ。しかも、かなり冷たい雨。シチュエーションとして悪くない。

雨男であることを、もっと信用するべきだった。この判断ミスはちょっと痛いなぁ。
写真のストックが豊富にあるわけではないし、しばらくお茶濁しが続くかも・・・。
判断ミス_b0016600_1543560.jpg

AB (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-09 15:43 | 東山動植物園

ボーリング

仕事帰りに、同僚とボーリングに行った。学生の頃は週に何度も投げていたが、年を
重ねるに従ってその機会も減っていき、今では年に一度行く程度になってしまった。
たまにやるから盛り上がるのかもしれないが、2ゲームやって113と147だった。
ようやくエンジンがかかってきたのは、2ゲームめの中盤くらいから。もうちょっと
早くから調子が上向くとよかったが、なかなかうまくいかないものだ。昨年対戦して
勝利した相手に、今年は完全に叩きのめされてしまった。うう。これは悔しいなぁ。
ボーリング_b0016600_163051.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-03-08 23:47 | 掛川花鳥園

2つのG2

「キヤノンEOS50Dを下取に出して 、7Dと交換したい」というお客様からのご相談。
買い取り査定の相場をお伝えし、だいたいの差額を計算する。希望と少し差があった。
三脚でもカメラバッグでもいい 、何かありませんかと伺った。すると「G2」がある 、
との答え。それなら、かなり大きく希望額に近づきますとご案内した。買い取り価格は
上限で29000円。商談はほぼ成立、下取り品を送ってもらえることになった。これが
4日のことである。5日は休みだったし、通販の下取り交換は担当部署が異なるため、
すっかり忘れていた。そして今日、指名で電話をいただいた。よくよく話を伺ったら、
この「G2」はキヤノンパワーショットG2のことだった。なんと、金額を伝えたのは、
コンタックスのフィルムカメラのこと。パワーショットだと相場は上限で1500円だ。

一瞬血の気が引いたが、お客様もある程度解っていたようで、笑い話で済んだ・・・。
こういう勘違いは、昔なら考えられなかった。デジカメがたくさん世に出るようになり
かつて同じ名前のカメラが存在していたケースがある。勝手な憶測はホントに危ない。
2つのG2_b0016600_1164754.jpg

AB (D3/AF マイクロニッコール105mmf2.8D)
by keiji_takayama | 2010-03-07 23:58 | 上野動物園

躊躇

上野で撮った夜行性動物の写真。前回はこちらにいろいろ載せたのだが、作品という
意味で考えた場合、どうも違うような気がする。もともと写真を撮る条件ではないが
珍しさもあったので、こっちで紹介してみた。今回もそれなりに撮ってはいるけど、
躊躇する気持ちがあるので、すべて別館に載せることに決めた。写真を見て何かしら
思うものがないと弱さを感じてしまう。まぁ難しい面もあるけど、ここは可能な限り
作品的カットを載せていきたい。以前はそういう差を付けていなかったが、それぞれ
写真に対する考え方が異なるので、分けたほうがよいと考えた。でも、動物好きには
別館のほうがウケが良かったりするのが悩みの種だ。こちらは候補が少ないまま(笑)
躊躇_b0016600_23433528.jpg

AB (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-06 23:43 | 東山動植物園

フォッサ

平日は以前より早起きするようになったので、反動か休日になかなか起きられない。
昼間でダラダラと過ごし、午後から上野動物園に行ってきた。到着して西園に直行。
昨年完成した「アイアイの森」に、フォッサという聞き慣れない名前の動物が入って
きたというので、まずは見てみようと思ったのだ。フォッサはマダガスカル島だけに
生息し、同島最大の肉食獣だという。日本では初公開。「ネコ目」に分類されるが、
「ネコ科」ではなく「マダガスカルマングース科」という何ともややこしい扱いだ。

3月にしては暑いほどだったけど、初対面ということでちょっとワクワクしていた。
ところが、到着してみると・・・いない。どこにもいない。室内に通じる扉が開いて
いたので確認してみたが、結果は変わらない。ちょっとガッカリして外に戻り、ふと
足元付近に目を落としたら。茶色い物体が横たわっていた。腹を出してひっくり返り
熟睡していたのである。なんとも感動の薄い出会いである。お客さんが物珍しそうに
近付いていくと「うるせぇな」とばかりに顔を上げるけど、すぐにまた寝てしまう。
じっくり狙ってみるとまた違った発見があるかもしれない。次回また寄ってみよう。

そのあとは閉園近くまで、ずっと小獣館にいた。久々に夜行性動物をじっくり眺め、
暗さに閉口しながら撮影していた。ここの動物たちは、相変わらず女性に大人気だ。
フォッサ_b0016600_23562864.jpg

AB− (D3/FD300mmf4L+FD50)
by keiji_takayama | 2010-03-05 23:57 | 上野動物園

ジャンクボディ

ジャンク品が実際に「使える」のかどうか、これは完全に自己判断となる。動作確認
していないのが前提なので、店で手にとってチェックし、そこに何らかの価値を発見
できたら買い得といえる。レンズはたいていクモりかカビ。或いはAFが壊れている。
これらは使えないことはない。AFが壊れていれば、MFで撮ればいいだけのことだ。
そのためか、レンズは人気か高い。店頭に転がしておけば、たいていは売れていく。

一方でやや苦戦気味なのがボディ。こちらのほうは、完全に壊れていることがある。
ジャンクでも程度がいいものというと、ファインダーにちょっとカビが生えている、
またはクモっているもの。レンズと同じで、気にしないと問題なく使えるのである。
ただ、ボディの場合はシャッターがアウトだったり、巻き上げがダメだったりという
ことがある。これは、修理を趣味にしているお客さんにとっては好都合なのだけど、
とにかく安くカメラを買いたいというユーザーには、間違いなくそっぽを向かれる。
しかも、店に並べた時はちゃんと作動していたのに、棚に並べていて死亡するという
ケースがままある。お客さんがチェックした際に、運悪く壊れてしまうのだ。自らの
運命を悟り、静かにその動きを止めるのである。なんともかわいそうな気がするし、
どうにかして引き取ってもらいたいと思うのだけど、なかなかうまくいかないのだ。

かつて憧れていたカメラが数千円で買えるのは魅力的。楽しさをうまく伝えられると
いいのだけど、実際はかなり奥の深い世界。積極的に勧められないのが残念である。
ジャンクボディ_b0016600_22464736.jpg

AB (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-04 22:47 | 東山動植物園

相性

特に狙っているわけではないけど、最近カリフォルニアアシカと相性が良いらしい。
先日の上野、千葉に続いて、東山でも撮影することができた。寝ていることが多い、
というイメージもあるけど、立ち寄るとたいてい何かしているのでカメラを向ける。

実はこれけっこう多い。飼育されている園が多いほど、そういう傾向が強まるという
見方もあるが、ある時期集中的に撮れる動物というのが確実に存在すると思うのだ。
何とも不思議な感覚なのだけど。逆に、苦手なコアラはいつになっても撮れない(笑)
相性_b0016600_2339377.jpg

AB (30D/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-03 23:39 | 東山動植物園

争奪戦

遅番勤務。店に入ったら電話が鳴り響いていた。HPに中古在庫情報を載せていて、
これの更新が昼頃に行われる。人気の高い品物が出ると、問い合わせ電話が多い 。
キヤノンのフィッシュアイ15mmの中古が4万円ちょいで出ていて、取った電話が
ちょうどそれについての問い合わせ。状態を説明して商談成立 、通信販売の処理を
行って次に取った電話がまた同じレンズの問い合わせだった 。広角レンズは人気が
高くて、特にAPS-Cサイズのカメラでもワイド感を楽しめる品物は、開店してから
数時間で売れてしまうケースが大半である。買ったユーザーがなかなか手放さない、
つまり出てくる頻度が少ないことも、争奪戦になる理由である。すでに売れている、
と告げたときのお客さんのガッカリした声を聞くと、何とも申し訳ない気分になる。

とはいえ、こればかりはどうすることも出来ないのも事実。狙った獲物は、確実に。
争奪戦_b0016600_2345548.jpg

AB (1D MarkⅡ/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-03-02 23:45 | 東山動植物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama