2018年 06月 10日 ( 1 )

砂埃の向こう側

こちらは最初のほう、砂埃が舞う中での闘いです。
手前の牛、目がすごいですね。まさに射るような目線です。
対する相手はちょっと気圧されているような感じかな。
充血はしているものの、目線は反らしています。

ここまで写真をいくつか見返してみて、残念なことが1つ。
それは、取組と牛の名前に確証が持てないというところです。
大相撲ダイジェストみたいに書ければ良かったのだけど。。。
ただ、それを解決するヒントは得ました。次は大丈夫でしょう。
b0016600_0524983.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2018-06-10 23:52 | 小千谷闘牛場 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama