カテゴリ:多摩動物公園( 1092 )

少数派

しばらくブログを放置している間に、ニコンZ7が発売された。
なんというタイミングか、立て続けにニコンとキヤノンがフルサイズの
ミラーレスカメラを発表、それがいよいよ発売される日がやってきた。
このあとは EOS R 、ニコンZ6が登場することになるが、それと別に
4つめの選択となるのだろう、パナソニック/シグマ/ライカが共同で
フルサイズミラーレスを開発しているというニュースが飛び込んできた。

どのカメラを選んでも、写真を撮ることに関しての満足度はとても高い。
それはもう当たり前の話で、動画も高性能だし暗いところにも強いし、
レンズはすべて高解像など、性能が高いという自慢だらけなのである。
それはもちろん大歓迎だし、使う側からすれば期待も高いとは思うが、
どうにもこうにも、個人的にはワクワクしないのだ。なんというか、
感情があまり出てこない。淡々と事実を受け入れている印象が強い。
ここ数年、新しいカメラが出てくるたびになぜかガッカリするのだ。
こんなことを考えているのは、かなり少数派だと思うけれど。

ちょっと困った展開である。
b0016600_22391480.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-29 22:39 | 多摩動物公園 | Comments(0)

災害を呼ぶ ?

直接的な被害は被っていないけれど、今年は自然災害がとても多い。
そして、その2つをギリギリのタイミングで回避しているのである。

7月に四国へ行った時は、雨で乗る予定にしていた土讃線が止まり、
高知に足を延ばせなくなった。宿泊予定のホテルをキャンセルし、
手前の阿波池田に宿泊。新幹線がまだ動いてる翌日に帰ってきた。

今回は北海道だった。観光地に長居することもせず、ただひたすら
列車に乗って駅や周囲の風景を見て回った。写真を撮る身として、
テーマを変えようかと思えるほど、興味深い被写体が多かった。
地震が発生したのは、その4日後のことである。とても驚いた。

たまたまなんだろうが、こう続くとちょっと気になる。来年まで、
こうして地方に行くことが多くなるからだ。来年があれば、だが。
b0016600_18485493.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-11 18:48 | 多摩動物公園 | Comments(0)

裏腹

元気よく昇ったけれど、降りられなくてちょっと困っているところ。。。そわそわしてました。
b0016600_0211579.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-05 00:21 | 多摩動物公園 | Comments(0)

真剣

水から上がってきたところ。なぜか目元は真剣そのものです。
b0016600_8294537.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-04 07:28 | 多摩動物公園 | Comments(0)

気になる

特にどうということもないカット。というのが第一印象でしたが。
ボツにしようと思って見ていたら、ちょっと気になる点が現れました。

それは、背中からおしりにかけてのライン。
これがどえもセクシーだと感じてしまったのです。
で、ボツから一転、載せることにしました。
b0016600_82831.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-03 08:28 | 多摩動物公園 | Comments(0)

夜のトラ

なんとか形にはできたけど、さすがに厳しいものがありますね。
とはいえ、夜は凄みが増してやっぱりカッコいいです。
動かれたらもう完全にアウトの状況、止まっててくれてよかった。
高倍率ズームはピントリングの回転角が小さいので、ピント合わせも一苦労です。

時刻表を片手に、あちこち乗り鉄しに行く計画を練っております。
理想的な接続を見つけられると、それだけでもうワクワクしますね。
去年から始めたわけですが、訪問していないところはあと7道県です。
来年これに決着をつけたら、また撮影中心に戻ろうと思っています。
b0016600_2143153.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-08-20 21:43 | 多摩動物公園 | Comments(0)

サマーナイト

昨日の上野に引き続き、本日は多摩動物公園の夜を楽しんできました。
撮れる動物が多いわけではありませんが、十分に楽しめます。
写真を撮るのは暗さとの戦いになるわけで、スローシャッターでどこまで
耐えられるか、頑張れるか、そんな状況でした。それと、暑さもですね。

15時に入園し、18時過ぎにオオカミから戻ってくるルート。
だんだん暗闇に包まれて、次第にシャッタースピードが遅くなっていく。。。
当然AFは使えません。
ファインダーで、実際は見えていないのですが、ピントを合わせて撮ります。
最近こういう撮影をしていなかったこともあり、けっこう苦戦しました。

また来年、楽しみにしましょう。
b0016600_23401380.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-08-15 23:40 | 多摩動物公園 | Comments(0)

写真捜索

年に1度くらいの頻度だが、昔撮った写真の原版を探すことがある。
何らかの理由で、それを使いたいという依頼が入るからだ。
大まかな写真の内容を聞けば、いつくらいに撮ったものかはたいてい解る。
不思議なもので、昔のことは割とよく覚えていて、記憶に残っている。

そうした手がかりを受けて、まずその写真をこのブログで探すのだ。
ここには、動物園で撮影した「それなり」の写真をすべて載せている。
と言うと語弊はあるが、フォトライブラリーの側面も持っているのだ。
「ここ最近は全く写真がない」という痛いところもあるが。。。

そして今回。すぐに見つかると思っていたのだが、ブログを10年以上
遡ってみても、探しているカットが見つからない。これは変だと思い、
別館も調査の対象にしたのだが、ここでも見つけ出せなかった。

こうなるともう大騒ぎである。

2年くらい前まで、写真の保存はMOで行っていた。
これを探す必要が出た、ということになる。
こんなこともあると思い、MOデータを読み出す設備はまだ残している。
予想される月日のMOを片っ端から探し、ほどなく該当の写真が見つかった。
それにしても、なぜこれを載せていなかったのか。
写真を見たら合点がいった。たぶんこれ、載せていなかったのだ。
きっと他にも、こういう掘り出しカットがあったりするのだろうか。

昨日少し触れたように、部屋の掃除を行った。
考えていたよりも大きな掃除になり、ほぼ1日かかってしまった。
それでも、キレイにしたという実感が持てるのは気分転換になる。
b0016600_2031317.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2018-05-02 20:03 | 多摩動物公園 | Comments(0)

早いGW

明日から5連休である。
もともとは遠出するつもりでいたのだが、そうもいかなくなってしまった。

このために買っていた青春18きっぷがあるので、5日間はすべて外出して
JRに乗らないと赤字になってしまう。せっかくだしぐうたらして疲れを取る、
なんてことを小さな目標にするつもりが、たぶんバタバタして終わりそうだ。

どこに行っても大混雑のGWは仕事をしたいので、ちょっと早いGW。
なんてことを感じながら過ごしたいと思っている。
b0016600_21224032.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-04-01 23:55 | 多摩動物公園 | Comments(0)

寝不足に酒

本日も4時に起きて、千鳥ヶ淵へ出掛けてきました。
毎年恒例、mixiのイベントです。
散っていく桜とまだ頑張っている桜を、眺めつつ撮影してきました。
持って行ったのはフィルムのカメラと50mmだけ。
現像に出しているのですが、失敗しているカットがかなり多そうです。
果たして、どんな仕上がりになることやら。

撮影のあと仕事に行き、終わった後は友人と飲みに出掛けまして、
なんとか帰ってきましたが、とてつもなく眠いです。たぶん寝不足。
b0016600_2121474.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-03-31 23:49 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30