2014年 04月 09日 ( 1 )

ダブル警告灯

桜撮影の下見を終えて、帰ることにしました。下見なので経費をできれば安く
したいと考え、一般道を使うことに。一度だけ睡魔に襲われ仮眠しましたが、
比較的順調に運転でき、夕方には帰れるだろうと思っていました。ところが、
八王子の吉野家で食事をしたあとのこと。ふと気付いたら、運転席メーターに
設置されているシフトインジケーターが点滅しています。こんなことは初めて
だったので、驚きました。いったい何が起きたのだろう。説明書を開いたら、
載っていました。トランスミッション警告灯です。これはタダごとではない。

トラブルを抱えて走るのはとんでもなく怖いものです。いつ止まってしまうか
全く予想がつかない。走っていても、視界には点滅しているインジケーターが
映っているのですから。そうこうしているうちに、今度はスピードメーターの
針が狂いました。ビンビン振れたり全く動かなくなってしまったり。しばらく
そんなことを繰り返していたけれど、ついには動きを止めてしまったのです。
つまり、いま何kmで走っているか解らない 。アクセルを踏んでも呼応せず、
というのがいかに恐ろしいのかを実感しました。そして、次に点灯したのは。

なんと、エンジン制御システムの警告でした。いきなり黄色で点灯したので、
これにはかなり焦りましたね。とにかく、なんとしてもディーラーに寄ろう、
そう決めてクルマを走らせました。それでも不安定な動作は続いたのですが、
なんとか地元の店に立ち寄ることができたのです。ここで点検してもらって、
結果が判明しました。車速センサーが壊れていたようで、これが全てに影響を
与えていました。古いクルマだし、部品がまだ残っているか気になりましたが
なんとか在庫がある模様。修理することになりました。見積もり16,530円。
痛い出費であることは間違いないけれど 、直せるのでよし。助かりましたよ。
ダブル警告灯_b0016600_6531353.jpg

AB (OM-D E-M5/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2014-04-09 06:53 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama