2018年 07月 07日 ( 2 )

覚え書き⑥

朝から病院に再び行ってきた。
地域密着型の総合病院。院内はたくさんの患者さんで混雑していた。
2科を受診するので覚悟していたが、帰ってきたのはつい先ほど。
4時間近くもかかった。

尿管結石の可能性が低くなったので、内科から受診。
ここでは昨日撮影したCTの画像で再診断してもらい、異常なしとの所見。
ただ、腎臓に石がある点を指摘された。
腹の具合が悪いのは検討してもらえたようで、薬を処方される。
ここではちょっとあっけなく、これで終了。

続いては泌尿器科。
こちらはかなりいろいろと調べてくれた。
腎臓の石は割と大きなもの。これは前から人間ドックで指摘されていたが、嚢胞もある。
この石が何かの理由で動いたり、破片が尿管に落ちてきただけでもかなり痛いはずだと。。。
で、昨夜の激痛の理由はこれではないかということだった。
続いてエコー検査を受けて、膀胱前立腺周辺も調べてもらう。
最終的に腎臓の精密検査を受けることで話が進んでいたのだが。。。
ここで、喘息が邪魔をした。
造影剤を注入するのだが、これが喘息患者にはダメらしい。
別の方法に切り替えることになってしまった。
こちらも薬をもらって、ひとまず経過観察ということに。

そんなわけで、また1つ病院の診察カードが増え、飲む薬も多くなる。
お薬手帳のページがどんどん更新されていく。

とにかく、腹だけでもなんとかならないものだろうか。
この覚え書き、おそらく次回にとても役立つと思う。
5年前ここに書いたことが、今回とても役に立ったからだ。
by keiji_takayama | 2018-07-07 14:56

覚え書き⑤

そんなわけで、夜間救急外来に行ってきた。
当たり前の話だが、専門医ではなさそうだった。
ひとまずCTを撮って画像診断してもらう。

どうも尿管結石ではなさそうとのことだった。
これはこれで、非常に困った展開である。
だったら何だろう。という疑問が残るからだ。
で、追加の薬を処方してもらい、帰ってきた。
財布にも痛くて、8,150円もかかった。

ただ、検査が完璧ではないということは言われていたので、
専門医の受診を勧められている。
ここの病院には泌尿器科も内科もあるので、今日再受診するつもりだ。

腹の調子が相変わらず悪いのと、食欲がないのがとても気になる。
by keiji_takayama | 2018-07-07 00:54

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama