<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

上目遣い

天王寺のメガネグマは、よく動いています。2頭のうち大きいほうは、堂々とした
足取りで歩いているのです。たいていはそこを狙うことになるのですが、顔の向き
によりいろいろな表情を見つけることができるのです。例えば立ったり座ったりと、
撮影するこちら側が体勢を変えるのも面白いでしょう。そんなわけで、出掛けると
たいていは時間を費やす場所になります。今回はやや上目遣い。何見てるのかなあ。

家の前を通るクルマがジャリジャリ音を立てています。外は真っ白になりました。
よりによって土曜に雪とは。こんな日は絶対に動物園に行きたい。いつもとは違う
景色や動きが楽しめると思います。しかも雪が降っている今日は、絵的にも素敵な
シーンが満載ではないかな。あ〜、行ける人羨ましい。悔しいので2回目更新(笑)
上目遣い_b0016600_9425114.jpg

(20D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2006-01-21 09:43 | 天王寺動物園

潜む

あっそうだ、カモシカ撮ろう。そう思って立ち寄ってみたけど、一頭が遠くで
座っている以外はどこにも見えません。これではさすがに狙えないなぁと思い、
その場を離れようとしました。ふと手前のほうの芝生に目をやると、不思議な
違和感があったのです。いるはずのないところにそれがいる、という感覚かな。
ファインダーを覗いてみたら、やっぱりいました。闇に潜んで様子を見ている、
そんな雰囲気を感じたのですが、これまた意外に距離があります。仕方ないので
ダブルテレコン。何とか大きく狙えました。目つきがちょっと怖いですね・・・。
でも、顔を上げたら優しい視線の持ち主でした。随分と表情が異なるものですね。
潜む_b0016600_0571411.jpg

潜む_b0016600_0572645.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-01-21 00:58 | 井の頭自然文化園

青空と黄色い嘴

気付かないうちに、かなり久々の登場になってしまったオオワシ。そういえば
ここ最近はカメラを向けていませんでした。この時もほぼ素通り状態でしたが、
ふと青空が目に入り、引き返して撮影したものです。位置的にはやや見上げの
状態でしたので、一脚を前の方に置きつつカメラを手前に大きく傾けています。
この時に呼吸を止めないとブレる可能性が高まるので、意外にしんどいのです。
運良くカッコいいままの姿勢を保ってくれたので、押さえることができました。
青い空と黄色い嘴、そして崖のような羽毛。やっぱり猛禽は絵になりますね。
青空と黄色い嘴_b0016600_04381.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-20 00:04 | 東武動物公園

うとうと

ピョンピョンと飛び跳ねながら、近付いてきたカンガルー。金網越しとはいえ、
かなり近い距離で見ることができます。目の前にやってくるかなと思ったけど、
直前になってピタッと立ち止まってしまいました。様子を見てたら、ウトウト。
暖かい場所に差し掛かって、一気に眠くなってしまったかのようでした。この後
寝転がり、ホントに寝てしまったのです。何とも不思議なシーンだったのですが、
思えば電車の中でも、こういう人っていますよね。人の事は言えないけど・・・。

昨日今日と、千葉市動物公園に出掛けてきました。気合い入れたものの、思った
ような成果は上がらずちょっと残念。寒さがモロに身に染みた休日になりました。
うとうと_b0016600_1825296.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-19 18:25 | 東武動物公園

確率1/42

年頭にも紹介した、ホワイトタイガーのリュウくんです。東武一の人気者。
開園とほぼ同時に入園、数分後には到着していたのですが、寝てました。
そこで4カット撮影し、夕方になって再び訪れてみました。今度は元気に
歩き回っていたので、そこで38カット、合計42カットを撮影しています。
ここは角にあたる部分から狙うと、歩いてくる正面から撮影できるのですが、
なぜかリュウくんの視線は右側に向けられることが多いのです。距離が近く
なってくると首まで横を向いてしまいます。ではどの位置なら正面のままか。
そんなことを考えながら撮っていたのですが、結局撮れたのは1カットのみ。
しかも、ガラスがキレイでないところから抜いたため、ちょっと残念でした。
確率1/42_b0016600_10333152.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2006-01-18 10:34 | 東武動物公園

開けて・・・ください!

羽繕いをするフラミンゴは、基本的に目を瞑っていることが多いです。これは
人間にもある意味当て嵌まるケースがありますね。さすがにそれでは困るので、
「目を開けろ!」と心の中では大声で叫んでいます。でも、命令したってダメ。
そんなわけで、「開けて!」になり、「開けてください」に代わり、最後には
「開けてくれませんか、お願いです」になるわけです。似たCMもありますね。
すると、何度目かではその声が届くように、パッと目を開く瞬間があるのです。
そこで待ってましたとシャッターを切ります。このタイミングが時々だけど、
こちらの叫びとピタリ合うことがあります。全くの偶然にすぎないはずなのに、
妙に嬉しくなるんですよね。そんなことも、フラミンゴ撮影にハマる理由かも。
タテ位置では首の形状の面白さを、ヨコ位置では妖艶な雰囲気を狙いました。
開けて・・・ください!_b0016600_0353871.jpg

開けて・・・ください!_b0016600_0352641.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-17 00:36 | 上野動物園

上野の主役

上野パンダ、リンリン。ここに来ると、やっぱり外せないですね。でも日中は
寝ていることが多いので、立ち寄るのはいつも閉園間際です。ちょうどお食事
が用意されることもあり、嬉しそうに食べる姿をお客さんも楽しんでいます。
この日はなかなか元気がよく、動き回っていました。観察するには見やすく、
スペースも確保されているのですが、写真を撮ろうとするとかなり暗いです。
昨年あたりからストロボ撮影が許可されたこともあり、あちこちでフラッシュ
が焚かれています。でも一番の強敵は、ビデオカメラのセンサーライトですね。
これはリンリンの顔に直接当たることが多く、画面に赤や緑の点が写り込んで
しまうのです。目に直接照射されているケースは、これまで見ていないけど。
撮影の最大のチャンスは、中央付近にある台に登ってくれたとき。お願いして
いると、ちゃんとやってくれるんです。そして、こんな顔を見せてくれます。
とはいえ、シャッター速度は1/30。止めるのは殆ど賭けのような状態でして。
上野の主役_b0016600_9461229.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-16 09:46 | 上野動物園

いいものあるかな

しばらく鳥の写真が続いたので、ちょっと休憩。風太くん、高みの見物中です。
涼しいながらもいい天気の日など、「どうしてるかなぁ〜」と考えたりします。
以前にも紹介したけど、最近は運動場の中央にある小屋の上に登り、寝ていたり
こうして遠くを眺めていたりするのです。眠そうな顔していることが多いけど。
でも表情を見ると、「なんか面白いものないかなぁ」と思案しているようにも。

先週は井の頭自然文化園に出掛けてきたのですが、到着は午後二時。チャンスは
あまりなく、散歩感覚で楽しんできました。分園にも初めて立ち寄ってみたので、
撮影していた時間はそれぞれ1時間ほど。ちょっとトホホな展開ではありました。
鳥写真が続いていることもあるけど、ここでも面白い鳥との出会いが・・・(笑)
いいものあるかな_b0016600_9503947.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-15 09:51 | 千葉市動物公園

髭男爵

アカショウビンの隣にいたのは、ヒゲゴシキドリ。この日は何とかしてこれを
撮影しよう、というのが最大の目標でした。室内はさほど大きいとはいえず、
苦戦は必至の状態ですが、「ここに来てくれればいいな」という場所を決め、
狙いを定めることにしました。ゴシキドリの名前は「五色鳥」を指すそうで、
頭や首に様々な色があることに由来しています。でも、やっぱり目立つのは
嘴の下のほうから伸びているヒゲ。これが愛嬌のある姿を演出しています。

いよいよ撮影開始。でもなかなか狙っている場所にはやってきてくれません。
そうかと思うと、隣ではみなさん何かにカメラを向けて、お尻を突き出して
熱心に撮影しています。何だろうと思いひょいと見たのが、アカショウビン。
それが昨日の写真です。目線を戻すと、あの位置にゴシキドリが!でも遅し。
その後一時間以上粘って、ようやく撮れたカットです。シャッターも遅く、
ブレとの戦いでもありましたが、何とか撮れました。ちよっと得意気でしょ。
髭男爵_b0016600_9463333.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-14 09:47 | 上野動物園

ついつい・・・。

どこかで見たぞ、という人もいるかもしれませんね。アカショウビン。漢字で
書くと赤翡翠です。鳥たちを集めたバードハウスというスペースで会えます。
手前のほうで休んでいることが多く狙いやすいのですが、やっぱり暗いです。
しかも、この時使用していたレンズの最短撮影距離は3m。皆さんが近付いて
写真を撮ろうとしているなか、一人だけ離れてカメラを構えるという非常識な
撮影をすることになりました。真っ赤な嘴、刺すような視線がカッコいいです。
でもホントは、アカショウビンの隣にいる鳥がメインターゲットのはずでした。
これを撮っていて少ないチャンスを逃してしまい、その後1時間も粘る羽目に。
ついつい・・・。_b0016600_035250.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-01-13 00:35 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama