2014年 11月 02日 ( 1 )

白糸の滝

先月27日の話。
まかいの牧場を出たあと、時間の余裕があったので近くの白糸の滝へ。
ここはツアーで何度か訪れていますが、数年前の台風で遊歩道が被害に遭い、
下まで降りられない状況が続いていました。それが復旧したと聞いていたので
どうなっているのかを確かめたいと思っていたのです。来月の下旬には
ここに2回来ることが決まっているので、下見の下見という感じでした。

運転して来たのは初めて。駐車場に入る際、パンフレットをいただきました。
これがまさに「簡にして要を得る」もので、とても解りやすいです。
駐車場の脇にはとてもキレイなトイレが建てられていました。

ここからはいつものように、坂を下っていきます。
のちのちのため、それぞれの撮影ポイントからどう見えるのかを押さえて、
いよいよ階段を下りて遊歩道に向かいます。歩いているところからでも、
滝の美しい姿を様々なアングルで狙うことができました。滝見橋を渡ると、
最も接近できる場所があります。ここからの眺めは迫力そのもの。
いい位置に手すりと座れる石がありますので、混雑さえしていなければ、
ここに座って手すりにカメラを据えて、三脚がなくてもある程度までなら
スローシャッターでの撮影ができそうです。ただ、飛沫がけっこう多いので、
絞り込むと写真に写り込んでしまいます。この点は注意したいところ。

とても雄大な、そして清々しい気分に浸れます。マイナスイオンパワー全開。
上から周りの木々を多く入れ込んだカット、降りて滝全体をダイナミックに
取り入れたカット、当日はこの2つを推奨しようか、などと考えています。

近くにある音止めの滝には日差しが入り込み、ハッキリと虹が出ていました。
こちらは豪快な滝なのですが、撮れるポイントがやや少ないのが課題です。
当日までにもう一度出掛けます。次はじっくりポイント探しの予定です。
白糸の滝_b0016600_7312824.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ45-200mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2014-11-02 07:31 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama