2020年 09月 28日 ( 1 )

9/20 山古志闘牛 庵-山闘

先に山闘が入ってきました。山に闘うと書いて、「やまと」です。
佐野さんが場内に説明をしたら、応えるように大声でアピール。
五回連続で吠えていました。声だけなら、まるで象のようです。
そして、男の子が「きたきたきた!!」と叫びました。
立派な面綱を付けて、あとから堂々と入ってきたのは庵です。
まずは土の感触を確かめて、山闘に負けじと九回吠えました。

第七回:庵(八歳/釜ヶ島)-山闘(七歳/山古志)

ゴーゴーという唸り声が聞こえてきます。頭を合わせました。
ガツッ。
いきなり角のぶつかる音。まずは両牛、角の捌き合いをします。
大相撲で言うなら、まわしの取り合いをしている状況です。
どちらが自分の角を、相手の角の下に入れられるか。
「いおり〜がんばって〜」「いおり〜がんばって〜」
大きな声援が飛びました。庵応援団もしっかり参加しています。
「いおり〜がんばって〜」「いおり〜がんばれ〜」
大きな声がハッキリ聞こえます。これは庵にも届いているはず。
応援が届いたか、庵が入った!山闘はうまく体を回して受けます。
「よしたー」「はいはいはい!」勢子も大きな声を出します。
庵の応援団長は、体は小さいけど声はでっかいです。
ずっと応援の声を届けています。これは頼もしい存在です。
そんな庵は、右角をうまく使っています。
右角を山闘の左角の下に入れ、山闘の攻めを殺し、自分が攻める。
山闘は横に回ろうとします。
正面から行くと庵の角をもらうので、横から攻めようという戦略です。
牛がいろいろ工夫をしながら、相手に向かって行くのがわかります。
「いおり〜がんばれ〜」声援が変わらず飛んでいます。

場内がざわめきました。
庵が頭を離し、なんと客席のほうにゆっくり向かって行ったのです。
おとなしく客席を眺める仕草に、場内は笑い声が。一気に和みます。
「あいさつした」女性の楽しそうな声が聞こえます。
「ファンサービスも忘れてないですね」佐野さん、ナイスフォロー。
場内は大きな拍手に包まれました。

松田さんの解説によると、庵は足に綱を掛けられるのが嫌なのです。
勢子が動き始めたのを見たので、「ああ、綱を掛けられる!」と判断、
闘うのをやめてしまっただけ。嫌いな綱を掛けられるくらいなら、
今日はもう自分の力は出したし、一生懸命やったからいいや。
なので、牛も負けたとは思っていません。納得の引き分けです。

先に山闘、あとから庵が引き上げ。
小さいけど大きな声の応援団長も、綱を引いて元気に歩きます。
客席からの拍手がより大きくなりました。
庵は名残惜しいのか、ゲート前で足を止め、雰囲気を感じていました。

※参考:勢子・松田さん(実況&解説) 、FMながおか・佐野さん(進行)。
※動画は山古志闘牛会のYouTubeチャンネルで。登録もお願いします。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00440494.jpg
右が庵。今場所は何時にも増して、気合が乗っていたように感じます。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00444000.jpg
開始直後は角の捌き合い。自分の角を相手の下に入れようと狙います。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00450967.jpeg
角を当てて睨む山闘、踏ん張る庵。両牛とも目線が真剣そのものです。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00453964.jpg
山闘の攻撃も見事ですが、顔を横にして受ける庵の執念が凄いです!!
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00460722.jpeg
これは山闘の一撃。さすがに痛かったのか、庵もビックリの表情です。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00465117.jpg
あれ、なんだか庵がすごく大きく見えます。角の先端の尖りがすごい。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00472249.jpg
気合の入った表情を見せる山闘。受けている庵もギョッとしています。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00475976.jpg
庵の角、山闘の左角の下を掛けています。粘る山闘の表情、いい感じ。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00482507.jpg
正面から頭をぶつけます。目元から火花が飛んでいるように見えます。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00484961.jpg
庵が山闘にぶつかっている。と思いきや、山闘の角が庵を捉えました。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00492013.jpg
↑横に開いた大きな角は、クワガタのよう。受けの表情が凜々しい山闘。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00494897.jpeg
↑引きのカットを。山闘は前傾姿勢で、庵の目の下に角を当てています。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00502128.jpeg
まっすぐな山闘に対し、首を少し傾ける庵。この絵面、けっこう好み。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00504356.jpg
あれ、このシーン前にも見たぞ。なんと、数分前の全く同じシーンが。
9/20 山古志闘牛 庵-山闘_b0016600_00512554.jpg
庵の角を見ていると、長刀を連想します。山闘はこの近さでも堂々と。

(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

by keiji_takayama | 2020-09-28 00:52 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama