2018年 06月 12日 ( 1 )

高額見積り

定期点検が無事に終わりました。

さほど大きな問題もなかったのですが、長期的に考えるといろいろ。
前回に指摘を受けていたエンジンだけでなく、さらに項目が増えました。
解っていたのはタイヤなんですが、これは購入した翌年に交換したまま
ずっと乗っているので、そろそろ丸5年になろうとしています。劣化も
見られるので、それを見越してのんびり走らせているのですが、やはり
いよいよ交換の時期かもしれません。まぁこれはともかくとして。

愛車は今月で20歳になりました。人間ではようやく成人になりますが、
クルマはそうはいかず、もうかなりのお年寄りになっています。
そんなわけで、いろいろとガタが出てきます。ボディの塗装もそう。
これに加えて、パワステオイルとかラジエーターのクーラントなど、
滲みを指摘されたところがありました。そして、10年10万キロ作業を
オススメされました。要はタイミングベルトの交換です。いちいち工賃が
かかるので、どうせなら一気にやったほうが安いのは理解していますが。

見積総額:437,018円

クルマを買った時の本体価格より高いです。
といいますか、現時点でもう購入した後の整備代のほうがたぶん高い。
まぁこんな状況ですが、愛着というものは恐ろしいのです。
1度では難しいにせよ、どうにかしてやりたいと考えております。
これまでいろいろクルマに乗ってきましたが、最も長く活躍しています。
ツアーの下見とか動物園とか、かなりお世話になっているのです。
さて、どこから手をつけようかな。。。
b0016600_15252587.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2018-06-12 15:25 | 小千谷闘牛場 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama