2013年 02月 05日 ( 2 )

2日目の朝は8時集合でした。今回の行程では早朝撮影がなかったので、ゆっくり
過ごすことができました。バスは定刻通りに出発。最初の訪問地である瑞泉寺では
お寺の風景や彫刻などを撮る予定でしたが、なかなかいい被写体を見つけることが
できず、また本堂修復工事が行われていた関係で景観がやや損なわれていたため、
皆さんのシャッター音があまり聞こえませんでしたね。このあたりから雨がかなり
強くなってきました。もともとは合掌集落の五箇山・相倉に向かう予定でしたが、
雨でこきりこ踊りが室内に変更になったため、国重要文化財である村上家で撮影、
という内容に変更になりました。これはちょっと厳しい状況です。室内だと撮影の
条件がかなり限られてしまうので、苦戦するかもしれないと思いました。案の定、
ストロボを使うか使わないかでお客様の希望が分かれてしまいます。多数決により
不使用と決まりましたが、現場では「やはり使いたい」と希望された人数が増えて
しまったため、急遽2回の踊りで使用不使用を分けて撮影することに。仕上がりを
ご覧になり比較する意味では、良い機会になると考えたのです。踊りが始まると、
シャッター音が元気良く部屋に鳴り響きました。保存会のご厚意により、もう1回
撮影のチャンスをいただくことができたので、お客様にとってはラッキーでした。

こうして全行程を終了し、バスは横浜に向かいます。平湯インターからの一般道は
雪がシャーベット状になっていてヒヤヒヤしましたが、さすがはプロドライバー。
特に大きな不安もなく高速道路に乗り、そのまま横浜に到着しました。こうして、
長いようで短かった初ツアーは終了しました。次回の予定は決まっていませんが、
また皆さんと撮影に出かけられたらと思います。早ければ5月あたりでしょうか。
白川郷ライトアップ撮影ツアー その2_b0016600_234495.jpg

AB (50D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-02-05 23:04 | 浜松市動物園
2013年最初のツアーは、白川郷での1泊2日でした。横浜を7時に出発して、
高速を走り白川郷までバスの旅。到着は15時頃でした。6時間揺られてやっと
着いたことになります。途中から道路は一面の雪となり、まさに銀世界でした。
ところが、白川郷の雪はあまり多くはありませんでした。この行程は昨年も担当
しているのですが、ハッキリわかるほど雪が少なかったです。前日が雨だったと
いうことも影響したようですが、屋根の雪は落ちているところも多く、さすがに
ちょっと残念ではありました。お客様は32名。お顔を覚えるのも一苦労です。

まずは長瀬家を見学。その後は展望台など、それぞれに狙いたいところを目指し
自由行動となりました。まずはお客様何人かとかん町に向かいます。ここでは、
旅行パンフレットや雑誌などでよく見かける、合掌造りが3つ並んでいる場面を
撮ることにしました。しかし、すでに三脚がズラリ。ライトアップ開始をかなり
前から待っているカメラマンで大いに賑わっていました。ここでまずは、日中の
写真を撮りましたが、展望台にも一応は向かおうと考えていたので夜のシーンは
諦めることに。しばらくしていよいよ明かりが入ります。観光客と写真目的だと
思われる人が入り交じり、暗くなってきたこともあって大混雑。そして、水面に
写り込むスポットは3重、4重にも人が立ち並んでいます。まずはその場を離れ
展望台に向かうことにしました。30分ほど歩いて到着 。6時半を過ぎると観光
バスは大半が帰るので、やや空いてきました。全景を撮って再び降りてみたら、
さっきまでの喧騒がウソのようになっています。ようやく写り込みを撮影して、
気付いてみたらもうバスに戻る時間です。撮影には4時間半くらい取れました。

昨年は白川郷内にある城山館に泊まりましたが、今回は富山まで移動しました。
宿泊は富山エクセルホテル東急です。富山市内は意外なほど雪が少なく、聞くと
今年は雪が少ないのだとか。夜更かしするつもりが、すぐに寝てしまいました。
白川郷ライトアップ撮影ツアー その1_b0016600_8564492.jpg

AB (1D MarkⅢ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-02-05 08:58 | 宇都宮動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama