<   2009年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ジャンクでもライカ

先日夕方、ジャンク店のカウンターに高値のカメラが並んだ。ジャンクといえども、
3万とか4万とかいう値段が付けられている。うち4台がライカだった。なるほど、
と納得のいくものではあったが、それにしても。3台の1万500円と、4万2千円。
このうち一番高額だった4万2千円の品物は、M3だったかな。レンズとメーターも
くっついていたので、見た目はかなりカッコ良かった。とはいえ、ジャンクである。
あとはあまりよく知らないのだが、イタリア製だというレクタフレックス、そして、
昔日本で作られていたニッカ、あと何だったか、FOCAとかイコンタなどがあった。

これまた驚くことに、ライカは比較的すぐに売れてしまった。ほとんど毎日店に来る
常連のお客さんでも、ほとんどの人が見ることすらできなかったほど。おそらくは、
修理して転売するのだろう。それにしても、どこに価値を見出すのか不思議なのだ。
カメラの状態を調べて瞬間的に数字を弾き出すわけだから、それはそれで感心する。
残ったカメラのうち、レクタフレックスとFOCAはかなり珍しいらしい。お客さんの
注目度は抜群であった。触りながらいろいろ話しているのを聞いていると、修理には
3万くらいかかるという。完治させるのには6万円が必要だ。さすがにこうなると、
おいそれとは買ってもらえない。それにしても、お客さんよく知ってるよね・・・。

写真はもちろんアキラくん。しばらく続けようと思っています。来年はトラ年だし。
ジャンクでもライカ_b0016600_1012468.jpg

AB (1D MarkⅡ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-03 10:01 | かみね動物園

レンズ落とした

かみね動物園にはいつも通り、カメラを2台持って行った。サブカメラでは状況と
作例を撮影するので、広角と望遠のズームを付け替えることがしばしばであった。
トラ舎の前にはベンチがあって、付け替えたレンズを置いていたのだが、ある時に
ぽんと置いた望遠レンズが転がり始めた。あっという間もなくて、そのまま落下。
ゴンッという鈍い音がした。すぐに拾い上げたが、鏡筒に目立つキズ。ところが、
動作には全く問題がなかったのでホッと一安心だった。でふと地面を見てみると。

そう、ボディに付けようとしていた広角も転がっていたのだ。慌てたのでそのまま
落としたらしい。こっちは小さいので、落下のショックも大きいだろう。おそらく
タダでは済まないと思っていたが、案の定。無限域で合焦しなくなってしまった。
もともとジャンク店に出ていたのを買ったので、レンズにクモリがある。けれど。
落としたのは持ち主のミスであり、このレンズには何も罪がない。そして、何度か
使っているうちに愛着が出てきたのも事実。実際よく写るし、画角が好みだった。
広角で動物園撮ってみようと思うきっかけになったレンズ。なので修理に出した。

ジャンクに回ってくるのだから、修理代を引けば買い取り相場はマイナスになる。
購入のきっかけはたまたまそうだったけど、関係ができたのでまだ使ってみたい。
なんかアホだなと思うけど、そういう奴がいてもいいだろう。早く帰ってこいよ。
レンズ落とした_b0016600_158188.jpg

AB+ (1D MarkⅡ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-02 01:58 | かみね動物園

モデル

撮影会の下見も兼ねて、かみね動物園に出掛けてきました。朝から雨が降っていて、
これはひょっとしたらお客さんいないかも・・・なんて思っていたのですが、どうも
ほぼ的中してしまったらしく、ほとんど貸し切り状態でした。予想していたのは雨の
シチュエーションでしたが、これがすっかり上がってしまったのがちょい残念です。

久々の対面となったアキラくん。どんよりした、しかし涼しい陽気に何か思うことが
あったのでしょうか、歩きながらずっと吠えてました。少なめのお客さんが何事かと
やってくるケースも多く、眺めてビックリ。隣にいるライオンも釣られてか、夫婦で
大合唱をし始める場面も。こうなるともう怖いとかすごいとか、いいもの見たとか、
様々な感想を話していたっけ。で、トラのところから動けなくなってしまいました。

このアキラくんが、撮影会のモデルさんなのです。99年生まれのオス。元気そうで、
ホッと一安心でした。それにしてもカッコ良かったなぁ。当日も、頼みますよ〜 (笑)
モデル_b0016600_9432040.jpg

AB (30D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-01 09:43 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama