カテゴリ:かみね動物園( 216 )

コンビニ大戦争

住んでいるマンションは、商店街に面している。
そこそこの長さがありいろんなお店が並んでいるのだが、なかでも目立つのは
コンビニである。あと、お店以外では歯医者さんがやたら多いと感じている。

そのコンビニだが、遠い順に並べると、デイリーヤマザキ、ローソンストア、
セブンイレブン、ファミリーマート、ミニピアゴだった。よく利用したのは、
当然のように近いところで、ピアゴとファミマだった。これが昨年一変する。
なんと、マンションのほぼ真ん前にセブンイレブンがオープンした。
商店街では2軒目になるが、オーナーさんは2つとも同じらしい。
これができてからは、仕事から帰ってくるルートが完全に変わった。
遠回りしてファミアやピアゴに行くことが極端に少なくなったのである。
といっても、時にはそっちに寄ることもあるのだけど、以前と比べると最初は
ハッキリわかるほど客足が落ちていた。だが不思議なもので、1年経過すると
かつてほど閑散した雰囲気はなくなってきた。新しいセブンイレブンは確かに
近いので魅力的だ。24時間いつでも使えるATMもあるし、便利である。
ところがここは店内が狭い。それがネックだと思う。食べ物はおいしいけど。

とはいえ、セブンイレブンはやはり強い。そう感じていた。
ところが、つい最近。こんどはファミリーマートの2軒目がオープンした。
こちらもマンションのすぐ近くだ。右へ行くとセブンイレブン、左に行けば
ファミリーマート、というありがたいことになった。どちらも徒歩1分以内。
オープンしたばかりなので、ファミリーマートは大混雑だ。
もともとパチンコ店だったので、1Fは店舗、2Fはイートインになっている。
これがなかなか便利そうなのだ。
これで、またしても仕事帰りのルートがちょっと変わりつつある。
改札を出て左に行けばファミマ、右に行くとセブンイレブンということになる。
ぐるっと回ればそのまま帰れるし、片方がダメでも、もう片方がある。
というわけで、あとはローソンが建てば完璧である。どこかに出店しないかな。

帰り道の楽しみが、ちょっとだけ増した。写真は・・・マロンパン。
コンビニ大戦争_b0016600_7533652.jpg

(OM-D E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-08-01 07:53 | かみね動物園

ひまわりを撮りに

28日の話。ひまわりツアーの本番でした。
今年は出番が少なめで、2月以来2回目です。
お客様は29名。意外なほど多くのご参加をいただきました。
写真クラブの皆さんが、撮影会に選んでくださったことが大きかったです。
なんと10名様。団体割引でも適用したいくらいでした。
出発は8時でしたが、相鉄戦でトラブルがあり2人ほど到着が遅れました。
発車するタイミングが難しく、しばらく様子を見ることに。
遅れているお客様からは、添乗員に逐一連絡が入っていたようです。
それを断片的に聞いていましたが、「どうしても行きたい ! 頼むから待って ! 」
という心の叫びが聞こえてくるようで、どうしたものかと思案していました。
ドライバーさんからは、そろそろ出発しないと影響が大きくなるという旨を
伝えられたので、これは決断しないといけないな、そう思っていたらお客様が
到着されました。ホッとひと安心でしたが、出発はかなり遅くなりました。

とはいえ、大きな渋滞に巻き込まれることもなく、無事に明野着。
青空が広がらなかったのは残念でしたが、ひまわりは2日前に下見をした通り
とても元気な状態。皆さんそれぞれ、真剣だったり、楽しんだりしています。
当初の予定よりも、ひまわり撮影の時間を長めに取りました。
これは正解だったようです。いくつかの場所で様々なひまわりの姿を見つけ、
あれこれ構図を考えていると、時間はアッという間に過ぎてしまいます。

そのあとは昇仙峡に移動、仙娥滝周辺を散策しながら撮影しました。
ヤマユリやクワガタなど、ちょっと粋なゲスト被写体も見つかりまして、
こちらはやや短い時間でしたが、そこそこ撮影を楽しむ事ができました。

当初の遅れをいつの間にか取り戻し、最後は予定通りに現地を出発、
無事に戻ってきました。
お客様が皆さん時間に正確でしたので、とても助かりました。
久々でしたが、こうやって皆さんと話しながら撮影するのは楽しいものです。

次回は今のところ9月、これまた久々の宿泊ツアーです。下見行かなくちゃ。
ひまわりを撮りに_b0016600_7344580.jpg

(OM-D E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-07-31 07:34 | かみね動物園

ザリガニGO

子供の頃、趣味は生き物の飼育だった。
といっても、動物園に通っている皆さんのような知識はあまりない。
捕まえてきて、飼うのが好きだったのだと思う。
カタツムリが卵を産んだり、おたまじゃくしがみんないつのまにか姿を消して
しまったり。驚きの連続だった。残念ながら死んでしまったケースも多い。

なかでも、最もハマッたのはザリガニだった。
この頃は近所にも通称「どぶ川」がいくつもあって、そこにはたいてい
ザリガニが潜んでいた。学校から帰るとそのまま向かい、中に入っていた。
裸足なので、たまに足を切ったり、帰ったら足にヒルが吸い付いていて、
母に大目玉をくらったことも1度や2度ではない。今はザリガニというと
「釣り」になるようだけど、この頃はそんなまどろっこしいことは考えず、
どぶ川の中に入って手づかみでつかまえていた。何度もやっているから、
どこをどうすれば見つけることができて、つかまえられるか、については
子供なりに熟知していたと思う。毎回、大収穫といえるレベルだった。
たまに真っ赤な「大物」も含まれることがある。意気揚々と帰ってきた。

これがエスカレートしてくると、当時近所にあった遊園地に入り込み、
どぶ川の延長上にあたる場所で大量に捕ってくることもあった。
とにかく楽しかったのだが、いま思うと「つかまえる」ということが
最も面白かったのだと思う。なので、その後はおざなりになってしまった
こともあった。共食いすることを初めて知った時には、とても驚いた。
今にして思えば、無益な殺生をしてしまった。とても勉強になったけど。

いい年になりそんなことをすっかり忘れていたのだが、かみね動物園では
ザリガニ釣りができるコーナーが設けられていた。お子さん達が楽しく
糸を垂らしてザリガニを釣っている。なかには上手な子もいて、友達に
見せてあげていた。水はお世辞にもキレイとは言えないレベルだったが、
女の子もザリガニを掴み、笑顔を見せていたのがとても印象的だった。
東京だと、おそらくこうはいかない。でも、こっちのほうが好きだ。

本当はやってみようかと思ったのだが、没頭するのが怖くて遠慮した。
そんなこともあり、ポケモンGOには魅力をあまり感じないのである。
ザリガニGO_b0016600_959458.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-07-29 09:59 | かみね動物園

もう一度流行歌 後編

学校が休みの日曜日は、通っていた塾の授業もなかった。
そして、ほぼ1日中ラジオを聴いていた。ベストテン番組である。
目的は曲を聴くことと、ヒット曲を録音することだった。
当時は中学生、レコードをたくさん買うほど小遣いはもらっていない。
そんな状況で、とてもありがたいのがラジオ番組だったのである。

9:00-10:00 不二家歌謡ベストテン(ニッポン放送)
11:00-12:00 歌謡紅白ベストテン(文化放送)

まずはこの2つ。
不二家歌謡ベストテンは、ロイ・ジェームスの流暢な日本語が心地良かった。
イントロと曲紹介が被ることがさほど多くなかったという印象がある。
歌謡紅白ベストテンは、井上順とアシスタントの女性が進行していた。
男性と女性でランキングを分けて、その総合でベストテンが決まっていた。
この2つを聴いたあとは、テレビである。フジテレビのドレミファドンだ。
これのイントロクイズが大好きで、テレビの前で興奮しながら大声で回答し、
よく母に怒られたものだ。そしてこれは自慢だが、正解率はかなり高かった。
そして午後になる。

13:00-16:30 決定 ! 全日本歌謡選抜(文化放送)

これはもう最初から最後までずっと聴いていた。とても好きな番組だった。
最後の1時間でベストテンを発表するのだが、曲はいつもフルコーラス。
録音は必須だった。だが、たった1つだけ残念だったことがある。
それはイントロでパーソナリティがギリギリまでコメントを入れること。
これで曲が台無しになる感は否めなかったけど、耳を澄ませばイントロも
ちゃんと聴くことはできる。そう納得して、毎週欠かさず聴いていた。

前編のランキングに入った曲のうち、8曲は録音した思い出がある。
異邦人、大都会、さよなら、TOKIO、Sachiko、恋、秋止符、Wake Upだ。
今はもう改装されてなくなってしまった自分の部屋で、ストーブをつけて
聴いていた。中森明菜がゲストとして出演したとき、パーソナリティの
小川哲哉が「あきなちゃん」ではなくなぜか「あきなっちゃん」と呼んで
いたことを覚えている。とても懐かしい。そして楽しい子供時代の記憶。
もう一度流行歌 後編_b0016600_7275647.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-07-27 07:28 | かみね動物園

夏休みラジオ体操

子供の頃、夏休みに入ってまず最初にしたことはラジオ体操である。
7月21日から30日までの10日間、近くにある神社で行われていた。
スタートは6時半だったから、その時点で早起きをしなければならない。

眠かったかどうかは覚えていないが、受付でスタンプを押してもらう。
階段を上ると目の前がパッと開けた。境内の厳かな雰囲気の中に入る。
軽やかな音楽が流れていた。人はあまりいなくて、それぞれ寛いでいる。
そう、なぜか不思議だが、いつもスタートよりけっこう早く着いていた。
理由はこの音楽が聞きたかったから、かもしれない。耳に心地良かった。
しばらくすると人が集まり始め、ラジオ番組の放送開始である。
「ラジオ体操の歌」を皆で歌い、第1、第2と続けて一気に体操をした。
第1は小学校などでも割とやっていたので馴染みがあるが、第2となると
そうそう行う機会がない。とても新鮮で、こちらのほうが好きだった。
いつもなら、そこまで終ると解散になる。ところが、たまに抽選会とか
アイスのおみやげなどが配られる事があった。これはワクワクものだ。

いつだったか、どうしてもスタンプ帳の「1」が取りたくて、いつもより
とても早く向かって見事獲得したことがあった。目的がハッキリすると
それに対して猛進するところは、今でもあまり変わっていないようだ。

中学に入っても参加していたように思うのだけど、高校に入った頃から
すっかり行かなくなってしまった。仕事帰りの夜に通りかかり、案内の
看板が立ててあると「ああ、もうそんな季節だな」と感じてはいたが。
このラジオ体操、今でもやっているのだろうか。
ネットのニュースを見ていたら、こうした所謂「夏の風物詩」が少なく
なっているという記事が載っていた。なくなってしまったのなら残念。

石の階段を上がって視界が明るくなり、そこに流れていたあの曲。
もう40年近く前のことなのに、今でもそこだけハッキリ覚えている。
歌詞の一節とメロディーを口ずさむこともできる。
あれはなんという曲だったのだろう。以前ネットで調べたこともあるが、
結局わからなかった。かつての思い出だが、それでも大切にしている。

写真はあくび中の雌ライオン。画面で撮りたい相手の姿が大きく変わる。
口を広げると顔がフレームアウトしてしまうからだ。切れるギリギリで、
シャッターオン。ちなみに、2回押した。確実性を重視したほうがよい。
夏休みラジオ体操_b0016600_645183.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-07-25 06:45 | かみね動物園
かみねの写真。結論から言ってしまうと、過去に例のないほどの豊作だった。
といっても、別館に載せることになるであろうカットが大半なのだけど。
入園して、いつものようにトラとライオンのところへ行った。
この時点で、運の良いことにトラが撮れた。ライオンはメスが2頭だけで、
目当てのオス(きぼうくん)は室内でやや不満そうに目を光らせていた。

撮影枚数は7Dが293カット。これでもまぁ多いほうではあるのだが、
E-M1は640カットだった。両方を合計すると、なんと933カットになる。
もともとあまり枚数を撮らないので、これほどの量になるとは驚いた。

E-M1のデータを密着してみると、トラ、ライオンはまず寝ているところを
撮っていた。こちらのほうは当然、別巻に載せることしか考えていないので、
ネタになりそうとか面白そうだったらすぐに狙っていた。手軽だし楽なのだ。
次はサイだ。56カットも撮っている。ふだんこんなに撮る機会は殆どない。
そしてキリンを少し。その次がレッサーパンダだ。ここの動物園で撮ったのは
あまり記憶がない。もともと姿を外で見かけたことだって少ないのに、なぜか
今回はたくさん撮れてしまったのだ。次はカバが26カット。続いて、これも
不思議なことだが、エリマキキツネザルを撮影した。いつもだったら、少し
眺めて素通りしてしまう場所である。そしてゾウが32カット。その次は、
カワウソとカピバラだ。同じエリアで見られるのだけど、これまたビックリ
するような枚数を撮っていた。49である。そしてカワウソは38だった。
次は再びカバである。その次はこれまたレアなビーバーだった。午後になり、
オスのライオンが出てくると、釘付け状態になる。隣のトラ舎も見つつ、
3時間近くそこにいた。その合間にサイとビーバーの動きを眺めるのだ。

いったいどういうわけなのか、行くと必ず何かしてくれた。こんなことは
過去に例がない。動物たちが示し合わせて運動会でもやるんじゃないか、
そんなことを思うほどに。陽気がそれぞれにとって、よい環境になった、
というのが一般的な理由だけど。それはともかく、整理がたいへんだ。

写真はベンガルトラ。ライオンの隣にいるのだが、こちらは雌のみである。
ややおとなしめ、おしとやかな印象。瞼がやや厚めなので、目元がなかなか
ハッキリ撮れない。最後の最後で、ようやくビッグチャンスが訪れた。
Drive&Zoo かみね動物園(後編)_b0016600_8411759.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-07-23 08:41 | かみね動物園
目覚ましをセットしたので、朝5時に目が覚めた。
外はしとしと、音がしている。ああ、雨が降っているのだろう。
窓を開けて外を見てみたら、もし今日が多摩に行く予定だったとしたら確実に
躊躇するだろうと思える量だった。さてどうするか、ちょっと考えてみる。
スマホのアプリで雨雲レーダーを調べたら、東京は確かに雨模様になるが、
向かおうとしている場所はその影響をほとんど受けないことが判明した。
これで当初の予定通り、かみね動物園に行くことに決めた。

雨は降らないと思っていたが、機材は万が一という場合に備える必要がある。
そこで今回は、600mmと500mmを両方とも持って行くことにした。
カメラはEOS7DとOM-D E-M1。レンズは他に4本用意している。
開園時間を間違えて記憶していたので、到着した9時半過ぎの時点ではもう
動物園の駐車場はほぼ満車になっていた。なぜこんなに賑わっているのか ?
と思ったら、なんのことはない。21日から夏休みなのである。
小さなお子さま達で賑わう動物園は、それはなかなか楽しいものだった。
予想していた通り、常磐道を走っている途中から雨はすっかり上がった。
むしろ、動物園では涼しい風を感じる事ができた。暑さは全く感じないほど。

そしてこれが、全く予想していなかった展開を生むことになったのである。

今回の「愛車」は、カレコ・カーシェアリングサービスから借りてきた。
メルセデス・ベンツCLA180シューティングブレークである。
トータル340km運転したのだが、安定した走りはもちろんのこと、気持ちに
余裕が持てる室内の雰囲気など、ちょっとした贅沢を味わうことができた。
もともと運転が好きだし、ドライブと撮影を同時に楽しめるのは素晴らしい。
7月からカレコではベンツも選択できるようになった。
それまでは、どちらかというとタイムズカープラスを使うことが多かった。
しかし、こうなったら話は別だ。やっぱり、1日通して乗ってみたくなる。
そして今後は、都内近郊はプレリュード、地方はちょっと贅沢にしよう。
16年落ちと現行型の違いはやっぱり大きい。疲れの度合いが異なるのだ。

写真は、かみねに来る最大の目的、オスライオンのきぼうくん。相変わらず、
人気ナンバー1だった。堂々とした姿は、とても男らしくてカッコいいのだ。
(後編に続く)
Drive&Zoo かみね動物園(前編)_b0016600_924714.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2016-07-22 09:24 | かみね動物園

ツイてない夜

ヨドバシカメラの通販サイトで商品を購入した。

支払いはコンビニ払いを選択し、受付番号などが記載されたメールをスマホに
転送して、近くのファミリーマートで支払うことにした。ところが、1度目は
なんとスマホを部屋に置いてきてしまった。まったくなんということか。
でも仕方ない、この時は「いま払いたい」という気持ちが勝っていたので、
いったん戻ってスマホを握り、再び出てきたのである。さあこれで大丈夫、
そう思っていたのだが、今度は画面が見えない。転送したメールの文字が
小さくて、オマケに拡大できなかったことが悲劇を生んだ。目を細めたり、
凝らしてみたりはしたけれど、ピントが全く合わずに判読できないのだ。
しかし、このまま変える訳にはいかない。恥を忍んで店員さんに画面を示し
読んでもらおうとしたけど、こちらも字が小さくて読めない。これで終了。

何度か文字を入れてみたけれど、店内に置かれた端末は受け付けてくれず、
結局は明日また行かざるを得ないことになった。なんともバカな話である。

もともとは、仕事から帰ってきたら洗車ショップに行ってマニキュアを施し、
併設されているお寿司屋さんで夕食の予定だった。それが帰りに雨が降って、
すべてが台無しになってしまった。なんというか、ツイていない夜であった。
ツイてない夜_b0016600_22453319.jpg

(D7100/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-12-10 22:46 | かみね動物園

上野大混雑

睡眠というものは本当に素晴らしい。
あれだけ疲れていたのに、起きたら腰痛以外はすっかり元に戻っていた。
かなりハードな撮影ではあったけれど、とてもいい経験ができたと思う。
ヒトを撮るのはとても久々だったわけだが、仕事とはいえ楽しめた。
しかし、ブツ撮りはやっぱり苦手中の苦手。写欲が全く湧かなくてダメだ。

そんなこんなで休日だった。
所用で錦糸町に行ったので、いつも立ち寄る駅前の焼肉店に寄った。
ここは日曜でもランチをやっている良心的な店だ。
「満腹ランチ」をいつも注文する。ごはんとスープは1回おかわりできて、
食後にはコーヒーも付く。それで1,050円はとても安いと思うのだ。
これを食べられただけでも、よい休日と感じられる。

用事はすぐに終わったので、本当にこれを食べに来たようなものだった。
時間に余裕ができたので、帰りに上野動物園に寄ってきた。
上野駅公園口を降りたとたんに帰りたくなるほど、人だらけである。
公園ではいろいろなイベントが行われていたが、動物園も大賑わいだ。
写真を撮るという気分で行ったら確実に後悔していたと思うが、幸いにも
完全にそれが抜けていたので、適当に撮れそうな動物にレンズを向けていた。
西園の奥の鳥たちがいるスペースは工事をしていて,大きな壁ができている。

それなりに楽しめたけれど、やはり動物園は平日だという認識を強くした。
上野大混雑_b0016600_2104260.jpg

(D7100/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-10-25 21:01 | かみね動物園

イベント撮影

日光の下見、なかなかの成果がありました。
霧降ノ滝、瀬戸合峡ともに楽しく撮影できると思います。

もうちょっと詳しく書いておきたかったのですが、明日はまた早起きです。
グループ会社がイベントをやるのですが、その撮影をすることになりました。
ほぼ1日中会場にいるのですが、場所のロケハンができていないため、
明日早い時間から会場入りして下見することにしました。
もう勤務時間がどうこういう問題ではなくて、引き受けたからには
この点をしっかり把握しておかないと気が済まないんですね。

というわけで、早めに寝ることにします。
イベント撮影_b0016600_22545971.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-10-23 22:55 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama