2019年 04月 27日 ( 1 )

V6

ひょんなことから興味を持ち、手に入れたカメラがある。
これを江ノ島に持って行った。

ペトリV6。

聞き慣れない名前だと思う。会社は1977年に倒産している。
このV6は、1965年の発売。F2レンズ付きで23,800円だった。
低価格をウリにしたのはいいが、当時から故障が多かったらしい。
「安かろう悪かろう」というレッテルを貼られてしまった。
なので、中古カメラ店やオークションなどでは数千円で買える。
といっても、その殆どがどこかにトラブルを抱えているのである。

ちなみに、手元にあるカメラはシャッター1/500秒が作動しない。
音はするが、シャッター幕が開閉していないのだ。
V6のシャッターはB、1/2-1/500秒。つまり最高速が使えない。
しかし、日中で感度100のフィルムを使えば、1/125と1/250だけで済む。
こう割り切れば、存分に楽しむことができるのだ。
シャッター音も独特で面白い。当時はISOでなくASAと呼んでいたのだが、
これのダイヤルさえ見当たらない。ファインダーだって、何の表示もない。
ないない尽くしである。撮影中も、ちゃんと撮れているのか全く解らない。
そうしたスリル感を味わう楽しみがあり、現像を依頼して仕上がりを見て、
何か写っていれば良し悪しなどどうでもいい。撮れていれば大満足なのだ。

こういう楽しみ方ができるカメラも少なくなった。ハマりそうで恐ろしい。
V6_b0016600_0452380.jpg

(OM-D E-M1/ジュピター135mmF3.5)
by keiji_takayama | 2019-04-27 00:45 | こども動物自然公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama