カテゴリ:ズーラシア( 277 )

模様なし

リカオンのところにやってきたら、いきなり近くに来て水を飲み始めた。
ちょっと慌てて、とりあえずピントを合わせてシャッターを切ってみた。

ひとまずどうにかなったのはよかったけど、模様がなかった。
さすがにこれは残念だ。
リカオンの体の模様は、できることなら見せて構図を作りたいものだ。

課題はまだまだ多いのである。
b0016600_2293091.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-02 22:09 | ズーラシア | Comments(0)

キリンと木

キリンが木に顔を近づけると、木が1本増えたような気がした。

遠くから狙っていたこともあるが、これが意外なほど面白かったのだ。
そこで、何度か撮ってみた。背景が緑なので、ちょうどよかった。

AFのような確実性はないが、ちゃんと撮れると嬉しくなる。
そして、当たり前のことができなかった頃を思い出す。
b0016600_0481770.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-01 23:52 | ズーラシア | Comments(0)

動かず

サイはじっとしていた。
聞くところによると、けこう長い時間動いていなかったらしい。
ぐるっと回ってどこか取れる場所はないかと探っていたが、なんとか。
それにしても、カッコいい。

おとなしくしていたけど、発するオーラは見事だった。
b0016600_037266.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-05-31 23:50 | ズーラシア | Comments(0)

横になろう

ライオンはいい位置にいてくれたのだけど、檻に光が当たっていた。
画面にその影響が出るのは解ってはいたが、狙わずにはいられなかった。
しばらく何かしてくれないかと期待していたけど、さすがに厳しそうだ。
キャッチライトも薄かった。顔の角度を変えてくれないと、どうにもならない。

そんなことを考えながら、ファインダーを睨み付けていた。
画面の下にある雑草が顔にかかってしまうのも気に入らない。
とはいえ、そんなこと言ってられるような余裕もない。
ブログに載せられそうなら、何としてでもカットを増やす必要がある。
やがて、同じポーズに退屈したのか、ごろんと横になってしまった。

横になるタイミングで顔が斜めになる。その瞬間を狙ってみた。
写真的にはいろいろ注文をつけたいけれど、ほぼ狙い通りになった。
寝転がる瞬間、何が視界に入っていたのだろう。ちょっと興味深い。
b0016600_20111598.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-05-30 20:11 | ズーラシア | Comments(0)

アンバランス

割と近いところにいてくれたケープハイラックス。
よくよく眺めてみると、どうも何かイタズラを企んでいるような。。。
ちょっと不敵な笑みを浮かべている、そう取ることもできそうです。

しかし、両手はきちんと揃えて、置かれています。
これはなかなか育ちが良い証拠。親がきちんと躾けたのでしょうか。
このアンバランスさが面白いですね。
b0016600_1364511.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-05-29 22:33 | ズーラシア | Comments(0)

ご馳走は手の中に

ホッキョクグマはなかなかいいタイミングでした。
ちょうどお食事の時間が近くて、わかっているのか活発に動いていました。
暑かったこともあり、プールにドブン。
子ども達のびっくりする顔が、ホッキョクグマの後ろに確認できます。

しかし、これを画面に入れるわけにはいきません。
なんとかカットするような構図を作り、撮ってみました。
フルサイズ換算画角は400mmです。
いつもの感覚で言うとちょっと物足りないのですが、全身を入れたほうが何となく
しっくり来るような気がしました。最近超望遠を使っていないので、こちらのほうに
慣れてしまったのかもしれません。それにしても、タクマーはよく写るレンズです。
b0016600_1211427.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-05-28 23:57 | ズーラシア | Comments(0)

久々動物園

久々の動物園は、ズーラシアでした。

開園前のタイミングで着いたのですが、駐車場にはクルマがいっぱい。
しかも、次から次にやってくる状態で、ちょっと驚いてしまいました。
そんなわけなので、入園ゲート前は大行列。しかも、暑かったですね。
「横浜市動物園友の会」会員継続手続きもできました。ホッと一安心。

そんなわけで、園内も大賑わいでした。しかも、とても暑かった。
動物は、意外と活発に動き回っていましたね。写真も撮れました。
いい悪いは別として、しばらくは写真を載せることができそうです。
しかし、トラが全く撮れなかったのは残念でした。また行かないと。

カメラはオリンパスでしたが、レンズはペンタックスのタクマー。
去年買って1度使ったままになっていたので、これも久々の出動。
こういう古いレンズには過酷なほどのピーカンでしたが、そこそこ
頑張ってくれたように思います。ピント合わせは厳しかったけど。

これでようやく本来の姿を取り戻せそうですが、何日続くかな。
b0016600_21383687.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-05-27 21:39 | ズーラシア | Comments(0)

2017年初ツアー

2017年の初ツアー。筑波山梅林と印旛沼に行ってきました。
お客様は22名です。横浜の集合場所を午前9時に出発しました。

まずは筑波山梅林。21日の下見時には5分咲きだったのですが、
それが7分咲きになり見頃を迎えていました。梅まつりも開催され、
イベントも始まっています。花の量が明らかに増えていましたが、
人の数も多くて、なかなか好みのシチュエーションにはなりません。
見返り縁台は工事中ということで、立ち入りが禁止されていました。
それでも、たくさんの梅の木と花に囲まれ、楽しく回れました。
時間は多めに2時間取りましたが、花が想像以上に咲いていたので、
時間ギリギリまでお客様と歩いていました。天気予報では雨という
ことでしたが、昨日の時点では曇り。確かにどんよりしていたけど、
途中からは晴れ間も広がりました。花の色合いや風景がよい、という
声もいくつかいただいています。また行きたくなるところでした。

筑波山梅林を出てバスに揺られ、続いての目的地は印旛沼です。
下見のときと同じく、佐倉ふるさと広場で撮ることにしました。
しかし、空にはたくさん雲が広がってしまいました。隙間からは
陽の光がちょっとだけ見えるけれど、さすがに厳しい状況です。
ただ、風は幸いにも強くなく、モーターボートの音もしません。
とはいえ、なかなかチャンスには恵まれませんでした。しかし、
日没直前になって光が沼に入り込みました。見事なオレンジの
筋が通り、カモが休む姿を照らし出しています。これはなかなか
幻想的なシーンでした。しかし、あまりにも遠かったのが残念。
その後は大きな変化もなく、日没を迎えて終了となりました。

下見の時には富士山が見えたわけで、これはあまりいい結果とは
言えません。しかしこの印旛沼、とても魅力的なところでした。
いくつか良いポイントがあるようですし、また行ってみたいです。

帰りは高速もスイスイでした。ちょっと遅れましたが、ツアーも
2017年になりました。次は再び東北へ、動物を撮りに行きます。
b0016600_7372574.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-28 07:37 | ズーラシア | Comments(0)
ズーラシア密着。サブで使っていたE-M5は下記のような結果でした。

アカカワイノシシ(12)
キリン(10)
シマウマ(1)
エランド(5)
チンパンジー(3)
ヤマアラシ(5)
オカピ(1)
カピバラ(2)
セスジキノボリカンガルー(86)
ホッキョクグマ(31)
インドゾウ(19)

セスジキノボリカンガルーがよく動いていました。久しぶりに見たので
いろいろ撮りまくってしまい、突出したコマ数になっています。しかし
こちらにはズームを装着していたので、すべて別館に載せる予定です。
ホッキョクグマはだらだらと、歩いているところでシャッター切った、
そんな感じでした。インドゾウは、もしもストックがなかったとしたら
こっちに載せていたかもしれませんね。写りはこっちの方が良いです。

インパクトの点でこの写真を載せることにしました。古いレンズだし、
逆光、半逆光のシーンでは露骨に性能不足が出ます。草を食べていて、
目をぎゅっと瞑ったところを撮ったのですが、なんとなくニコニコして
いるような気がします。結局、最後までそれを捨てられませんでした。
「おばあちゃんの笑顔」を連想したのです。口元のクシャもポイント。
b0016600_22241745.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-02 22:24 | ズーラシア | Comments(0)
昨日撮影したズーラシアの写真。いつものように、データの密着を。
E-M1のデータを調べてみたら、このような動物を撮っていました。

エランド(1)
シマウマ(8)
エランド(6)
シマウマ(7)
キリン(1)
エランド(19)
シマウマ(2)
ミーアキャット(7)
クロサイ(1)
モウコノロバ(12)
セスジキノボリカンガルー(17)
カンガルー(8)
フンボルトペンギン(2)
インドゾウ(46)
ケープハイラックス(10)
チーター(35)
ミーアキャット(1)

エランドをどうしても撮りたかった、という気持ちが出ていますね。
とりあえずは載せられたので良かったけど、ちょっと物足りない気も
しますので、また狙いたいです。ちなみに、前回の記事で載せたのは
19コマ撮ったときのものでした。モウコノロバも、なんとかしたいと
考えているのですが、どうしてもうまくいきません。今回も厳しい。
セスジキノボリカンガルーは微妙です。インドゾウは最初、サブ機の
E-M5で撮っていましたが、こちらに変えて撮影。いいシーンだけど
1000mmでは大きすぎました。チーターはガラス超し。無謀だと理解
した上で敢えて撮ってみましたが、予想通りの展開。全ボツでした。

写真はケープハイラックス。下からひょっと出ている枝が残念です。
b0016600_7343876.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-02 07:34 | ズーラシア | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama