2013年 09月 19日 ( 1 )

小望月撮影ツアー

昨日の話ですが、ツアーで富士山周辺に出掛けていました。
夕景撮影がメインだったので、出発は横浜を11時とちょっとゆっくりです。
東名高速が順調だったこともあり、2時間半ほどでまずは山中湖に到着。
山中湖交流プラザきららで1時間、富士山の撮影タイムとなりました。
とてもいい天気で富士山もよく見えていたのですが、写真を撮ろうという
観点から考えると、もうちょっと雲があったらいいのに・・・という感じ。
青空を多めに入れると、やや寂しい構図になってしまいます。
お客様はコスモスが咲いている場所を見つけたり、白鳥と絡めたりしながら
撮影を楽しんでいたように思います。カメラを地面に置いて、広角を使って
ワイド感を出しながら撮影していた女性も。皆さん工夫をされていました。

バスに戻って、2つめの撮影地は忍野八海です。天気はここも良かったのですが、
富士山の中腹あたりがちょっと霞んでしまい、狙いを定めにくかったですね。
仕方ないので有料の施設に入ってみましたが、光線が強すぎてなかなか厳しく、
あまり成果はありませんでした。アジア系の外国人がたくさん訪れていて、
平日とは全く思えない盛況ぶり。ちょっとした散策を味わうことができました。

その後は再びバスに乗り、目指したのはキャンプ場のふもとっぱら。
今回のツアーは5つの出発地から総勢6台、220名ほどの規模になりました。
これだけのお客様を集めて撮影するのですから、そのへんの道でというわけには
いかないのです。そこで、キャンプ場からの撮影となりました。
向かう道中のあちこちに、三脚がズラリと並びカメラマンが待機しています。
むしろそういう光景を撮ったほうが面白いと感じるほどでした。
到着してポジションを決め、お客様と準備を進めつつ雑談していたら・・・。
突如ひょこっと月が現れました。皆さん撮影に集中する時間帯です。
時間はアットいう間でしたが、けっこう撮影するチャンスはあったと思います。
2年前にここを訪れたときには何も見えなかったわけですから、とにかくは
撮れて良かった、ホッとした一瞬でした。午後6時半に撤収、横浜に帰りました。

富士山の撮影はとにかく天候次第。今年は雲に覆われた日が多いという話も聞いて
いただけに、すっきりと晴れて目的通りの撮影ができたのは大いにラッキーでした。
by keiji_takayama | 2013-09-19 23:00

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama