2014年 03月 26日 ( 1 )

昔の写真

先日書いた昔の写真。せっかくだから別館にでも載せようと思い、職場近くの
写真店に依頼してきた。1つのCDにはネガ5本までが入る。97年に撮影した
APSカートリッジ5つと、ネガ10本。トータルで7500円かかった。昔にも
こんな形でCDを作ったことがある 。動物園で撮影を始めた頃は 、フィルムも
併用していた。これをブログに載せる必要があったので、CDでも残していた。
しかし、ネットに載せるとなるとデジタル撮影とは差がとても大きい 。そして
活動のメインがブログに移行したこともあって 、フィルムで撮らなくなった。
このような経緯があるが、ここのブログには当時載せていた写真が当然 、まだ
そのまま残っている。個人的に気に入っているカットもあるのだが、さすがに
ネットのイメージは全く違うものになってしまうことが多い。ちょっと残念。

話を戻すと、昨日の仕事帰りに引き取ってきた。帰宅してさっそく見てみる。
今とは全く感覚の違う写真だらけだった。使っている機材も異なるし、それは
当然といえば当然なのだが、撮っている内容がなかなか興味深く面白かった。
超望遠で表情を狙うと、自ずと構図の視野は狭くなる。これが広かったので、
撮影しやすかったのだろう。けっこういいシーンがあった。あと、撮っていた
動物に偏りがあるのは今とあまり変わらない。ただ、単独行動ではないので、
意外とと草食動物が多かったのは驚きだった。トラとかユキヒョウは数コマ。
当時似ていると言われていたゴールデンターキンは親近感もあったか、何度か
よく撮っていたらしい。ゾウやキリンも目立つ。あとは、ライオンバスに乗り
中から撮っていた。そういえばここ数年になるだろうか、バスに乗ってない。

それと、もうこれは笑うしかないのだが、動物たちと記念写真を撮っていた。
同行した相手の写真もけっこうあるけど、どうやら一緒に撮った動物のマネを
しているようなのだ。そして、ターキン前で変な顔をしている当時の姿を見て
なんとも可笑しかった。動物の撮り方もそうだけど、今とかなり違っている。
職場の女性からも「今の写真と随分雰囲気が違いますね」と言われた。どうも
フィルムで撮っているイメージがなかったらしい。とまあそんなわけで、また
別館に載せる写真が増えてしまった。しかも大量である。そしてこちらでは、
写真のストックが切れてきた。来月からそこそこ忙しくなるし、またピンチ。
昔の写真_b0016600_919646.jpg

AB− (GX7/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-03-26 09:20 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama