2013年 02月 07日 ( 1 )

特定保健指導

昨年も職場で健康診断が行われた。毎年のようにメタボだなんだと言われるのだが、
今年になって健康組合から、指導を受けるよう指示があった。社内では数人の候補が
いたのだが、受けると回答したのは2人だけである。そのうちの1人になった。毎年
健康診断の結果が芳しくないし、同級生が昨年亡くなったりしたことも理由である。
強制ではないのだが、ひとまず話だけでも聞いてみようか、なぜかそう思っていた。

そして、いよいよ指導の日。担当してくださったのは女性だった。まずは診断結果に
基づいての説明を受ける。血圧と血糖値が高い。これで2項目に当てはまったので、
積極的支援の対象になるということだった。まずはカロリー減少値の目標を立てて、
それを実現するための行動計画を練るのだ。しかも、初回面談から6ケ月間は毎月、
保険師から連絡が入るらしい。そこで計画の成果について報告をしなければならず、
もう言い逃れはできない状況になってしまった。というわけで、生活改善をしよう。

設定した目標は「腹囲を6cm減らす」と決まった。朝から何も食べていなかったが、
測ってみたら91.5cmだった。この数字が基準となる。目標は85.5cmだ。そして、
目標達成までに減らさなければならないエネルギー量は 、計算により42000Kcal 。
つまり、1日に230Kcalを減らすことになる。これの実現のため、下記が決まった。

・缶コーヒーを減らす。1日2本減らす。
生活について検証してみると、1日にかなりコーヒーを飲んでいることが判明した。
家を出たあと、近くの販売機で缶コーヒーを買い駅で飲む。職場に着いたら、なぜか
今度は紙パックのコーヒー。これが毎日の習慣になっていた。そして休憩時に飲み、
仕事が終わった帰り道でも。これが多すぎると判定、お茶か水に変えることにする。

・夕食を腹八分目にする。
朝食べないことが多いので、ついつい夕食の量が増える。これを変えていくことに。

・ご飯を大盛り→普通盛りにする。
定食とかラーメン、そばを食べるときは、ほぼ100%大盛りを注文している。これが
余計なエネルギーを摂取しているということだった。加えて、ラーメンやそばの汁を
すべて飲み干していることも指摘されたけど、この点だけはちょっと譲れなかった。
子供の頃から続けていることなので、残すことが精神的にできなくなっている。では
どちらかにしましょうということになり、ご飯の量を減らすことで落ち着いたのだ。

担当の保険師は柔らかい物腰で、丁寧に接してくださった。子供をヤル気にさせる、
保母さんのようである。こうして、これまでより少し、向き合ってみようと思った。
まずは野菜の摂取と万歩計での管理を勧められたので、早速実行に移した。8月には
どのような結果になるか皆目見当もつかないが、やれるだけ頑張ってみようと思う。
特定保健指導_b0016600_7351043.jpg

AB− (50D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-07 07:35 | 宇都宮動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama