2015年 04月 07日 ( 1 )

かみねのトラ

かみね動物園といえば、ベンガルトラのアキラくんを思い浮かべる。
長いことここのシンボル的存在で、よく撮りに出掛けたものだ。
トラ年にちなんで企画した撮影ツアーには80人近くが参加してくれて、
みんなでその勇姿を撮影し、たいへん盛り上がったことを覚えている。
そのアキラくんも亡くなり、ここでは現在、♀の「さわ」が過ごしている。

隣のライオン舎には4頭がいて、やや窮屈にも感じられてしまうのだが、
こちらは単独である。「独りぼっち」とも取れるので、小さなお子さんからは
そういう声が出てくることもある。かみねにやってきたのは5年ほど前だ。

これまでに何度かカメラを向けたことはあるが、お立ち台でポーズを取るなど
モデル志向のあったアキラくんと比べると、ややおとなしいという感想がある。
なので、意外とチャンスが少ない。しかも、どういうわけかキャッチライトが
入りにくい。このタイミングを待つので、離れられなくなるのは同じだけど。
ついつい大量に撮ってしまい、ここのストックがなくなってしまった時など、
アキラくんには随分と助けられたものだ。その点、選んで撮らざるを得ない
「さわ」ちゃんは、違う意味で対峙を楽しむことができる。そうは思っても
なかなかいいタイミングがやってこないのはジリジリするものである。
こちらが根負けしてファインダーから目を離すと、表情を変えることも。
こうなると、もう苦笑するしかない。こんなことの繰り返しだった。

とはいえ、いくつか残せるカットを確保できたのは幸いであった。
次はどんな様子を見せてくれるのだろう。今から楽しみなのである。
かみねのトラ_b0016600_10382031.jpg

(7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2015-04-07 10:38 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama