2012年 05月 25日 ( 1 )

トキナーからマイクロフォーサーズ用レンズ 、レフレックス300mmf6.3マクロが
発売された。ピント合わせは手動になる。レフレックスといえば別名ミラーレンズ。
つまり、ミラーレス用ミラーレンズというわけだ 。135換算では600mmだから 、
本館的な望遠画角が手に入ることになる。もともとレフレックスは小型軽量がウリ。
昭和の頃から、多数のカメラ・レンズメーカーから製品がラインアップされていた。
フィルムの頃は500mmや600mm、f8固定が主流である。ユニークなところでは、
タムロン350mmf5.6、ミノルタ250mmf5.6なんていうのもあった。高値で言うと
これはコンタックス。いずれも受注生産だったが、ミロター500mmf4.5はなんと、
217万円。同じくミロター1000mmf5.6にいたっては、470万円もしたのである。

話が大きく逸れてしまった。歴史のあるレフレックスレンズの現代版といえるのが、
今回のトキナーなのだ。マクロと銘打っているだけあって、最短撮影距離はなんと、
0.8mである。ちなみに、所有している600mmf4は6mだし、寄って撮影する際は
けっこうな武器になりそうだ。価格は31,300円 。試してみたい1本なのである。
ミラーレス用ミラーレンズ_b0016600_21405921.jpg

AB (E-P1/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-05-25 21:41 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama