2011年 12月 07日 ( 1 )

笑いの種

スクエア写真上野編。昨日の段階ではストックを増やせたと書きましたが、撮った
写真をパソコンでチェックしてみたら、そこそこ笑いの種になってしまいました。
やっぱりこのレンズは難しいなぁ。たった1mmピントリングが動いたり 、呼吸を
して体の位置が変わっただけでもピントの芯が外れます。まるでマクロみたいだ。

そんなわけで、モニターで確認できなかったボツがかなり出ました。そういえば、
前回使用した掛川の時も、開放近くで使うととんでもないことになるという感想を
抱いたのですが、すっかり忘れていたようで。そしていつもの癖でレンズの特性を
失念していました。まだまだ使いこなすには時間がかかるかもしれませんね。AFで
ピントを合わせられることがどれだけ楽なことか、これを使うと実感するのです。

とはいえ、こういう難しさがあると面白さを感じることも事実。上野に行くときは
なるべくこの装備を使ってみようと思いました。というかむしろE-3で使いたい。
手元にあったときになぜ試さなかったのかと、後悔しきりなのです。さて、写真は
開園30分後のライオン舎にて。木の枝が取られて見やすくなりました。もともと
あまり姿を見ることの少なかった♂も確認。ガラス越しなのがちよっと残念です。
笑いの種_b0016600_10273884.jpg

AB− (E-P1/ズイコー250mmf2)
by keiji_takayama | 2011-12-07 10:27 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama