カテゴリ:上野動物園( 703 )

オーディオレス

今年で20歳を迎えた愛車。オーディオはカセットデッキだ。
それとは別に、10連奏のCDチェンジャーが装備されている。
スマホで音楽を聴くわけでもないし、これで十分満足していた。

しかし、昨年夏頃から、かなり調子が悪くなってきた。
CDの1-5枚目が全く演奏されなくなったのである。
ダッシュボードにあるコントロールパネルのスイッチを入れると、
「RESET」という文字が点滅するのみになってしまった。
その後いろいろ試みて、マガジンを出し入れするかリセットボタンを
押すと復活する法則を見つけ出し、6-10枚目だけで使ってきた。
多少不便ではあるが、全く使えないわけではない。
高速のパーキングなど、始動時にマガジンを出し入れすれば済む。

これでずっと使ってきたのだが、先日ついに完全故障した。
もう何をしてもダメである。そもそも動かなくなってしまったのだ。
カメラもそうだが、生産終了からかなりの年月が経過しているので、
メーカーでは修理どころか部品も持ち合わせてはいないだろう。
さすがにこれはもう、笑うしかできない。

だったらオーディオごと取り替えればいいが、これがややこしい。
「ホンダ・アコースティック・フィードバック・サウンドシステム」
という長い名前のシステムが搭載されているので、市販のハーネスが
使えないという最悪のシステムなのである。カー用品店ではたいてい
断られる。トヨタ・日産・マツダ車ではこんなことはなかったので、
最初にそれを告げられた時はビックリした。ま、ダメなら仕方ない。

いろいろ調べてみたら、このシステムを壊すとなんとかなりそうだ。
しかし、コストを考えるとなかなか。というわけで、オーディオレス
仕様になっているのだけど、これはこれで悪くないと思っている。
b0016600_17392289.jpg

(OM-D E-M1/ズイコーマクロ50mmF2)
by keiji_takayama | 2018-07-11 17:40 | 上野動物園 | Comments(0)

一難去ってもまだ三難

6日の血液検査で、見逃せないところがあった。
もともとここのクリニックには別の治療で通っているのだが、問題はそこ。
血液検査をすると、それの数値も弾き出されるのである。

知っている人も多々いらっしゃると思うが、HbA1cというやつだ。
これが前回の数字より上がってしまった。
クスリのお陰で一時は下がっていたのだけど、ここ数ヶ月がダメだった。
飲むのを忘れるのである。

昼食と夕食のあとに飲むのだけど、どういうわけかこれを怠ってしまう。
3月に42日分処方されているのだが、これがまだ少し残っている。
とここまで書いて、今回の騒動中、喘息の吸入を忘れていたことを思い出した。
いま久々にこれを使ったが、1日1回やることになっているので、また回数がズレる。
そして、神経痛のクスリもここしばらく飲んでいなかった。。。

一難はたぶん去ったが、三難はまだ残ったままだ。
b0016600_10215382.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-07-10 10:13 | 上野動物園 | Comments(0)

おこ

室内の方に顔を向けて、大きく口を開けてアピールしてました。
早めに戻りたかったのかもしれません。
しかし、そう思い通りにはいかなかったようで。。。

諦めたのか、再びプールに戻ってきました。
水の中に入ろうとした時に撮影したのですが、ちょっと怒ってる ?
b0016600_2315737.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-07-04 22:56 | 上野動物園 | Comments(0)

横顔

クロキツネザルの横顔を撮ってみた。
ここは室内、しかもかなり暗いので、撮影はちょっと厳しい。

おでこを中心に、長い毛が生えている。
こういうのを見ると、子供の頃からとても抜きたくなるのだ。

それにしても、立派な横顔だと思う。
それを演出しているのが横顔の毛、なのだろう。
b0016600_029142.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-07-02 21:26 | 上野動物園 | Comments(0)

灼熱の上野

本日は撮影会で上野動物園へ。文字通り灼熱の園内でした。
午前11時頃に到着しましたが、パンダはこの時点ですでに120分待ち。
事前に寄らないことを告知していたので、混乱はありませんでした。

東園から撮り始めたものの、暑さでなかなか集中力が続きません。
ちょっと前に訪問した時より混雑は少なかったけど、やっぱり外国からの
お客さんがとても多かったですね。そして、一眼レフが主流でした。
人間は突然の気候変化について行けませんでしたが、動物の皆さんは
意外と平気な様子。それなりに撮影対象もあり、楽しく過ごせました。

撮影会の時はキヤノン+高倍率ズームを使うようにしています。
今回もなかなかよく頑張ってくれました。それにしても暑かった。
午後はジュースばかり飲んでいたような気がします。
帰ってきて、梅雨明けを知りました。早すぎますね。厳しくなりそう。
b0016600_2213389.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-06-29 22:01 | 上野動物園 | Comments(0)

チカラヌキ

なにやらちょっとした人だかりが出来ていたので、向かってみた。
そこはワオキツネザルの帰り道なので、大方の予想はついていたのだが。

視界に入ってきたのは、歩き回っている姿だった。
それほど広い道とは思えないけど、スイスイ軽快に歩いている。
そんな姿をじっくり眺めていたり、スマホやカメラを向けてみたり。
皆さんがそれぞれ楽しんでいた。
MFのレンズだし、こりゃあ条件はあまりよくないぞと思っていたのだが、
ついつい昔を思い出して撮ってみた。連写したわけでもなく、ただ何となく
シヤッターを押しただけだったが、予想外にちゃんと撮れていた。

力を入れないほうが、うまくいくこともある。
b0016600_2344548.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-28 23:45 | 上野動物園 | Comments(0)

シリアル読めず

視力の衰えがひどい、という話を何度か書いている。
よく写真など、それもAFではなくMFで撮っているものだと思う。
日常生活に大きな影響が出るほどではなく、気にしていないのだが、
仕事ではさすがに何か対策を講じないとマズいと感じることがある。

それは、シリアルナンバーが読めないことだ。

カメラやレンズの査定を行う際、シリアルナンバーを確認する。
それを起票する項目に入力または記載することになっている。
そこで、それぞれのナンバーを調べるのだが、これに難儀する。
大きく刻印されているものならまだいいのだが、最近の軽量小型な
レンズなどは、たびたびシリアルがとても小さく印字されている。
これを読み取るのが一苦労どころの騒ぎではない。
文字の継ぎ目がすべて繋がって見えるので、何がなんだか解らない。
1度できちんと読めることはあまりなく、たいていは目をこらす。
こんなことをしていたら時間のロスになるのは承知しているが、
メガネを導入すると逆効果になるのは目に見えている。
さすがに困るので、何か有効な対策を探しているのだが。。。
b0016600_2329551.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-27 23:29 | 上野動物園 | Comments(0)

お世話になってます

ケープペンギンにはいつも助けてもらっている。
困ったとき、何かカットが欲しいときによくカメラを向けるのだが、
たいていそれに対して応えてくれる。とてもありがたい存在なのだ。

今回もそんな感じ。
天気がさほど良くなく、レンズも古いので解像に乏しい。
でも、ふわりとした雰囲気が出る。これが好きなので手放せない。
タイミングよく、いい位置で羽繕いをしてくれた。
そのままでも十分なのだけど、こうして何かしてくれると+になる。

秋にはこれが紅葉のシーンとなり、色付く写真が撮れると思う。
毎度毎度、お世話になりっぱなしだ。

そんなことは知らず、ペンギンさんは熱心に羽繕い中であった。
b0016600_185518.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-26 01:09 | 上野動物園 | Comments(0)

いい武器

クロシロエリマキキツネザルは、お客さんを迎えていた。
特に逃げたりすることもなく、3頭が木に寄りかるような体勢。
眠そうにも見えるけど、しっかり目を開けて対応してくれた。
姿が面白いのか、近くてよく撮れるのが嬉しいのか、海外からの
お客さんも盛んにシャッターを切っていた。とはいえ、平日だ。

1つの場所の滞在時間が極端に短いため、すぐに番が回ってくる。
撮って下がりを繰り返すと、けっこう大きく撮ることができた。
使ったのは200mmだが、マイクロフォーサーズのカメラに装着
すると、400mm相当の画角が得られる。これはいい武器になる。
しかし、最短撮影距離が2.5mである。これがなかなか厳しいが、
ちょっと距離がある場所では強さを発揮する。意外とピントも
合わせやすいと思う。ただ、手持ち撮影だとやや厳しいだろう。

さすがにピント合わせはコツがいるけど、慣れたらとても楽しい。
昨日の千葉で使った300mmよりも、使い勝手は良いかもしれない。
b0016600_493493.jpg

(OM-D E-M1/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2018-06-25 04:09 | 上野動物園 | Comments(0)

マヌルネコの聞き耳

小獣館にいるマヌルネコは、海外のお客さんにも人気だった。
この場所用にマクロレンズを持って来たのだが、お客さんの列が
ちょうどいい具合に空いたり混んだりしたので、タイミング良く
撮ることができた。数枚撮ったら列を作って並ぶ、の繰り返し。

マヌルネコを知らないという人はかなり少ないようだ。
特に日本人のお客さんには相当好かれていた。「ネコ」だけに、
もうそれだけで喜んでいる人もいる。しかも、よく動いている。
ところどころで走ったり止まったり、そして真ん前に来てくれる。
ここではスマホのカメラが文字通り炸裂していて、シャッターを
熱心に切っている女性も見かけた。そして皆とても楽しそうだ。

当のマヌルネコは、いいモデルさんぶりである。
横顔だけ見せていると思いきや、ちゃんと目に光が宿る。
そんな位置を知っていて立ち止まっているのではないか、そんな
ことを感じてしまうほど。ついついたくさん撮ってしまった。

写真を眺めていると、手前側の耳が意外と大きいことに気付く。
そして、しっかりとこちら側を向いているようにも見えるのである。
これはひょっとしたら、こちらの反応を伺っているのではないか。。。
何ををしゃべっているのか、聞き耳を立てているようにも見える。
まさかとは思うけれど。そして、いろいろな表情を持っているのもいい。
b0016600_0315878.jpg

(OM-D E-M1/ズイコーオートマクロ 50mm F2)
by keiji_takayama | 2018-06-24 00:32 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama