2018年 06月 24日 ( 2 )

悪戦苦闘の千葉

本日は写真仲間と千葉市動物公園へ。1日撮影してました。
天気予報は雨から晴れということだったので、出掛けることに。
結果的には降ったりやんだりを繰り返し、その後は猛暑になりました。
しっかり疲弊して帰ってきたわけですが、とても楽しめました。

珍しく開園前に着いて、レッサーパンダのところからスタート。
しかし、初っぱなにレンズフードを落とすというポカをやりました。
大きなレンズを持って行ったので、フードもメタルの大きいものです。
しっかり歪んでしまいました。こういう天気用のもので、レンズの中は
汚れてカビもありますが、フードが使えなくなるのはさすがに痛い。
使用不能とまでのレベルではなかったので、とりあえず一安心でした。

雨の影響が良い方向に出て、動物も元気がよく活発でしたね。
風太くんも久々でした。年月の経過を感じさせるところもありましたが、
とりあえずは元気そう。動けば注目が段違いなのは昔と全く変わりません。
雨がやんだら、それはとても良かったのですが。。。とんでもなく暑い。
これですっかり疲れてしまい、帰りはヘトヘトになりました。

MFでのピント合わせがなかなかうまくいかず、悪戦苦闘です。
b0016600_20341519.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2018-06-24 20:34 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

マヌルネコの聞き耳

小獣館にいるマヌルネコは、海外のお客さんにも人気だった。
この場所用にマクロレンズを持って来たのだが、お客さんの列が
ちょうどいい具合に空いたり混んだりしたので、タイミング良く
撮ることができた。数枚撮ったら列を作って並ぶ、の繰り返し。

マヌルネコを知らないという人はかなり少ないようだ。
特に日本人のお客さんには相当好かれていた。「ネコ」だけに、
もうそれだけで喜んでいる人もいる。しかも、よく動いている。
ところどころで走ったり止まったり、そして真ん前に来てくれる。
ここではスマホのカメラが文字通り炸裂していて、シャッターを
熱心に切っている女性も見かけた。そして皆とても楽しそうだ。

当のマヌルネコは、いいモデルさんぶりである。
横顔だけ見せていると思いきや、ちゃんと目に光が宿る。
そんな位置を知っていて立ち止まっているのではないか、そんな
ことを感じてしまうほど。ついついたくさん撮ってしまった。

写真を眺めていると、手前側の耳が意外と大きいことに気付く。
そして、しっかりとこちら側を向いているようにも見えるのである。
これはひょっとしたら、こちらの反応を伺っているのではないか。。。
何ををしゃべっているのか、聞き耳を立てているようにも見える。
まさかとは思うけれど。そして、いろいろな表情を持っているのもいい。
b0016600_0315878.jpg

(OM-D E-M1/ズイコーオートマクロ 50mm F2)
by keiji_takayama | 2018-06-24 00:32 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama