<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カピバラが苦手

コアラと並び、カピバラは写真を撮るのが苦手だ。画面のサイズと顔の寸法の比率が
おそらく合わないのだろう、どうしても構図がキマらないのである。で、たいていは
横顔を狙うことになる。正面からだと、のっぺりして表情がなくなってしまうのだ。

上野は意外と近くにいることが多く、カピバラが比較的撮りやすい。しかも、女性の
大きな人気を集めているので、いつも女の子が眺めているか、楽しそうに友達や彼と
笑っているのだ。トラなどを撮っているときは神経を研ぎ澄ませて、ファインダーを
睨み付けてチャンスをうかがっているのだが、カピバラの場合はどうも勝手が違う。
これは理由がよく解らないのだが、会話が耳に入ってしまうのだ。好き勝手なことを
話しているのだけど、それがどうにも面白い。しかも、何を言われても、カピバラは
飄々としてるか、もしゃもしゃ草を食べているかである。こっちのペースに持ち込む
ことがなかなか難しいのだ。いつの間にか、何となく写真撮っておしまい。ううむ。
カピバラが苦手_b0016600_2234227.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-01-21 22:34 | 上野動物園

久々の千葉

千葉市動物公園で写真を撮ってきました。なんと、昨年は3月に一度訪問しただけ。
これは動物園で写真を撮り始めた2003年よりも少なく、過去最低でした。行こうと
考えていたことは何度もあったけれど、片道2時間かかるので、ちょっと寝坊すると
多摩とか上野に変更することが多かったです。で、気付いてみたら一回だけでした。

モノレールで動物公園駅に着いたら、フクロテナガザルの歌声が聞こえてきました。
さすがにこれは間に合わないだろうと思うも、ついつい早歩きになります。ようやく
運動場に辿り着くもタイムアウト。いきなりタイミングがズレてのスタートでした。
それからゴリラやレッサーパンダを眺めつつ、しばらくしたら・・・再び雄叫びが。
機材を持ち、走ってフクロテナガザルのところに戻ります。なんとか間に合ったけど
今度は息切れして写真どころではなく、呼吸を整えていたら終了!あまりに悔しくて
そのまま粘ることにしました。で、なんとか押さえたけれど、ちょっと残念でした。

でもここは、なんだかんだいっても写真が撮りやすいですね。帰る前に一周しようと
てくてく歩いていたら、ラマとかヤクとか、久々の動物たちが撮らせてくれました。
千葉はかつてのホームグラウンド。今年はもうちょい、マジメに行くことにしよう。
久々の千葉_b0016600_220582.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2010-01-20 22:00 | 千葉市動物公園

いよいよ

先日もちらっと書いたが、いよいよ本日よりグループ写真展が始まる。働いている
中古カメラ店スタッフ24人が、一定のスペースにそれぞれ自由に写真を並べた 。
被写体も全く異なるし、額やマットなど展示の方法も違う。バラバラなようだが、
最初は好きにやってみるのが一番面白いと思う。そのなかで、統一性をだんだんと
持たせていくと、よりいっそうの発展に繋がるだろう。これで終わらず続けたい。

で、写真は6点出品した。最初この話が来たときは、特大一点モノでいこうとほぼ
決めていたが、結局はいつものようにワイド四切になった。トラ、ゴリラ、カバ、
ハシビロコウ、バーバリーシープ、シンリンオオカミ。いずれも、これまでに掲載
したことがある。いつも小さな写真でご覧いただいているが、これを大きくすると
どうなるか、楽しんでもらえたらと思う。けど、お客さん来てくれるかな・・・。
いよいよ_b0016600_1041993.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-01-19 10:04 | 上野動物園

上野にて

写真展の撤収を終えたあと、上野動物園に向かった。土曜日だから混雑していると
思っていたけど、意外にもお客さんは少なめだった。といっても、人気のゾウとか
ホッキョクグマ、カピバラあたりは眺めている人がいて、すんなりカメラを構える
ことができなかったけど 。D3を実戦で使うのは2度目だが、やはり楽しいのだ 。
このカメラはAFなんだけれど、クルマで言うMT操作をしっかりとできるカメラ。
ATしか運転できない人はMTがアウトだけど、逆のケースはどちらも可能である。
これをきちんと実行できる強みがある、と思う。加えて、ピントが合わせやすい。
狙った位置にきっちりと合わせられるのは最大の武器だ。1DMKⅡはここの部分に
若干不満がある。それと、露出の正確さにも驚いた。下手な補正は必要ないのだ。

撮影していてどこか懐かしい感覚があるのは、おそらくこれまで一番長い間使って
いたキヤノンNewF-1の操作感に近いからだろう。このカメラはとても持ちやすく
シャッターのラグ、フィーリングも好みであった。これに似ている。ダイヤルが、
キヤノンと逆なのは慣れるしかないけど。とはいえ、これは非常に困ってしまう。
このカメラとEF600/4Lの組み合わせで撮れないだろうか。無限は必要ないから、
それぞれのマウント部をぶった切って付けてくれる工場を探してみようか・・・。
上野にて_b0016600_1029040.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-01-18 10:29 | 上野動物園

終了

武蔵小杉での写真展が16日で終了した 。お店のスタッフから「好評でしたよ!」と
声を掛けていただいたので、それなりにお客さんも来てくれたようだ。設置していた
ノートには、前回同様いくつかのメッセージが書き残されていた。子どもたちの字と
思われるかわいらしい書き込みもあり、今回も楽しい思い出が増えた。ありがとう。

戦時中にスマトラ島でトラを射殺したことがあり、供養のために来場してくださった
というお客様もいらした。新聞記事をご覧下さったのだと思う。お役に立てたのかは
解らないけれど、足を運んでくださるきっかけになった。やってよかったと感じた。
終了_b0016600_23541832.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-01-17 23:54 | 多摩動物公園

予定いっぱい

いっぱいといっても3つだけど。朝から充実した1日でした。ネタもいろいろ 。
でも、ちゃんとすべて覚えていられるかなぁ。時間ないので取りあえずこれを。
予定いっぱい_b0016600_7552477.jpg

AB+ (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-01-16 23:58 | 上野動物園

懐かしいメーカー

シグマ、タムロン、トキナーといえば、レンズ専門メーカーとして知られた存在だ。
今でこそ3つに絞られているが 、80年代にはこうしたレンズだけを製造・販売する
会社が多かった。サン、ソリゴール、マキノン、オオサワ、キロン、テフノンなど、
規模は小さいながらもそれぞれ個性的なレンズがあり、カメラ雑誌の広告を見るのが
なかなか楽しかったのだ。当時はズームレンズが大きな人気を博していて、シグマは
レンズにズームカッパーとかズームイオタとか、それぞれ名称を与えていたほどだ。
特定の2つの焦点距離だけをもつダブルフォーカスは、サンの製品。確か28/35と
85/135があったと記憶している。通信販売だけ、という扱いだったマキノンには、
当時としては珍しかった300mmf4があった。中学生だったので買えず、片っ端から
カタログを請求して集めたものだ。こういうレンズが棚に並んでいると、ジャンクと
いうことを忘れて触ってしまうことがある。作りもイマイチなんだけど、懐かしい。
まぁ当然マトモな状態ではなく、クモリやカビがあったりするのだが、機能面だけで
判断すればまだまだ使えるレベルだ。これがなんと525円。当然、よく売れている。
懐かしいメーカー_b0016600_22571868.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-01-15 22:57 | 多摩動物公園

買い得レンズ

キヤノンが新しい70-200mmf2.8Lを発表した。「ようやく」という感想を抱いた
カメラマンもきっと多いだろう。旧型のデキがイマイチだったことが大きな理由だ。
デジタルで使うならf4のほうがよいという評価がほぼ定着していたし、なにせよく
クモるレンズだった。しかも、そうなるとISユニットごと交換する必要があるので
修理代が3万かかる。というわけで、イメージがあまり良くなかった。リリースを
見た限りでは期待できそうなので、発売後のお客さんの話に注目したいところだ。

で、それとは全く関係ないのだが、以前にもちらっと書いた望遠ズームの話である。
ニコンとキヤノンが出している、400mmまでの望遠ズームだ。前に書いたときは、
キヤノン100-400/4.5-5.6ISの中古がかなり安い、というケースを取り上げた。
実際、このレンズの買い得感はまだ続いている。新品が184,800円なのに対して、
中古の最上位ランクでも126,000円なのだ。ケースや元箱はないが、これは相当に
安いと思う。なので、出てくるとすぐ売れてしまう。この現象はニコンでもそうで、
80-400VR/4.5-5.6Dは新品が189,800円、中古だと110,250円なのである。
値落ち率はキヤノンを上回っているのだ。まぁこれには当然理由があるのだけれど、
ここまで中古が安くなるというのは、狙っているユーザーにとって嬉しい話である。
買い得レンズ_b0016600_153041.jpg

(D3/FD500mmf4.5L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2010-01-14 01:06 | 多摩動物公園

さくらや閉店

現在はベスト電器の傘下に入っているさくらやが、2月28日をもって全店舗閉店、
という発表があった。カメラのさくらやとして新宿東口にはたくさん店舗があって、
元気なイメージがあったのだが、ここ最近は寂しい雰囲気が漂っていた。比例して、
品揃えも物足りない印象が拭えなかったように思う。さくらやといえば、中学からの
学生写真生活を助けてくれた店だ。もともとはヨドバシに行っていたのだが、店頭で
カメラをいろいろ触っていて店員に怒られたことがあり、それが原因で遠ざかった。
それでさくらやを使うようになったのだが、子供にも親切に応対してくれた思い出が
強く残っている。お年玉を握りしめてシグマの28mmf2.8を買ったり、平成4年に
復活してEOS-1の新品を購入したのもさくらやだった。ほかにもアクセサリーや、
三脚などたくさん買った記憶がある。DPのスピード化をいち早く取り入れたのは、
さくらやだ。コニカの100年プリントを使用した1時間仕上げは、当時の仲間内で
現像出しの列ができるほどの人気だった。待っている間は、東口本店の5階にあった
「チェリー」という喫茶店で過ごす。ここは居心地がよく、行くと必ず誰かがいて、
ほとんど毎日のように通ったものだった。騒いでマスターにも毎日怒られていたが。

ベスト電器によれば、今回の閉店は事業再構築の一環による。再建のメドが立たず、
相当に厳しい状況だったらしい。前のカメラ店が倒産し、近隣のお店に挨拶に伺った
際に、「カメラを電気屋で売るようになっておかしくなった」と店主が話していた。
その電気屋に吸収され、言葉は悪いが敢えなく潰されてしまったことになる。残念。
さくらや閉店_b0016600_10114033.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-01-13 10:12 | 多摩動物公園

温度差

寝たら治る、そう思っていたのだが。起きたら悪化していた。加えて鼻も影響され、
どうもイマイチな感じ。そして、2週間くらい前から同僚に指摘されていたのだが、
右眼の調子がすこぶる悪い。見るとハッキリわかるほど赤いのだ。で、晴れている。
特に何かしたわけでもないのだけど、嫌でもそれを実感せざるを得なくなったのだ。

外は雨が降っていた。写真を撮りに行く気は満々だったけど、この状態だと集中して
ファインダーを覗けないだろうと判断、中止することにした。雑事がいろいろ溜まり
困っていたこともあるが・・・。そんなわけで、免許の更新をした。近くの警察署で
受け付けてもらえるのはこういう時に助かる。手続き自体はは試験場と全く同じで、
今後はまず読むことのないだろう本を、手数料という名目で買ってきた。初の優良に
なったので、講習もユルい感じ。とはいえ、対応する職員もダラダラした雰囲気で、
これは今の時勢を思うとあまりに現実味がないように思った。会計の女性はなんと、
仕事しなければいけない場所に座りながら、紙パックのジュースを飲んでいたのだ。
周囲は誰も、それについて注意もない。民間の企業では、そんな場所でそんなことを
したらまず間違いなく怒られるだろう。ちょっと信じがたい風景だった。ほどなく、
新しい免許をもらって帰ってきたのだが、免許証のシステムにも様々な変更があって
なかなか興味深い。写真を見ると確かに右眼が腫れている。ある意味記念になった。
温度差_b0016600_17412760.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-01-12 17:41 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama