2016年 10月 16日 ( 1 )

植物顔

ゴールデンターキンである。

そして、これはいつもの定番ネタ。似ていると言われたことがあった。
しばらく見ないうちに、随分とたくさんいる。運動場は2つあるのだが、
そこに複数ずつが出ている。さすがにちょっと窮屈そうではあったが、
それぞれの場所を見つけて、のんびりと寛いでいた。平和そのものだ。

しばらくその場所にいて、親子のシーンなどを撮影した。
優しい目元は相変わらずで、そういう表情は逃さずに撮りたいと思う。
ところが、別のターキンは全く違っていた。
なんともユニークな表情を向けてくれたのだった。
このカットを眺めていると、ターキンの顔と言うよりも植物である。
どこかの熱帯植物園に行けば、見られるような気がしてならなかった。

どことなく、カメラを見つけて変顔を見せる子どもたちのようだった。
植物顔_b0016600_23241259.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-10-16 23:24 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama