カテゴリ:野毛山動物園( 31 )

立派。

ワラビー舎の隣で堂々とした姿を見せてくれたのは、ホンシュウジカです。立派。
最初は手前のほうにいたけれど、やがて撮影しやすい位置に移動してくれました。
カッコいい角もフレームに入れたかったのですが、そうすると檻が写り込むので
仕方なくカットしてしまいました。きりっとした目線からは、ちゃんと撮れよと
いうアピールも感じられます。さて今日は休み。そろそろ出掛けることにしよう。
立派。_b0016600_8302252.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-08-21 08:30 | 野毛山動物園

ぷくう。

こじんまりしたイメージのある野毛山ですが、アビシニアコロブスの撮影では、
関東圏で条件の良い場所の一つです。檻の反射が比較的少ないし、距離が近く
アップも狙いやすくて楽しめます。午後のお食事タイムは欠かせないチェック
ポイントで、もぐもぐ食べてるところも観察、撮影可能になります。いろいろ
撮ってみてどれをここに載せようかと考えました。りんごにかじりついている
シーンなどもあるのですが、妙に気になったのがこれ。ほっぺたがぷくっと。
口の周りにお弁当がいっぱいなのはご愛敬。ぶらんと下がる鼻にも注目です。
ぷくう。_b0016600_9361753.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-08-20 09:36 | 野毛山動物園

蒸し風呂

どりゃぁっ!!とばかりに体を曲げて、羽繕いするのはフンボルトペンギン。比較的
近い距離で撮影できるけど、逆に遠くから狙ってみました。ひょうきんなイメージが
強いペンギンではありますが、こういうシーンではさすがに厳しいというか、緊張感
漂う表情を見せてくれます。これを全体像で狙うと雰囲気が異なるのは、ペンギンの
特徴といえるかもしれませんね。話は変わって。昨日は店の入っているビルの空調が
すこぶる調子が悪く、店内は蒸し風呂状態でした。よくこんな状態で店開けてるなと。
お客さんからも、「どうしてここはこんなに暑いのかしら?」というお言葉が・・・。
そして、ここを見ているかもしれない○○さんに。シュレッダー、またやっちまった。
とまぁ悪いことが続いてしまいました。前日からトホホな出来事ばかり起きています。
蒸し風呂_b0016600_0163653.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-08-19 00:16 | 野毛山動物園

ちょい地味?

ここ野毛山では初めて撮影できた、オグロワラビーです。やや地味な位置にいる
こともあって、なかなか存在を気付いてもらえないようです。比較的距離も近く
写真も撮りやすいのですが、ちゃんと狙ったことがこれまでありませんでした。
こうして見ると、なかなか愛嬌のある顔つきをしています。鼻もポイントです。
ちょい地味?_b0016600_9114512.jpg

(30D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2006-08-18 09:12 | 野毛山動物園

笑われた

朝から雨の降る残念な天気でしたが、野毛山動物園での撮影会を行いました。
参加してくださったお客様は、それぞれのカメラで動物たちをお撮りになり、
悪天候ながらも楽しいひとときを過ごすことができました。ただ、野毛山は
やはり檻が多いこともあり、やや厳しい面もありました。元気な姿を見せて
くれたレッサーパンダに助けられたなと。意外だったのがいわゆる触れ合い
コーナー。いつもはほとんど立ち寄ることがないけれど、間近で見られる、
触れることの楽しさを感じましたね。昨日生まれたばかりのひよこ、元気に
育ってくれるといいなぁ。いただいた崎陽軒のシウマイ弁当もグーでした。
解散後は園内に残り散策。雨も上がり、レッサーパンダは干されてました。
この直前。目が合ったこのコになぜか大笑いされてしまったのです・・・。
笑われた_b0016600_2483940.jpg

笑われた_b0016600_2485025.jpg

(30D/EF75-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2006-08-10 02:54 | 野毛山動物園

下見

カメラバッグを担いでいた右肩が痛むけど、どうしても行きたかった野毛山に
出掛けてきました。その前にはお客様の写真展に顔を出していたので、到着は
午後2時半。2時間ほどの撮影でした。前日の天王寺と異なり、比較的小さな
動物園です。前回の訪問から1年振りとなりました。以前からここではあまり
満足のいく写真が撮れないのですが、今回は時間は短いながらも、それなりの
カットが撮れたように思います。ダイナミックな動きがあるわけではないけど。
何故野毛山だったかというと、近々撮影ツアーで出掛けるからです。しばらく
行ってなかったので、撮影のポイントや撮りやすい動物などを調べてきました。
来月はズーラシアも予定されているので、野毛山がきっかけになるといいなと。
動物園写真の楽しさを、一人でも多くのかたに知っていただきたいと思います。
写真は一番人気になりそうなキリンの赤ちゃん。撮ってる間、お母さんからの
視線をずっと感じていました。しゃがんでの撮影、加えて短いズボン姿なので
膝が痛くてあまり粘れません。そんな姿を頭上から観察されてしまったのです。
下見_b0016600_3124041.jpg

(30D/EF300mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2006-08-04 03:12 | 野毛山動物園

夏バテしない!

台風7号が去ってから、毎日暑い日が続きます。撮影も厳しいです。
でもこんな時こそ、しっかりバリバリ食べましょう。夏に負けるな!
とはいうものの、遠征後の筋肉痛が治らないので今日はおとなしく。
ちょい見にくいかもしれないけど、アビシニアコロブスもバリパリ。
夏バテしない!_b0016600_12381616.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-07-30 12:38 | 野毛山動物園

不公平?

ここ野毛山動物園では、二頭のレッサーパンダが仲良く暮らしています。
♂のモモタロウと、♀のキンタです。それぞれにハッキリとした特徴が
あるので、見分けがつきやすいです。それなのに、写真を撮ってみると
圧倒的にキンタのほうが多いのです。それぞれにチャンスを狙っている
はずだけど、どうもチャンスが訪れる(と思えるシーンに出会う)のは
キンタのほうなんですね。一体なぜなんだろう。面白いパターンです。
不公平?_b0016600_127269.jpg

不公平?_b0016600_1273678.jpg

不公平?_b0016600_1274897.jpg

(20D/EF300mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2005-07-29 01:28 | 野毛山動物園

うひょ〜!

エリマキキツネザルの亜種(種の下位区分)、アカエリマキキツネザルです。
知る限りではここでしか飼育されていません。最近8頭の赤ちゃんが誕生
するなど、家族が一気に増えて賑やかになっているようです。到着時間が
遅かったこともあって満足に撮れなかったけど、何かに驚いているような
表情を見せてくれました。でも、何にビックリしたのかは謎です・・・。
うひょ〜!_b0016600_2512816.jpg

(20D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2005-07-28 02:52 | 野毛山動物園

眼差し

一点をずっと凝視していたのはアビシニアコロブス。高いところにいたので、
この状態に気付く人は少なかったのです。光を捉えた眼差しが印象的でした。
しっかりとした視線からは、強い意志を感じます。見習いたいものですね。
眼差し_b0016600_1194765.jpg

(20D/EF300mmf2.8L+エクステンダー2×)
by keiji_takayama | 2005-07-27 01:19 | 野毛山動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama