カテゴリ:金沢動物園( 204 )

バーラル撮れた

てくてく歩いて、スーチョワンバーラルのところに到着した。
動物園のHPによると、バーラルは、中国名で「岩羊」という。
標高3,000m以上の、起伏の激しい山岳地帯に生息しているそうだ。
運動場はこの生活環境に合わせ、岩場のようなつくりになっている。
スペースも比較的広く、バーラルが個々に点在しているのだ。
オスとメスを交代制で出している。この日はオスの出番だった。

岩場の上のほうにバーラルがいると、素通しで眺めることができる。
ところが、下でのんびりしていると、檻が手前に立ちはだかるのだ。
この日はどうしたことか、バーラルの大半が下で横になっていた。
寝ているわけではないし、目元もパッチリしている。
表情としては悪くないので、檻がとてつもなく残念だった。
1度は躊躇ったのだが、せっかく来たのだからとレンズを向けてみる。
陽は差し込んでいなかったが、檻の色が銀のため反射していた。
いい位置にいて狙う大きさも悪くない。しかし、コントラストは低い。
レンズが古いので、これは致し方ないところだ。
とりあえず撮ろうとしたけど、今度は左右に不要なものが入っている。

向かって左側には別のバーラルの体の一部が、右側には岩があった。
これをどうにかして避けよう。そう試み、構図を作って撮ってみる。
タテ位置にしたら、なんとか収まった。
ひとまずこれで押さえにはなったが、もちろん満足はできない。
しばらく様子を見ることにして待っていた。
やがて、バーラルが体勢を変えた。少し位置が高くなる。よっしゃ。
これが最初で最後のチャンス。そう思って、構図をヨコにした。
角をできるだけ大きく入れるためだ。昔からそうなのだが、こういう
大きなタイミングでは相乗効果が起きることがある。なんというか、
人間くさい表情を得た。AFならいとも簡単に撮れてしまいそうだが、
これはピントもマニュアル。こういう時には、やり遂げた感がある 。
バーラル撮れた_b0016600_744224.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-23 07:44 | 金沢動物園

久しぶりの姿

アメリカプロングホーンは、金沢動物園を代表する動物の1つだ。
国内では唯一の個体となる。名前は「ブッチ」さんである。
ここしばらく、なかなかその姿を撮影する機会に恵まれなかった。
過去の記事を見てみると、最後に掲載したのは2014年12月。
しかも、ネタがなくて全身の写真を苦し紛れに載せていた。
ここから2年以上。何回か金沢動物園には出かけているのだが、
屋外と室内の出入りを自由にさせていることもあり、運動場での
様子を見られないでいた。そして今回も、そうだと思っていた。

プロングホーンのいる「アメリカ区」には、坂道を上っていく。
これの中腹くらいにスペースが開けていて、そこで見られるのだ。
とはいえ、これまでのこともあるので「今日もダメだろう」と、
半分以上は諦めていた。それが長く続いていることもあるのだが、
姿を拝むことができればラッキー、くらいに考えていたのである。
そして、視界に入ったプロングホーンのところ。おや。。。あれ。。。!
まさにそんな感じだった。なんと、以前見たままのように、静かに
佇んでいたのだった。元気に動いていたり、走ったりはしないけど、
そこにいてくれたことがなんだか嬉しかったのである。もうかなりの
長生きだし、そこそこ弱ってきてもいるようだけど、いつものように
そこで姿を見られることが有り難く感じた。特に何かをしたわけでは
ないのだけど、こうして撮れて良かった。目線もしっかりしている。
のんびりしていたが、1度あくびをした。それだけでもう満足だった。

撮らせてもらったお礼を伝え、ぐるっと回ってオオツノヒツジを見に
移動した。俯瞰するとプロングホーンの運動場が見える。少しして、
ふと目を向けると姿が消え、室内のほうに移動している最中だった。

今回はとてもいいタイミングだったようだ。早く行くといいことがある。
久しぶりの姿_b0016600_8132646.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-19 08:13 | 金沢動物園

金沢の撮影メモ

金沢動物園で撮った写真を見返してみました。サブとして使っていた
E-M5には、12-40mm、35-100mm、100-300mmの3本を、その場の
状況に応じ付け替えていましたが、メインのE-M1には400mmだけ。
ここ最近は、こういうスタイルが定着しています。軽いのは楽ですね。

さて、E-M1で撮影した写真の内訳は下記のようなものでした。

キリン(9)
アメリカプロングホーン(27)
シロイワヤギ(3)
アメリカバク(4)
インドガウル(121)
インドゾウ(6)
スーチョワンバーラル(60)
ホンシュウジカ(55)
オオカンガルー(50)

ガウルが圧倒的に多かったですね。まぁこれはいつものパターン。
イメージ通りにいかないことが多くて、ついついカットが増えます。
キリンはもうちょっとたくさん撮りたかったのだけど、最初に寄った時に
少し撮影しただけでした。サブ機でそこそこシャッターを押してるけど、
あとでまた来て撮ろうと思ったら、その「あと」がなかったわけです。
ホンシュウジカが意外というか、思っていたよりたくさん撮ってました。
最近はあまり撮ることもなかったのだけど、久々にカメラを向けてみたら
表情が面白かったですね。あそうそう、プロングホーンも久しぶりです。
カンガルーはとても見やすくなり、眺めてしまうことが増えました。
今回はけっこう、時間をかけて狙うことが多かったように感じています。

写真は最後に撮ったオオカンガルー。ここはとても楽しく変わりました。
夕方近くなると、カンガルーがスペースを飛び回ります。それを見ていた
ミニカンガルー。真似して「ぴょん、ぴょん」言いながら跳ねてました。
柔らかい表情ですが、口元に草を銜えてるところはおっさんのイメージ。
金沢の撮影メモ_b0016600_7362763.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-17 07:36 | 金沢動物園

スタンプ獲得大作戦

休日だったので、横浜市立金沢動物園に行ってきました。
とりあえず、会員証のスタンプを増やすことも目的の1つです。
ズーラシアにしようかと思ったのですが、そういえば日曜日。
混雑が予想できたので、それを避ける意味もあり金沢にしました。
天気予報では数年に1度の寒波が来ているらしく、さすがに朝から
寒さを感じました。でも、道路は大きな混雑もなく助かりました。

駐車場にクルマを停めると、隣にポルシェカイエンがやってきました。
中から出てきたのは家族4人。お子さんは2人とも女の子です。
小学生くらいでしょうか、動物園を楽しみにしている様子でした。
歩いている時にも一緒になったのですが、「広くていいね〜」とか、
「森の中にいるみたい ! 」と喜んでいる様子。ワクワクしている
気持ちがこちらにも伝わってきました。楽しんでもらえたかな。

園内は午後から家族連れで賑わいました。さすがは日曜日です。
子どもたちの発言に耳を傾けてみたら、いろいろと楽しめました。
「カンガルーはポッケがあるから、ドラエもんみたい」など、
女の子の観察が興味深かったですね。みんな元気いっぱいでした。

カメラはオリンパスと、今年初使用になったNewFD400mmです。
サブと合わせて500コマくらい撮りました。13時くらいから陽が
隠れてしまい、より寒さを感じることに。レンズの重さには一脚が
悲鳴を上げて、撮影時にズルズル下がってくる始末。何度も位置を
直さなければならず、ちょっと困った撮影でした。人気ナンバー1は
インドゾウです。よく動き、見事なパフォーマンスも見せてくれました。
横一列に並んで、たくさんのお客さんが釘付け。大盛り上がりです。

写真はそんなワンシーン。牙の下側と付け根を見たのは初めてでした。
スタンプ獲得大作戦_b0016600_815715.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-16 08:15 | 金沢動物園

最終紅葉

本日から3連休になりました。
初日の今日は、取材に行ってきました。店のブログです。
これが年内最後の記事になります。またしても超広角ズームでした。
今年は、これまでのフォトライフで紅葉を撮った回数が最多でした。
レンズのテストという理由があったにせよ、様々な風景を楽しめて、
なおかつ初めて行くところも多く、とても充実していたと思います。
もともと写真を撮るのは好きだし、撮ったあとより、その正に瞬間を
最も楽しいタイミングだと感じていますので、建前上は休日返上でも
こっちの方がむしろ楽しんでいた、というのが正しいところです。

そんなわけで、最後の取材場所は代々木公園でした。
学生の頃は、ここでよく昼寝したり、雑誌の取材の撮影などを横から
撮ったりしていましたが、ゆっくり園内を歩いたのは初めてでした。
紅葉は見頃を過ぎていたけれど、歩きながらのんびりスナップ撮影を
楽しむことができました。風景撮影というのではなく、あくまでも
スナップが主体です。今年撮った紅葉の写真は、ジャンルで分けると
風景ではなくスナップになるのではないかと。ハイキングしながら、
或いは公園を歩きながら、気付いたところを気軽に撮っていくのです。
これはある意味では風景ではなく、その場のスナップといえるでしょう。

それが公園だったり、渓谷だったりしたわけです。
この面白さを知ったので、来年もハイキングや公園でのスナップ撮影を
続けていこうと考えています。行きたいところも増えてきました。
最終紅葉_b0016600_964252.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-12-12 23:50 | 金沢動物園

眼痛

明後日からは3連休。
年内の記事作成はあと1つ残っているけど、ようやく動物園に行けそうだ。

しかし、目が痛いのだ。
スマホとパソコンを眺めている時間が多いのもあるが、どうも調子が悪い。
来年はちょっと、こういう懸案をすべて片付けないといけないなぁ。
眼痛_b0016600_2315280.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-12-10 23:02 | 金沢動物園

今年買ったカメラ

今年は、けっこういろいろな機材を購入した年だった。
去年までの数年間はこれといった進捗がなかったし、一気に爆発した感じである。

・オリンパスOM-D E-M1
・オリンバスE-PL5
・フジX-T1
・キヤノンEOS1D X

このあたりは、今年買ってまだ残しているカメラ。ソニーだけ手放した。
さりげなく大活躍しているのが、E-PL5である。
店の連載ブログで、取材したカメラやレンズをその場所で撮っているのだが、
それの撮影を一手に引き受けているのがこのカメラと14-42mmなのだ。
きちんとこちらの要求に応えてくれるし、とても使いやすいので重宝している。

動物園にあまり行かなくなったので、宝の持ち腐れと化しているのが1DXだろう。
7Dもそろそろ買い替えようかと思いつつあるので、来年は期待したいのだけど。

今年けっこう買いすぎたので、来年はおとなしく。。。しているつもり(笑)
今年買ったカメラ_b0016600_21401383.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-12-09 23:53 | 金沢動物園

記事更新

毎度毎度ですが、店のレビュー記事が更新されました。
今回は、Nikon 70-200mmF2.8FL ED VRです。
ロケは掛川花鳥園でした。
少しずつここにも載せていたので、気付いた方もいらっしゃると思います。
よかったら、よくなくてもご覧ください。
こちらから。
記事更新_b0016600_22273492.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-11-30 23:00 | 金沢動物園

25mm買い替え

最近、50mm画角がとても好きだ。

人間の眼に近いと言われ、「標準」という言葉を与えられている。
被写体に近寄れば望遠風、離れれば広角風に狙えるのも楽しい。
自らが動けば、自在に構図を作れるのがとても面白いと感じる。
動物園専用と考えているキヤノンでは、このあたりのレンズを
揃える必要はない。ただ、風景にも使うミラーレスだと、これが
とても必要になってくる。フジX-T1を導入した際には、初めて
使うレンズを35mmにした。135換算では50mmだ。

これと同様で、動物園と風景を撮る際に使うオリンパスには、
換算50mmとなる25mmが必要であると思っていた。
で、それに応じてパナソニックの25mmf1.4を持っていたのだが、
オリンパスが出した25mmf1.2PROにほぼ一目惚れしてしまった。
そしてついに、パナソニックを下取りに出して購入した。
カメラに装着すると、大きくてとてもカッコいいと思う。
ここ最近はあまり「自分の写真」を撮る機会が減っているのだが、
風景のメインとして使っていきたいと思う。試すのはもうちょっと
先になりそうだけど、ブログのネタにもなるし、いい買い物だった。
25mm買い替え_b0016600_21505561.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-11-25 23:39 | 金沢動物園

ボツ編

天気予報通り、起きたらけっこうな雨音が聞こえていた。
ユーシン渓谷に昨日行ってきたのは正しい判断だったのだと思う。
そして、今日もまた別のレンズテスト、取材を予定していた。
雨が強くて完全にヤル気は失われつつあったが、雨ということで
おそらくはさほどの混雑はしないだろうという前向きな予想のもと、
水族館に向かったのだった。ところが、これが完全に失敗となった。

電車に乗っていてTwitterを眺めていると、目的地からのTweetが
流れてきた。本日開園しているという内容だ。ここまではよかった。
問題はその次。「本日は団体様が多数いらっしゃる予定です」という
情報が載っていた。雨なので、室内で楽しめる水族館に集中して
しまったのだろうか。現地に到着して、それは最悪の状況であった。
夥しい数の子供たちが、園内を埋め尽くしていたのである。
やっといなくなったと思って撮影を始めると、次の団体が競うように
やってくる、そんな感じだった。これではもう落ち着いて見られない。

インフォメーションのかたによると、午後にはおそらく空くだろうと
いうことだったが、それまで保たなかった。嫌気が差してやる気も
失せてしまい、早々に撤収することにした。まぁ理由はそれだけでは
なくて、テストするレンズの被写体として、水族館が全く適さないと
いうことがハッキリしたことも大きかったのだが。とまあそんなわけで
再撮影になってしまった。雨は、これは雨男なので仕方がないと思う。

ただ、スケジュールがまたズレてしまった。テストも楽ではないのだ。
ボツ編_b0016600_21175669.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-11-11 19:56 | 金沢動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama