カテゴリ:大森山動物園( 100 )

雪ラクダ

開園直後、どうしてるかなと思ってラクダのところに行ってみた。ここの2頭は、
仲がよいらしく、しばしば絡むシーンを目撃したことがある。今年はどうだろう。
まだお客さんはそんなに入っていなかったので、ほぼ一番乗りな雰囲気であった。
特にこれといって大きなアクションはなかったのだが、大雪を被って佇んでいる。
この姿を眺めているだけでも、寒々としたものがあった。とても絵になるけれど。

原因不明の咳が出始めて1か月以上が経過した。昨日何もせず過ごしたのが効き、
今年に入って最も咳をした数が少なかったように思う。ただし、寝ている時に妙な
空気を吸ったのか、起きたときは喉がとても痛かった。結局咳はほぼ止まったが、
どうも声がいつもと違うような気がする。でも、ようやく元に戻ってきたらしい。
それにしても長かった。同じような症状で困っている人が多くて、ビックリする。
雪ラクダ_b0016600_22482059.jpg

(kissD X/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-03 22:47 | 大森山動物園

ダメ休日

気付けばもうこんな時間。なんというか、何もしない1日だった。ぐっすり寝ている
つもりだったがそうもいかず、ただ漠然と時間の経過を過ごしていただけ。つまりは
無駄な、かなり勿体ない日だった。こんなことなら上野にでも行けば良かったのだが
今最もやりたいこと、それは近場の動物園に写真を撮りに行くことではない。なので
気合が入るとも思えなかった。なんというか、知らない場所に行って何日か過ごして
みたいと思う。次のツアーで白川郷に行くのだが、こちらはとんでもなく寒そうだ。
ダメ休日_b0016600_23222427.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-02 23:21 | 大森山動物園

新旧タワー対決

昨日の話になるが、写真仲間と撮影さんぽに出かけてきた。「新旧タワー対決」と
題し、スカイツリーと東京タワーを撮り比べようという内容だ。押上駅に集合し、
徒歩でスカイツリーに向かう。このコースは2年前にも歩いたのだが、その頃には
ツリーの一番高いところにまだクレーン車があった。しかし、もうオープンが近い
ということもあり、かなり完成に近付いているという印象だった。撮影しながら、
ゆっくりと歩いて浅草に向かう。ここで昼食休憩。ラーメンを食べて再び戻って、
吾妻橋から水上バスに乗り浜離宮へ。園内を散策したあとは東京タワーを目指す。
タワーはいい意味で昭和の香りが漂う場所だ。ジェットコースターのように鉄骨が
絡んでいる姿はとても魅力的である。ここで参加者の9割以上は展望台に行ったが
どうしても気になる場所があったので単独行動。蝋人形館に入ってみた。いったい
何年ぶりになるだろうか。記憶していたものよりもかなり規模が縮小されていて、
ちょっとビックリ。でも、なかなか不気味な写真が撮れたので満足して出てきた。
このあと最終集合場所で解散、そのあとは二次会。気軽にシャッターを切れるので
いつもの感覚とは違った楽しさがある。望遠ではなく広角を使うのも新鮮だった。

この日使ったのは5DとE-P1。古いレンズと組み合わせたピント合わせも楽しい。
E-P1のアートフィルターを初めて使ってみたのだが、想像した以上に面白かった。
新旧タワー対決_b0016600_22564742.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-01 22:55 | 大森山動物園

スタッフ紹介ボード

これは以前から何度か書いているのだが、大森山動物園に行くと、ただ単に動物を
見たり写真を撮ったり、といったこととは別の楽しみがある。それは紹介ボード。
目の前にいる動物のことを紹介する案内板である。一般的というか最も多いのは、
四角い板に写真があり、名前が書かれていて何科に属しているのか、なんてことが
記入されているだけである。これが地方の動物園に行くと、担当スタッフが工夫を
凝らした実に楽しい紹介ボードを作っている。大森山はこれがとても面白いのだ。
写真ではなく絵が描かれていることが多いのだが、この絵が素晴らしい。とっても
上手なのだが、それに加え表情が絶妙。「大森山の動物たちは生活が充実してる」
と感じて楽しくなってくる。小さな子どもたちはきっと、親しみを覚えるだろう。

ところが今年はこれだけで終わらなかった。なんと、動物の紹介ボードの隣に、
担当している飼育スタッフのボードが貼られていたのである。スーパーの売場で
「作ったのは私です!」みたいな掲示を見たことはあるのだが、それを動物園で
経験するとは思っていなかった。一般入園者の立場からすると、飼育係さんには
なかなか話しかけにくいものがある。だいたいというか当たり前だが、仕事中と
いうこともあり、必ず何かしているからだ。そして、どう呼べばいいか戸惑う。
そんなときにこういう掲示があると、「あっ、このかたが○○さんだな」という
ことになり、距離が縮まるような気がする。ちなみにこのスタッフボード、顔の
写真に一言コメントが添えられていた。こういう変化を感じると、遠い距離でも
また来たいと強く思う。次回行ったときには、どんな工夫がされているのかな?
スタッフ紹介ボード_b0016600_22262449.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-01-31 22:25 | 大森山動物園

2日目

再びタクシーで大森山動物園に向かう。撮影できる時間は1日目が3時間だったが
2日目は5時間近くあったので、じっくり撮影してもらうことができた。しかし、
朝から吹雪のような状態。シチュエーションとしてはかなり良かったけれど、やや
厳しい条件かなと思った。ところがこの天気が二転三転。時には晴れ間が広がり、
曇ったり大雪が降ったり。その都度露出の調整を変える必要があり、忙しくなる。

前日に1度撮影していることもあり、皆さんそれぞれ、狙いたい動物もハッキリと
決まってきたようだった。人気が高いのはやっぱりトラ。広島・安佐動物公園から
やってきた幼い兄弟がとてもわんぱくで、元気いっぱいのパフォーマンスを見せて
くれた。真剣な表情でファインダーを覗くけど、オフタイムになれば笑顔になる。
そんな楽しい撮影会になった。開催して本当に良かった。大森山でしか見られない
シーンが確実に存在し、それを目の当たりにすると楽しくて面白い。来年もまた、
どういう形でもいいから行ってみたい。大森山に行くと、いつもこう思えるのだ。

帰りの車内では、お客さん同士の会話で盛り上がった。皆さんそれぞれに、素敵な
シーンを見事に捉えていて嬉しかった。今後も動物園ツアーを提案していきたい。
2日目_b0016600_1014747.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-01-30 10:00 | 大森山動物園

夜歩く

大森山2日目。その前に、1日目の夜の話。撮影がおわったあと、タクシー利用で
宿泊先のホテルに向かった。早い夕食を済ませてから簡単な講評・雑談会を部屋で
行うことに。これが終了したのが22時だった。アラームを午前2時にセットして
3時間ほど仮眠を取る。そして深夜に起き出し、外出した。昨年の訪問時に教えて
もらった 、24時間営業のラーメン店で今年も食べてみようと思ったのだ。雪の中
歩くこと数分、ようやく辿り着いたら。店先になにやら看板が出ている。なんと。
「スープ調整のため午前4時まで閉店」と書かれていた。暫くその場に立ちすくみ
書かれている言葉の意味を考える。ああ残念。冷たさが一層身にしみた夜だった。

仕方がないのでコンビニで買い物をして、再び部屋に戻ってきた。なかなか眠れず
レンタルしたパソコンであちこちサイトを見て回る。結局いつもの日常と同じだ。
4時を過ぎてそろそろ寝ようと思ったが、年末からやり残していたことを片づける
チャンスだとなぜか思い、いくつか終わらせる。で、結局寝たのは5時近かった。

7時15分起床。朝食バイキングがとてもおいしかった。次回大森山に行くときは
このホテルを利用してもいいなと思うほどだ。たっぷり食べたあとは、いよいよ。
夜歩く_b0016600_044895.jpg

(40D/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2012-01-29 23:36 | 大森山動物園

年明け

2012年の動物園訪問、まず最初は秋田・大森山動物園でした。これでようやく
年明けになります。撮影ツアーでは久々の動物園であり、ここからスタートした
2005年と同様、雪の降るなかでの撮影になりました。気温は氷点下。手袋など
防寒対策をしても、寒さから逃れることはできません。園内はさほど混雑して
いなかったので、余裕をもって撮影ができたように思います。外に出ていた、
トラ、ライオン、ピューマ、シンリンオオカミ、レッサーパンダなどは動きも
そこそこ良く、元気な姿を見ることができました。お客様はそれほど多くは
なかったものの、園内が空いていたのでじっくり撮れたようです。その合間に
カメラを向けることもでき、寒さと戦いながらも充実した時間になりました。

明日も、朝から再び大森山です。いいシチュエーションになりますように。
年明け_b0016600_042958.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-01-28 22:53 | 大森山動物園

下取り交換

D3を元箱に詰めて、店で査定してもらった。当たり前だがそこそこ値段がついて、
下取り交換の10%アップを入れると20万ちょいになった。そして、すべて中古で
EOS7D(10万5千円)、バッテリーグリップ、タムロン18-270mmを購入した 。
在庫していたのが程度の良い品ばかりだったので、まぁせっかくだしAランクを 。
バッテリーグリップは付属の単3電池ホルダーがなかったが、どうせ使わないので
その分安いほうを選んだ。この3つを買ってもお釣りが来たので、以前から機会を
考えていたオリンパスのデジタルズーム、70-300ミリも買ってみることにした。
このレンズはAランクが22,050円。マウントアダプーで古いレンズしか使わず、
それはそれで楽しいのだが、AF性能を試したいのとデジタルレンズの描写を知って
おきたかったのが購入動機だ。これでシステムが大きく変わった。それで写真にも
大きな変化があるとは思えないけど、使っていてワクワクできたら大成功だろう。

本気のキヤノン、楽しむオリンパス。用途によって使い分けられるといいのだが。
下取り交換_b0016600_0224413.jpg

B (1D MarkⅡN/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-06-19 23:55 | 大森山動物園

異変

どうもここ最近、本気で写真を撮っていない。動物園にも殆ど出掛けていないので
当たり前の話ではあるのだが。でも、写真を撮りに出掛ける機会はそこそこ多い。
使用頻度が最も高いカメラがオリンパスE-3、というのはちょっと問題だと思う。
メイン機である1D MarkⅡNとD3は稼働率が極端に低くなっている。これでは、
さすがに宝の持ち腐れ感が否めなくなってしまう。遊びの撮影にはこの2つを絶対
持ち出さないと決めているのだけど、使わないほうが気の毒だ。で、迷っている。

これと同じ問題がレンズにも起きている。メインの600mmと500mmの出番が、
極端に低くなってしまった。軽い機材を持ち歩いて撮ることが多くなった影響で、
どうも億劫になってしまったのだ。1度どこかに出掛けたら解決するだろう、とは
思うけれど。動物園さんぽ用に、使っていない3つめの500mmを抜擢するかな。
異変_b0016600_23485033.jpg

AB (1D MarkⅡN/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-05-07 23:41 | 大森山動物園

ユッケ自粛

肉料理と寿司は、好きな食べ物の上位2つである。さほど高級な店ではないけど、
毎月定期的によく通っている。焼肉は食い放題の店によく行き、そこではユッケも
食べ放題のメニューだ。しかも、通常のものに加え納豆ユッケ、わさびユッケなど
他のバリエーションも用意されているので、必然的にたくさん食べることになる。
2週間ほど前になるか、行ったときには7つ食べた。とても満足な気分に浸れる。

ところが、である。報道されている通り、食中毒事件が起きてしまった。いつもの
流れで、こういうことが起きると他店も自粛を余儀なくされる。確認したわけでは
ないけれど、おそらくいつものあの店でもユッケの提供は見送られているだろう。
いつまで続くのかは解らないが、あの満足感を得られなくなるのはとても残念だ。
ユッケ自粛_b0016600_23543761.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-05-06 23:48 | 大森山動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama