カテゴリ:こども動物自然公園( 58 )

新旧比較 EF100-400mm

EF100-400mmといえば、キヤノンを代表する望遠ズームの1つである。
これまでのモデルは98年の発売だったので、かなり長い間モデルチェンジが
噂され、かつユーザーの期待を集めていた。それがようやく、昨年になって
新型が発売された。当たり前の話だが、待ち望んでいた人が多かったので、
かなりの人気を集めている。ようやくこれが落ち着いてきたら、今度はこの
初期型の中古が人気を集めているようだ。これを検証してみようと思う。

ちなみに、新型に変わったとはいうものの、旧型も新品はまだ売られている。
直進式のズームで、光学系では400mmf5.6Lと同じスーパーUDレンズと、
蛍石が採用された。手ブレ補正は2段分。さすがにこれは、古さを否めない。
しかし、新品価格は19万9000円。ちなみにII型は26万2440円である。
継続販売といっても、元が高いのでそこそこの価格は当然保たれているのだ。
一方のII型。手ブレ補正は4段分になり、最短撮影距離は0.98mになった。
16年も経過してのモデルチェンジなので、それに相応しい変更だと感じる。

さて、では中古相場はどうなっているのだろう。
初代の方は当然ながら、かなり安くなった。画質にさほど拘りを持たない、
または多少柔らかい描写が好みならば、まだまだ十分に活躍するはずだ。
新品同様のAランクだと10万440円、並品ではなんと、9万7200円。
10万円の壁をいよいよ下回ってきた。新品との価格差が大きくなって、
これはもう中古で買ったほうが間違いなく買い得な状況なのである。
一方のII型はAランクが23万40円、並品は22万7880円だ。
こちらのほうも、発売されてさほど時間が経過していない割には安い。
おいそれと出せる金額ではないが、新品と3万の差があるのは魅力である。

まだ先の話になるが、引き写真用にまたしても導入するかもしれない。
とはいえ、いま使っているルミックス100-300mmは捨て難いけど。
撮りたいイメージが決まっていれば、使いたい機材も固定されるのだ。
新旧比較 EF100-400mm_b0016600_20561386.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-03-15 20:56 | こども動物自然公園

まだまだ頑張るFDレンズ

もともと好きでけっこう気にしているが、最近めっきり減ってしまった。
キヤノンFDの超望遠レンズである。いったいどこに行ってしまったのか。
他の中古カメラ店にはあるのかもしれないが、ほとんど見なくなった。
なぜ気にしているかというと、安ければ手に入れたいからである。

もう程度の良いものがあまり出なくなっているのだが、相場をみると

NewFD300mmf2.8L→¥86,400
NewFD400mmf2.8L→¥156,600
NewFD500mmf4.5L→¥91,800
NewFD800mmf5.6L→¥118,800

まずまずの価格を維持しているのに驚く。しかも、やや高値傾向だ。

これらのシリーズ、発売されたのはすべて1981(昭和56)年である。
このほかに600mmf4.5があるのだが、これはシリーズで唯一、Lという
称号が与えられなかった。低分散ガラスのUDが採用されていないからだ。

動物園撮影では、オリンパスOM-D E-M5に400mmと500mmを装着して
撮影することがメインである。この上にEF600mmが君臨しているわけだ。
これを、各動物園の広さや条件によって使い分けている。それとは別に、
引き写真用としてバナソニック100-300mmf4-5.6を使っている。
なかなかに少数精鋭のシステムだ。このうち500mmは気に入っていて、
初めて手にした昭和60年の秋以来、現在使っているのが3代目になる。
ただ、いつダメになるか解らないので、予備というか雨の日用にもう1つ
持っていたいというのが本音だ。程度は拘らず、安ければ安いほどよい。
しかし、そういう物件のほうが出てきにくい。オークションなどで売られて
しまうことも多いだろう。変に拘りを持って撮影しているので、こういう
ときに苦労する。まあ、全国的にみても、こういう超望遠にアダプターを
付けて撮っている、なんていう物好きは、ほとんどいないと思うけれど。
まだまだ頑張るFDレンズ_b0016600_22391348.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-03-10 22:37 | こども動物自然公園

プレ撮りゲーム

下見のときと撮影会当日と、こども動物自然公園には2度行った。
それまで思っていた以上に、とても撮りやすいと感じた。
過去、この動物園では300mm+2倍テレコン、500mmなどを使って
撮影したとことがある。あとは、100-400mmズームくらいだろうか。
使っていたカメラはAPS-Cとマイクロフォーサーズ。
つまりは、超望遠でしか撮影したことがなかった、というわけだ。
それが今回は、だいたい400mmを上限とする程度の画角で狙った。
下見のときはDf+80-400mm、当日がE-M1+40-150mm+テレコン。
なので、これまでより広い視野のなかを見ていた、ということになる。

先日の千葉でもそうだが、視野が広いということは気付くものが多い。
特にプレーリードッグは楽しかった。
あちこちに穴が開いているのだが、ここからひょこひょこと顔を出す。
これがまるで、もぐらたたきゲームのようだった。
というか、もう完全にゲーム感覚で撮影していたのだと思う。
どこから顔が出てくるか、そのタイミングを見計らってピントを合わせて
シャッターを切る。出てくる顔の角度によって、表情も変わるのだ。
これが簡単なようでなかなか難しく、つまりはそれだけ楽しめた。

それまで、ここの動物園は写真を撮りにくいというイメージがあった。
それが今回の2度の訪問で、完全に逆転した。
多摩、千葉などと同様、楽しみながら写真を撮れる動物園だと思う。
都内からだと多少距離があるけど、年に数回は行くべきところであろう。

肩の力というか、気合いを抜いてのんびりゆっくり。小型カメラが似合う。
プレ撮りゲーム_b0016600_22351290.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-03-08 22:35 | こども動物自然公園

CとSの話

といっても、CanonとSonyの話ではない。

この場合のCはContemporary、SはSportsを意味する。
最新のシグマのレンズは、これにArtを加えた3つのコンセプトにもとづき、
開発されている。使用目的に応じたレンズの選択が具体的に提示されるので、
これはとても解りやすいシステムだと思う。これまではそのモデルにおいて、
同一の焦点距離を持ちつつコンセプトの異なるタイプというのはなかったが、
昨年発売されたS150-600mmF5.6-6.3 DG OS HSMを追う形で、もうすぐ
C150-600mmF5.6-6.3 DG OS HSMというレンズが発売されるのだ。

ではここで、CとSのコンセプトを挙げてみよう。
C→高度な光学性能を維持しながら軽量・小型も実現。幅広いシーンに対応。
S→ハイレベルな性能と表現能力を備えて、動きの速い被写体も捉えられる。

この2つのコンセプトの違いが、レンズスペックを比較すると伝わってくる。
キヤノンEFレンズの代名詞ともいえる、蛍石と同等の性能を発揮するという
FLDガラスをSには2枚、Cには1枚採用している。ほかにもSLDガラスを
それぞれ3枚使用しており、光の波長(色)によって屈折率が異なることから
生じる、色の滲みやズレを補正している。ということで、どちらもよく写る、
という点では同じようだ。ただし重さはCが1,930g、Sのほうは2,860G。
Sのほうがどっしりしているようである。フィルター径もSのほうが大きい。
最短撮影距離はC2.8m、S2.6mとほぼ同じ。決定的に異なるのは、Sだけが
防塵防滴仕様になっているという点だ。これは、撮影フィールドの違いによる
ものだろう。Sのほうが、ハードな使用にも耐えうるということだ。気になる
価格だが、3月4日現在でCが11万6640円、Sは19万7700円である。
その差はけっこう大きく、8万円を超える。動物園撮影にはCのほうが向いて
いるようにも思えるが、Sの安定感とFLD2枚の写りはとても気になるところ。

さて、どっちを選んだら楽しいのだろう。試せる機会があるといいのだけど。

写真は本文とは全く違うイメージ、のんびり寛ぐコアラ。全身狙いで正解 ?
CとSの話_b0016600_211394.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-03-04 21:02 | こども動物自然公園

キヤノン計画

ふと気付いたら、キヤノンEOS7Dがずいぶんと安くなってきた。
新型との交換も一段落ついたし、一時期かなり多かった流通量も安定して、
まあまあの良品も6万円前後で購入できるようになっている。
撮影には絶対必要なバッテリーグリップは、5千円ほどで購入が可能だ。
この状況をみて、再びキヤノンを使ってみようと考えている。
昭和60年の秋からメインはキヤノンたったが、昨年これがついに崩れた。

春以降本格的に導入したマイクロフォーサーズばかり使っていたので、
すっかり出番がなくなってしまったのである。
といっても、レンズのほうはアダプターでキヤノンを使っているのだが。
EFレンズで手元にあるのは、600mmf4Lだけになった。
しかも、手ブレ補正の内蔵されていない初期のタイプである。
部品終了で修理ができないから、壊れたらもうおしまいだ。
使わずに放置して壊れたらシャレにならないので、定期的に動かしている。
それに使うため、唯一手元にあるのがkissデジタルXである。
以前は何台かキヤノンのボディを持っていたが、いろいろ入り用があったり
使わなくなったりして、すべて手放してしまった。で、何か適当なカメラを
そろそろ購入しようかと思っている。で、結局候補に上がるのは7Dだった。

以前所有していた頃はあまり好きではなかった。良く写りすぎるからだ。
作風に求めている柔らかさが、このカメラを使うとかなり損なわれてしまう。
「画質が良い」と言われる硬い写真はどうしても好きになれず、そういう
写真を眺めていると気持ち悪くなるのも変わっていない。とはいえ、高感度で
撮影することが多いため、それなりにマトモでないと困ってしまうのだ。
OM-D E-M5は、ピントさえ決まればかなり好みだ。これなら満足できる。
ローパスフィルターが残っている、というのがこのカメラを使っている理由だ。
求めているのは画質ではなく雰囲気。なので高画素は全く必要としていない。
とまあこんなような理由から、7Dで必要十分なのだ。

なかなか機会は少ないだろうが、また重いレンズを担いで撮ってみたい。
こういうほうが、性に合っている。
キヤノン計画_b0016600_2035996.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-03-03 20:35 | こども動物自然公園

悔しい休日

昨日は休みだった。それを象徴するかのように、冷たい雨が降っていた。
起きても、体調はあまり変わらなかったように思う。
しかし、以前から決まっている予定があった。
写真展を見に、鎌倉に行くことである。
先月行った際に話を伺ったので、最終日である1日に行くと決めていた。
休みを取った理由も、それだった。

なんとかそれだけは守りたかったのだが、どうしても体がそれに従わない。
鞭打って黙らせて、風呂に入って誤摩化したりもしたけれど。
着替えを済ませて出掛けようと玄関に座って靴を履き始めた。
ところが、片方を履き終えた時点で躊躇してしまう。
ここで、すべてが現実に戻ってしまった。ついに断念したのだ。
なんとも申し訳ないことになった。
予定では、写真展を見に行った帰りにズーラシアへ寄るつもりだった。
これもアウトである。とても残念だった。

そんなわけで、起きて何かする→寝るの繰り返しのような1日だった。
体調はかなり良くなったが、咳がまだ止まらない。
いや止まってはいるのだが、たまに出ると猛烈に喉が痛むのである。
気管支喘息の場合、風邪を引くと咳の誘発が高まるのだという。
毎日規則的な吸引を行っているが、確かに風邪のときは効果がなくなる。
とはいえ、睡眠時間がいつもより長かったためか、多少は回復した。
そして、ポストを開けたら2年間有効の新しい医療券が入っていた。
1月に申請をしたものだ。これで2年間、医療費の助成を受けられる。

たまには何もせず、本を読んでゆったり過ごす休日も必要なのだろう。
悔しい休日_b0016600_2353160.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-03-02 23:05 | こども動物自然公園

ヒルズの中心で叫ぶ

埼玉県こども動物公園のペンギン舎は、「動物園のペンギンのところ」という
従来のイメージを大きく覆す(いい意味で)場所だと思う。とにかく広いのだ。
名前を「ペンギンヒルズ」という。
そして、そこをフンボルトペンギンがひょこひょこと歩いている。
営巣場所も別にスペースが確保されているのだが、そこは地面が土である。
つまり、運が良ければ「土の上にいるペンギン」の姿を観察できるのだ。

これまで何度かこども動物自然公園には行っていたのだけど、ペンギンは
他園でも撮れるという理由から、ほとんど近付いたことがなかった。
これは大いなる失敗だったと思う。
今回の撮影ツアーにあたり、ロケハン時にはパンフレットの順番でほとんど
すべての動物を見て回った。そこで、とてつもなく面白いと知ったのである。
泳いでいたり、水をバックにしたり、という基本のカットはもちろん狙える。
それに加えて、新たなシチュエーションも楽しめる。長居確実の場所だった。

それでは、土の上にいるところを見られるかな・・・と思って、ヒルズの奥の
ほうに歩いて行った。すると、ちょうど丘の上にいるのを発見。これはと思い
しばし眺めていたら、いきなり両羽を広げて「ボエ〜ッ」と鳴き始めた。

ヒルズの中心で、何を叫んでいたのだろうか。

とにかく面白いシーンだった。しばらく撮影してその場を離れたのだが、
鳴き声はずっと聞こえていた。このシーンに出会えてラッキーだった。
ヒルズの中心で叫ぶ_b0016600_11401141.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-03-01 11:40 | こども動物自然公園

早退

なんとも情けない話なのだが、仕事を早退した。
どうにも体調が悪く、さすがに限界を感じたからである。
いまの職場で働き始めてもうすぐ丸8年になるが、早退したのは2度めだ。
前回は一昨年の春、尿管結石が再発してどうにもならなくなった。
そして今回は風邪のつもりでいるのだが、かなり状態が悪いようだ。

まず、全身の筋肉痛と頭痛。そして寒気がする。そして、咳。
なんとか16時までシフトを守ったが、そこでリタイアしてしまった。
帰ってからすぐ寝て、さきほど目が覚めた。
直筆でない文章を書くと全く感じないのだが、さすがにしんどいものがある。

明日は休みで、もともと予定していたことがあった。
ただ、このままだとそれも厳しいかもしれない。

ここまで悪化したのは、たぶん初めてではないかと思う。
早退_b0016600_22293245.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-02-28 22:31 | こども動物自然公園

ラストチャンス

本日は「動物園撮影 ぶらり楽しく撮影散歩」の第7回でした。
場所は、先日ロケハンをした埼玉県こども動物自然公園です。
集合は9時半でした。クルマで行くときはさほど苦労は感じませんが、
電車で2時間半というのはさすがに、しんどいものがありました。
お客様は少なめでしたので、全員一緒にパンフレット通り回ることに。
22日のロケハンの時と同様、なかなかのシャッターチャンスに恵まれ、
みなさんと楽しく撮影することができました。とはいえ、マヌルネコは
2度ともタイミングが合いませんでした。これはちよっと残念でしたね。
メインに考えていたカピバラ温泉はスタートから見ることができて、
目の前に展開するたくさんのシーンに、遠足の子どもたちも大喜び。
バシャバシャとよく動いていまして、シャッター音も盛んでした。

撮影会は予定通り、午後3時で解散となったのですが、どうしても
マヌルネコを諦めることができず、もう一度立ち寄ってみました。
すると・・・いたいた ! ! ちょっとふてぶてしさの残る表情でしたが、
とりあえず撮影することができました。そこで、せっかくの訪問なので
キリンを見て帰ろうと思い、場所を移動。しばし眺めて写真を撮って、
帰ることにしました。機材をしまって、立ち上がって歩き出したとき。
なんと、隣のシマウマがいい位置にやってきたのを発見してしまって。
西陽が当たり、なかなかのシチュエーションです。横顔の位置でしたが、
正面にいけば間違いなく、明暗のあるカットが撮れるでしょう。

さてどうするか。

答えは、「しまった機材をもう一度組み立てる」でした。
間に合わないと思ったので、その場でとりあえず横顔は押さえました。
しかし、距離が遠くて絵になりません。
ここで、イチかバチかで正面に回ろうと決断。急いでいるけどゆっくりと、
足音を立てずに回り込んで正面に立ち、数回シャッターを押せました。
当のシマウマは「 ? 」のような表情でしたが、ラストに大きなチャンスが
ありました。シマウマをこういう雰囲気で撮るのは、たぶん初めてです。
ラストチャンス_b0016600_19394849.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-02-27 19:40 | こども動物自然公園

視度相殺

ここでは何度か書いているのだが、視力がとても悪い。
健康診断では毎年「測定不可」という結果になる。
つまり、0.1以下ということだ。
こんな状態でよく写真を撮っていると思うのだが(しかもマニュアル)、
デジタルカメラにはたいてい、視度補正が内蔵されている。
加えて、別売りでの視度アタッチメントもあるので便利だ。
カメラに内蔵されている視度を−側いっぱいまで回し、なおかつ−4の
補正レンズと組み合わせて撮影していた。ところが、最近ビックリした。

仕事でカメラの査定を行ったり、店にある展示品でファインダーを覗くと
意外なほどに、内蔵だけで事足りるように感じるケースが増えてきた。
それどころか、−側いっぱいまで回さなくても、ハッキリと像を認識する
ポイントに到達するようになったのだ。そして、それより回すとボケる。

これはいったい、どういうことなのか。
つまりは、老眼が進んでいるのではないか、そう思わずにはいられない。
老眼の場合、視度補正は+の側に回す。
これまでは−だったのだが、ここに+の要素が入ってきて相殺された、
というのが最も妥当な結論だと思う。内蔵の補正だけでクリアーに感じる
ことができるのはたいへん喜ばしいのだが、さすがにこれは複雑なのだ。

明日は動物園での撮影ツアー。オリンパスに活躍してもらおう。
視度相殺_b0016600_20514987.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-02-26 20:51 | こども動物自然公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama