カテゴリ:東武動物公園( 172 )

「予算1万円で狙えるミラーレス一眼」続いてはパナソニックだ。
これも初期のモデルは複数を所有して、使っていたことがある。
どうしてもオリンパスと比較してしまうのだが、良いところはあれど
結局はオリンパスを選んでしまうことが多かった。ここ最近の機種は
殆ど実際に撮影したことがないので、機会を作って試してみたい。

G1 ¥4,400 2008年発売、1210万画素。ミラーレス第一号機。
G2 ¥7,700 2010年発売、1210万画素。タッチパネルモニター搭載。
G10 ¥7,700 2010年発売、1210万画素。G2の廉価版。iAモード。
G3 ¥7,700 2011年発売、1600万画素。新型センサー搭載、小型化。

GF1 ¥4,400 2009年発売、1210万画素。ファインダーなし、285g。
GF2 ¥3,300 2010年発売、1210万画素。タッチパネルモニター搭載。
GF3 ¥3,300 2011年発売、1210万画素。ホットシューが省略される。
GF5 ¥5,500 2012年発売、1210 万画素。新エンジン採用。

GH1 ¥7,700 2009年発売、1210万画素。ハイビジョン動画撮影可能。

GX1 ¥7,700 2011年発売、1600万画素。G3と同じセンサーを搭載。

いくつかシリーズがあるものの、初期の機種は概ね安く、買いやすい。
因みにGF2とGF3の¥3,300は、ミラーレス一眼の中古最安値である。
これは個人差の問題だと思うが、モニターに表示される文字がどうも、
目に馴染まなかった。早い話が、見にくかったのだ。慣れればいいけど
なかなかそうもいかないもの。G3、GF3あたりからの機種はデザインが
どうも好きになれなかった。そんな理由で、最も好きな機種はGF1だ。

G1はファインダーがあって楽しいカメラだけど、グリップが劣化する。
ベタベタして触ると手が汚れるので、購入するなら要チェック項目だ。

写真は、数日前のペリカン同様、載せるのをちょっと躊躇ったカット。
撮ろうかとカメラを向けたものの、背景が気に入らなかった。さてと、
どうしようかなぁ。そんなことを考えていたら、横になってしまった。
あああああ、と思いつつ、悔し紛れになんとか。ネタにはなったけど。
1万円で買えるミラーレス一眼 パナソニック編_b0016600_1184282.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-25 01:19 | 東武動物公園
「予算1万円で狙えるデジタル一眼レフ」を調べて書いてみたのだが、
欲が出てきた。というより調べたくなった。ミラーレスはどうなのか。
というわけで、「予算1万円で狙えるミラーレス一眼」を書いてみる 。

このテーマだとキヤノンが皆無だ 。カメラの程度により、初代のMが
ターゲットになるが、調査条件が良品、並品になるのでまだ入らない。

まずはニコンだ。「1」という名の小型軽量シリーズがこれに該当する。

1 V1 ¥8,800 2011年発売、1010万画素。電子ファインダーを装備。
1 J 1 ¥4,400 2011年発売、1010万画素。ファインダー比搭載機種。
1 J 2 ¥5,500 2012年発売、1015万画素。クリエイティブモード。
1 J 3 ¥7,700 2013年発売、1425万画素。V2とほぼ同性能。
1 J 4 ¥7,700 2014年発売、1839万画素。AF追従連写が20コマ/秒。
1 S1 ¥5,500 2013年発売、1011万画素。エントリー層向けモデル。
1 S2 ¥5,500 2014年発売、1418万画素。AF追従連写が20コマ/秒。

このシリーズは短命だった。2018年にはニコンで旧製品になっている。
小型軽量、性能も申し分なかったのに、盛り上がりに欠けた印象が強い。
理由はあるのだろうし分析も行われたと思うのだが、個人的な印象だと、
「購入したユーザーからの支持を得られなかった。」これを強く感じた。
買い換えの際とか売りに出されたお客さんの言葉を総合すると、どうも
満足度があまり高くなかったという結論に達するのである。それはまぁ
残念なことではあるのだが、こういう不人気が中古相場に、少なからず
影響を齎しているとするなら、これは実に喜ばしいことであると思う。

何故って、2014年に発売されたカメラが7700円、5500円で買える 。
レンズのことを考えても、かなり楽しめるのではないかと思う。実は、
このシリーズが新品で売られていた頃、殆ど興味がなく使っていない。
査定するためにいろいろ動かすからそこそこ解っているが、どのような
写真が出てくるのか、見た経験にも乏しい。これは実に興味深いのだ。

センサーが小さいので、135mmに換算すると2.7倍となる。従って、
好みの50mm画角で撮るのに必要なレンズは20mmだ。悩ましい。。。
1万円で買えるミラーレス一眼 ニコン編_b0016600_0525489.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-23 00:53 | 東武動物公園
「予算1万円で狙えるデジタル一眼レフ」続いてはペンタックス。
デジタルではやや出遅れた感が当初あったが、その後盛り返して、
特徴のある機種をいくつか出している。このあたりで楽しみたい。
単三電池で動作するモデルもあり、緊急用として持つのもいいね。

istD  2003年発売、610万画素。唯一のコンパクトフラッシュ機。
istDS 2004年発売、610万画素。発売当時は世界最小を謳う。
istDS2 2005年発売、610万画素。モニターサイズの変更など。
istDL 2005年発売、610万画素。istDSよりもコンパクトになった。
istDL2 2006年発売、610万画素。AFセンサーが5点になる。
K100D 2006年発売、610万画素。ボディ内手ブレ補正を内蔵。

ここまでの機種はすべて¥4,400で買える。これは安い、安すぎる。
K100Dのボディ内手ブレ補正は、一定操作をすれば昔のレンズでも
問題なく使用できる。これは大いに魅力的だ。しかしデザインはist
シリーズのほうが好みではある。せっかくだし2台買いもありかな。

そして次のシリーズ。こちらはすべて¥7,700円。これもお手頃だ。

K100D Super 2007年発売、610万画素。ダストリダクション搭載。
K200D 2008年発売、1020万画素。防塵防滴、カスタムイメージ。
K-m 2008年発売、1020万画素。ボディの重量は525gと軽い。
K-x 2009年発売、1240万画素。カラーバリエーションが豊富。

この中ではやっぱりK-xが気になる。これまで全く使ったことがない。
中古では様々なボディの色が探せるので、これも楽しみといえよう。
昔のマニュアルレンズを装着したら、けっこうカッコいいと思うぞ。

そして次の2機種。これは¥9,900円。かつてのトップモデルである。

K10D 2006年発売、1020万画素。カメラグランプリ2007を受賞。
K20D 2008年発売、1460万画素。ライブビュー機能を搭載。

K10Dは以前使っていたことがある。持ちやすくて慣れ親しんだ。
これも理由で、K20Dを所有してみたい。そんな気持ちがある。
(価格は良品、並品クラスのもの)

写真は東武のカピバラ。ううむ、キャベツ食べてる。。。そういえば、
ここのところ野菜食べてないなぁ。ちょっと油断するとすぐに不足。
野菜ジュース買って飲むのもいいが、あれって糖が入ってるらしい。
なかなかうまくいかないものだ。それにしてもおいしそうですなぁ。
1万円で買えるDSLR ペンタックス編_b0016600_0233683.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-19 00:23 | 東武動物公園
「予算1万円で狙えるデジタル一眼レフ」のニコン編である。
並べてみると、意外な発見があるから面白い。

D100 ¥9,900 2002年発売、610万画素。この価格はお見事。
D70S ¥8,800 2005年発売、610万画素。D70の改良モデル。

D70 ¥6,600 2004年発売、610万画素。大きな人気を集めた。
D50 ¥7,700 2005年発売、610万画素。SDカード使用機。
D40 ¥8,800 2006年発売、610万画素。根強い人気がある。
D60 ¥8,800 2008年発売、1,020万画素。発売当時は世界最小。

D3000 ¥8,800 2009年発売、1,020万画素。ガイドモード搭載。
D3100 ¥8,800 2010年発売、1,420万画素。これはお買い得かも。

キヤノンよりモデル数は少ないが、いろいろと話題がある。
同世代のキヤノンのカメラと比べると、明らかに高値傾向なのだ。
これはつまり、そこまで値落ちが進んでいないことになる。
キヤノンでは30D、40Dが1万円を下回っているが、ライバル機の
D200やD300、それどころかD80、D90もまだ1万円以上である。
そして1万円未満といっても、すべてが5000円を上回っている。
根強い人気、そして強いブランドイメージが伺える。

そして、面白いのはエントリークラス。
D40と、D3000、D3100の価格水準が同じなのだ。
加えると、D3100はそのスペックを考えるとかなりお買い得である。
とはいえ、実際に買って使ってみたいのはやはりD40である。
これに古いマニュアルレンズを装着して、オートに頼らず撮ってみる。
結果がすぐに出てしまうのは少し恐ろしいが、すごく楽しめそうだ。
(価格は良品、並品クラスのもの)

写真は東武のオウサマペンギン。毛繕い中のところを。背筋を伸ばし、
いい姿勢だと思いきや、おなか。。。どっかの誰かのおなかにそっくり。
1万円で買えるDSLR ニコン編_b0016600_0302454.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-18 00:30 | 東武動物公園
中古車雑誌では「予算〇〇円のクルマ選び」なんていう記事がある。
最近はとんと読んでいないが、かつてはこういうのが大好きだった。
おお、このクルマがこの予算で買えるのか ! などと勝手に興奮して、
それを手に入れた後のカーライフを都合良く想像し、ワクワクした。
クルマとカメラは似たようなものだ。なので、ちょっとそんなノリで
「1万円未満で買えるデジタル一眼レフ」はどんなものがあるのか、
調べてみたくなった。性能だけなら現行モデルが良いのは当たり前。
でも、安い価格で気に入った一台を見つける、そんな楽しさもあり。

というわけで、各社別に並べてみようと思う。まずはキヤノンから。
全体として、フルサイズはまだこの水準ではない。APS-Cが中心だ。

D30 ¥3,300 2000年発売、325万画素。けっこう楽しめそうだ。
D60 ¥4,400 2002年発売。630万画素。当時の価格は30万超え。
10D ¥6,600 2003年発売。デジタル一眼ブームを作った一台。
20D ¥6,600 2004年発売。800万画素、連写は約5コマ/秒。
30D ¥7,700 2006年発売。ピクチャースタイルが搭載された。
40D ¥9,900 2007年発売。1010万画素。モニターに賛否あり。

KissD ¥4,400 2003年発売。グリップラバーを拭くと渋くなる。
KissN ¥3,300 2005年発売。800万画素。当時は世界最軽量。
KissX ¥6,600 2006年発売。1010万画素。ピクチャースタイル搭載。

けっこう手頃なモデルがある。高感度耐性など弱い点も多々あるが、
この値段だったら割り切れると思う。レンズ込で15,000円程度から
探すことも出来そうだ。初期のD30とかD60はかなり面白そうだが、
モードダイアルが劣化しているケースが多い。10Dから40Dまでは、
それぞれメイン機として活躍していたカメラであり、なかでも30Dは
雨に打たれても全く壊れない、信頼性の高い存在だった。この価格なら
また一台手に入れてみようかと思うほどだ。これはかなり悩ましいぞ。
(価格は良品、並品クラスのもの)
1万円で買えるDSLR キヤノン編_b0016600_0325077.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-17 00:33 | 東武動物公園

免許更新

先日、免許証の更新に行ってきた。
もういつだったか忘れたが、実家の前にレンタカーのプリウスを駐め、
暫くして外に出たら、駐禁ステッカーを貼られていたことがあった。
これで駐車違反を取られた。で、次の更新で免許が青帯になった。

これ以来違反がなかったので、今回は金帯。
というわけで、地元警察署で更新が可能だ。これは大いに助かる。
午後から出たのだが、到着してみたら人があまりおらず、担当の場所は
雑談場と化していた。これが民間の会社だったら、勤務中に聞こえる声で
話などしていたらまず間違いなく注意か叱られるかするだろうと思う。
けっこう年も上だと思われるのだけど、どうにも温度差を感じるのだ。

所定の手続きを済ませ、講習を受ける。
といっても優良の扱いなので30分。内容も適当なものだ。
ビデオがあるだけマシなのだけど、これも時代なのか臨場感がない。
かつてはテレビもアナログだったけど、映像にリアリティがあって、
それがそのままダイレクトに伝わってきた。
これは感覚の問題もあるだろうけど、なんだか映像が軽々しく感じた。
それを眺めて、すぐに新しい免許証が交付された。

毎度いろいろと物議を醸す、教本も2冊を渡された。
これまでならそのまま放置するところだが、今回はたまたま担当者が
クルマのダッシュボードに入れておくと便利だと語ってくれたので、
ああ確かにそうだと合点がいった。初めて有効活用できそうだ。
そして、同時に渡された「安全運転のしおり」。東京版である。
これがなかなか衝撃的だったのは、平成30年中の都内の死亡事故の話。
この年、住んでいる大田区は都内で最も死者数が増加していた。
+7人でトータル10人。
因みに最も死者数が多いのは江戸川区の11人。
次いで足立区、大田区。これが10人で並んでいる。
これに続くのが港区8人、練馬区7人、世田谷区と板橋区の6人だ。
この年の交通事故死者は143人なので、もう半数近くになってしまう。
大田区はそれほど事故が多くないと思っていたので、ビックリした。

よく見るとけっこう役立つことが書いてある。これは貰うのではなく、
手数料に含まれている。つまり買っているわけだ。有効に使わないと。

写真は東武のオオワシ。正面顔がカッコいい。歌舞伎役者みたい。
免許更新_b0016600_0272996.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-13 00:27 | 東武動物公園

人気ナンバーワン

年末の東武で、おそらく一番の人気を集めていたレッサーパンダ。
座っていることが多いホワイトタイガーより、よく動いていた。
雨と雪の日のレッサーパンダは活発に動く、というイメージが強い。
仲間のほぼ全員が、それぞれカメラを向けていた。

この日最初に見かけたのは、こちらの「源太くん」である。
何となく聞き覚えのある名前だし、語呂の良さも感じた。
案内板を見てみたら、やはり千葉市動物公園からの来園と書いてある。
ということはつまり、たくさんいる「風太くん」の孫なのかな。
そんなことを思っていた。

室内への出入りが自由になっていて、ちょっと散歩してここに戻り、
しばらくするとまた出てきて歩き始める。近くから見えるのもいい。
出てくるまでの時間はそこそこ短いのに、「きたきた ! 」「わあっ」など
適度な歓声が上がる。それを意識しているのか解っているのか、登場の
タイミングが絶妙で微笑ましい。そして、中央にある笹を食べ始めた。
しかも、どこでそんな技を教わったのか、祖父さんからの遺伝なのか、
ときおりちゃんと正面に顔を上げて、周囲の状況を確認するのだった。
これはもうたまらない。ついついシャッターを押して、100コマ近くも
撮ってしまった。これはもう完全に「撮らされた」ようなものである。
とはいえ、ややサイドから撮っていたので、正面顔は撮れなかった。
しかし ! これも誰に教わったのか、ちゃんとサイド側も向くのだった。
これは実にお見事。
かつてこれをたたき込まれ、曲が終わってポーズを取る時に、そのまま
全方向に目線を向けて写真を「撮らせる」アイドルがいたのだけど。
ある意味では動物園のアイドルだし、風太くんの孫だしで納得である。

それにしても、おいしそうな顔をするなぁ。
時折口を開けて歯を見せるのも、「アイドル」らしい仕草なのだ。
ひとしきりそれが終わると、今度は木登りを始めた。
しかも、一番高いところに到達すると、ポーズ付きで止まってくれる。
こちらは持っていたフィルムカメラで押さえることができた。
繰り返しになるけど、誰がこれを教えたのだろう。とても面白かった。

案内板に「運動神経がよく、木登りがとっても得意」と書かれている。
こちらも納得である。
人気ナンバーワン_b0016600_0262999.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-10 00:27 | 東武動物公園

勇姿 ?

今回の東武の撮影には、レンズを2本だけ持って行った。
結局はずっとそれを使うことになる300mmと、200mmである。
雨がけっこう降っていたし、最初は準備に時間を要す300mmではなく、
200mmを使うことにした。狙うは東武のシンボル、ホワイトタイガー。
他のネコ科は条件の関係で諦めた。なんとかこれだけは押さえたい。
そんなことを漠然と思っていた。幸いガラスには雨粒が付いていない。
そこで数カット撮ってはみたのだが、満足感は得られなかった。
雨だしガラス越しだし仕方ないか。諦めもけっこう早かった。

その後。チャンスが思っていたより多かったこともあって、いつもは
何度か立ち寄ってみる「キャットワールド」をもう一度訪れたのは、
午後3時半を過ぎてからだった。しかし、寒かったこともあって、
お客さんの姿はまばらだった。こんなことは滅多にあるものではない。
通常なら、ほぼ一日中賑わっている場所である。
そこで、300mmのままとりあえず撮ってみることにする。
距離を作り、そこから撮ることができた。おそらく最初で最後だろう。
撮ったり離れたりと約10分。とりあえずは写真を残せた。
やはり東武に来た以上は、ホワイトタイガーの勇姿を残したいものだ。

勇姿。
カッコいいところ。

むむむ。

実は最初に感じたのだけど、どうも「オッサン顔」なのである。
これで口を開けて舌でも見せてくれるとまた違うのかもしれないけど、
最初のイメージがそれだったので、どうしてもそんな雰囲気になった。

そしてこのあとは、お座り台に乗って、じっとしていた。
全体をスマホで撮影した写真を見せてもらったが、これが実にその場の
空気感をよく表していた。まるで、トラ舎の「受付」のようだった。
となればこれは「受付嬢」であり、オッサンなどと形容するのは失礼 !
なんていう思いも出てきたのだが。。。いや、考えなかったことにしよう。
勇姿 ? _b0016600_0355779.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-08 00:35 | 東武動物公園

睫毛が気になる

中学生の頃、睫毛が伸びてきて目の下に触れるのが嫌いだった。
これを感じると、どうにも気になってイライラすることがある。
そんな時には、睫毛を切っていた。
当時は鋏を使い、目をすぼめて睫毛をチョキッと切るのである。
大人になると、鋏が電気シェーバーに変わった。
楽に切ることができて、しかも早い。加えて、正確なのである。
これまでに何度も行っているが、失敗したことは一度もない。
ただ、短く切りすぎてチクチクしてしまうことはあるけれど。

ゾウの目元を見ていると、睫毛を切りたくなってくる。
以前多摩で撮影したとき、竹箒みたいと書いたことがあるのだけど、
これだけ長いと、確実に視界を妨げることにはならないだろうか。
いつもそんなことを思ってしまう。
なんなら、切ってあげたいくらいである。
でも動きを眺めていると、こちらが思うほど不便ではなさそうだ。
でも、どうしても気になる。
そんなわけで、いつもながら目元に注目してしまうのだ。
これまた見事な伸びっぷりだと思う。

東武ではたいてい、ゾウが楽しいシーンを見せてくれる。
ちょうど柵のところまで歩いていた時、カメラで追っていた。
すると、長い睫毛がどうにも目に焼き付いてしまうのだった。

・視界の妨げにならないのだろうか。
・目の前がチラチラしてイライラしないのだろうか。
・ええい抜いてしまえ ! とは思わないのだろうか。

そんなことを考えながら、この睫毛を狙ってみる。やっぱり長すぎる。
目をほぼ完全に覆っているではないか。。。

そのような不躾な思いには全く動じず、ゾウは堂々としていた。
睫毛が気になる_b0016600_037434.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-07 00:37 | 東武動物公園

凜々しい横顔

ヘビクイワシを撮影してふと周囲を見たら、当日一緒だった仲間の
ほぼ全員が、隣にいるオオワシにレンズを向けていた。こちらも、
なんというか絶好の位置にいる。勝手な解釈をすれば、撮ってよと
アピールしているかのようだった。居場所を変える素振りもない。
これは運がいいぞと思いつつ、少し遠くからカメラを構えてみた。

ううむ、カッコいい。鋭い目線はどこに向けられているのだろう。
そんなことを思いつつ、最も凜々しく見える角度を探してみる。
こちらも雨に濡れていて、顔周りの羽がとても美しく感じた。
なので、これが均一に、しかも立体的に見えたらいいと思った。
と書くといろいろ拘って考えているようだけど、実際は横顔だ。
全く違う生き物に見えてしまう正面顔も面白いのだが、まずは
カッコいいこの角度からの写真をメインにしたかったのである。

こういう場合、深度を稼げるマイクロフォーサーズが好みだ。
平面上に並べれば、目元と嘴のピントが近くなる。これが理由。
使ったレンズはかつての高性能タイプだが、発売は1981年。
しかも、レンズの中にはクモリもカビもある。
とはいえ、こういう機材を使って撮るのがとても面白く感じる。

ここ数年、新しく買い求めるのはフィルムカメラだ。
しかも、何らかの瑕疵がある商品ばかりである。
一度はジャンクなどというレッテルを貼られたカメラが、生き返る。
写真を撮れることで価値を上げていく、それがとても楽しいのだ。
凜々しい横顔_b0016600_0423811.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2020-01-06 00:42 | 東武動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama