<   2009年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

高崎にて

全国20都市で開催されているフジフィルム「PHOTO IS」。東京などの大都市では
とっくに終わっているのだが、まだきちんと続いているのだ。最後の開催場所は、
群馬県の高崎。11月13日から25日まで、場所は富士フォトギャラリー高崎だ。
ここにも写真を出しているので 、いつもと同じ「東京都-た」のところに貼られて
いると通知が届いた。といって、見に行くことは間違いなくできないだろうけど。

高崎というと思い出のある場所だ。初めて女の子とマトモなデートをしたところ。
卒業して最初に入った会社の研修で同じグループになった。まぁ意見が合わない。
ことごとく対立していたが、お互いそれを面白がっているところがあったようで、
研修の最後に連絡先を聞かれた。それがきっかけで遊びに行くことになったのだ。
それ以後も何度か長電話したことがあったが、彼女の職場の環境があまり良くなく
耐えられなくて辞めてしまった。それで何となく、音信不通になった記憶がある。

さて、今日は休日。幕張行って錦糸町寄って渋谷でのイベントに参加。忙しい〜。
高崎にて_b0016600_9563071.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2009-10-21 09:57 | 多摩動物公園

好きな場所

上野東園の奥まったところに位置する猛禽舎。その一番奥のケージに張り付くことが
最近多くなっている。とても小さいのだが、中にはフォトジェニックなモデルさんが
佇んでいるのだ。ダルマワシである。ところが、暗い。もうとてつもなく暗いので、
ブレとの戦いになる。手ブレ補正を装備しているレンズを使ったとしても、なかなか
しんどい撮影になるのだ。そんなレンズは持ってないけど(笑)加えて、手前のほうに
やってきてくれないと撮れないので、一見簡単そうなシチュエーションでありながら
狙ってみるとその逆だ。でもここ、とてもいい雰囲気。なので何度も寄ってしまう。
好きな場所_b0016600_801290.jpg

AB (kissD X/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-20 08:00 | 上野動物園

甦るカメラ

昭和時代のカメラで驚くことがある。それは、甦ることだ。査定時にも起きるが、
使わないで長期間も放置されているカメラは、ほぼ間違いなく拗ねている。電池を
入れても全く動かない。仕方ないので、それに対応する評価をすることになるが、
査定のためそのまましばらく置いておくと、動き始めることがある。ジャンク品に
なるのが嫌だから、かもしれない。これをうまく買えればラッキーといえるのだ。

若いお客さんが棚を熱心に眺めていた。カメラとレンズを手に取って、悩んでいる
様子である。ジャンク品の説明を行い、動作のテストをすることになった。外観は
かなりキレイなので、ファインダーにカビが生えているかメーター不良だろうな、
などと思っていた。電池を入れて動かそうとしたが、まったくの無反応。とはいえ
シャッターは問題なく全速切れるため、気にしなければ十分使えるレベルだった。

そんなこんなでカメラをカウンターに起いて、お客さんとちょっと話していたら。
メーターが動き出したのである。これにはビックリしたけど、お客さんは喜んだ。
こうして。ジャンクとして出されたカメラとレンズが、第二の人生を出発させた。
甦るカメラ_b0016600_803356.jpg

AB (1D MarkⅡ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-19 08:01 | かみね動物園

コスモス撮影

mixiのオフ会で、立川・昭和記念公園に行ってきました。なんと!コスモス撮影会。

花を撮るという目的で出掛けるのは6年ぶりになります 。この日は無料開放日でして
最寄りの西立川駅も大混雑でした。約20名が参加。10時半に集合、その後入園し 、
13時半まで自由に撮影。終了後はみんなで雑談という流れです。日頃は大きな望遠の
レンズを使っていますが、今回は広角・標準レンズが大活躍。いつもと違い、視野が
広大に感じられて実に新鮮な気分でした。なんだかんだと狙うところが多く、結局は
172カット撮影。動物園で撮るよりも、圧倒的に多かったですね。こういう撮影だと
kissデジタルが最適。軽快な気分でシャッターを押せます。レンズはジャンク品を。
どこまで通用するかのテストも兼ねていました。結果は、やはりそれなりでした(笑)
でも見られるカットもいくつかあり、しかもふんわりと柔らかな雰囲気を出せたので
概ね満足できました。自由撮影時間のあとは参加した皆さんの写真をモニター越しに
見ながら、自己紹介など雑談タイム。面白い狙いかたがあって、勉強になりました。
解散後も園内に残り、夕暮れのコスモスを眺めつつのんびりと。良い休日でしたよ。

ここまで書いたけど、写真はオランウータンです(笑)横目使って、何見てるのかな。
コスモス撮影_b0016600_22472936.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2009-10-18 22:51 | 多摩動物公園

覆面レスラー

上野西園で鳥を撮るのが久々なので、いろいろ見て回った。カンムリサケビドリは
元気にしているかなと思って寄ってみたら、相変わらずのんびりムード。さっそく
カメラを覗いてみたけど、すぐに目を外してしまった。話にならなかったからだ。

晴天だったので、当然檻に光が反射する。バックに選んだ場所はボケているのだが
そこに反射した檻が写り込んでいた。動きながら微調整するも、状況は変わらず。
さてどうしたものかと考えて、1つだけ問題をクリアーする場所があるのを発見。
それは、掲示されている案内ボードの隙間だった。僅かだが抜ける位置があって、
レンズを向けると背景の写り込みがなくなるではないか!でも、ちょっとズレると
とたんに今度は看板が画面に入ってしまう。ギリギリの攻防だった。場所が決まり
あとはモデルが上を向いてくれるのを待つだけ。で、こうなりました。ちょうど、
日差しが入り込んだタイミング。ちょっとハイキーな雰囲気になりました。これを
見ていると、覆面を被ったレスラーをイメージします。スポッと取れそう・・・。
覆面レスラー_b0016600_226562.jpg

AB (kissD X/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-18 02:27 | 上野動物園

物忘れ

ちょっと真面目に考えないといけない問題を抱えてしまった。物忘れがひどいのだ。
以前伝えられた話しをすっかり忘れているので、会話がうまく成立しないことがあり
理解するまでに、思い出さなくてはならない。で、タイムラグが生じるので温度差が
発生してしまうのだ。加えて。これはどういうわけか昔からそうなのだが、よく話を
聞く相手(女性なんですね、つまり)がたいてい記憶力が抜群に良かったりするため、
すこぶるバツが悪いのだ。聞いた話をすっかり忘れてる、というのは確実にいかん。

これは何とかしないとエラいことになりそうだが、記憶力の低下はどんどん進みつつ
あるように感じる。著名人の話をしていても名前がパッと出てこない。途中までは、
なんとか話にもついていけるのだが、しどろもどろだ。このままではマズいよなぁ。
物忘れ_b0016600_864842.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2009-10-17 08:07 | 多摩動物公園

EXILE

かなり久々に、インドガンを狙うことにした。3羽いたのでどれかは撮れるだろうと
完全に甘く見ていた。いざカメラを構えたものの、ちょこちょこ動くのでしんどい。
レンズを振り回し止める、を繰り返すけれど、今度はピント合わせが追いつかない。
だんだんと集中力が途切れてくる。そのうち、若いカップルがやってきた。女の子が
笑っている。「エグザイルみたい〜!」だって。最初は何のことか全く解らなくて、
調子狂うな〜と考えていたのだが、後からきた別のカップルも、女の子が同じ発言を
していたのでビックリした。まぁ 、EXILEの名前くらいは一応知ってはいるのだが、
どんな人たちなのか、が全くわからない。検索して写真も見てみたけど、なぜこれが
エグザイルなのか、いまだに判明していないのだ。黒ラインが誰かの髪型なのかな。
EXILE_b0016600_7275183.jpg

AB (kissD X/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-16 07:28 | 上野動物園

心奪われる

最近、ジャンク品のレンズにすっかり心奪われている。種類がとにかく豊富なので、
店でああだこうだと眺めているのが面白いのだ。カメラはまだしも、レンズのほうは
順光時ならマトモに使える品物も多いので、いくつか買って使ってみる。独特の緩い
描写はなかなか味があり、試したらすぐ手放すつもりがなかなかできずにいるのだ。

そんな理由で、広角や標準のレンズを使って被写体をじっくり狙ってみたくなった。
花とか風景とかスナップとか。完全に離れてからけっこうな年月が経過しているけど
気分転換になるかもしれない。もちろん動物園にも持っていくし、これまでとは違う
雰囲気のショットを撮れるといいけど。その前に、増えた機材の手入れを考えよう。

多摩のサバンナで、遠くにいるキリンを眺めていた。近くにやってくる気配がなく、
諦めて移動しようとしたら。ダチョウが近くにいることに気付いた。でも、あんまり
積極的に撮ろうという気にならなかったのでそのまま観察。バックはまぁいいかもと
感じてはいたので、何かしたら撮るかくらいの考えだった。そうしたら。上目遣いに
視線を向けてきたのだ。これはラッキー。即座にレンズを向けシャッターを押した。
心奪われる_b0016600_171490.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2009-10-15 01:07 | 多摩動物公園

バックショット

いつも正面というか顔の表情を狙っているのだが、たまに後ろ姿をふと狙ってみる。
多摩のサバンナに小高い場所があって、そこに小さなキリンが立っていた。ちょっと
不安げな、でも少し気持ちよさそうな表情を浮かべて。はじめはあちこち顔の向きを
変えていたので、キャッチライトが入らないかとカメラを覗いていた。しばらくして
後ろを向いてしまったのだが、耳の角度と角のふんわりした様子が妙にツボに嵌り、
シャッターを押してみた。もともと別館に載せるつもりだったけど、何故かここに。

理由は解らないのだが、ときどきこのような写真を気に入ることがある。不思議だ。
バックショット_b0016600_3562957.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2009-10-14 03:56 | 多摩動物公園

表紙になった

そういえば、ここに書こうと思ってすっかり忘れてた。横浜市動物園友の会発行の、
「ZOOよこはま」という会報誌の表紙に、写真が採用されました。ちょうど70号。
前に浜松市動物園の冊子で表紙になったことがあるので、それから5年振りですね。
きっかけは4月に出演したテレビ番組の2次会でした。素敵な出会いに感謝します。

でも最近、ズーラシアのトラをあまり撮っていない気がする。狙ってはいるけれど。
表紙になった_b0016600_024867.jpg


Zooよこはま
by keiji_takayama | 2009-10-13 00:24 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama