2011年 09月 02日 ( 1 )

ハート鼻

東武に出掛けて最も収穫だったのは、セーブルアンテロープが撮れたこと。いったい
いつ以来になるのだろう。もともと角の大きい動物はかなりツボである。でっかい、
これはつまり強さの象徴であると勝手に解釈しているからだ。大きい角はそれだけで
絵になるし、写真にすると立体的な雰囲気が画面に出るので、実に効果的だと思う。

実は今回、ネコ科だけ撮れればいいやと思っていた。寝てしまったときに一周だけは
全体を見て回ったけど、さほど大きな成果もなく、カメラを向けることもなかった。
セーブルアンテロープは一番奥のサバンナゾーンで暮らしている。たまたま昼食時に
入ったレストランがここに近かったので、どうせなら見ていくかという軽い気持ちで
訪れたのだ。そこで目にした光景は、なんとセーブルがこちらを向いていた。しかも
絶好の位置である。目の前にいる動物に対してレンズを向けたら、バックがだいたい
どうなるか、これは歩いて眺めていれば完全にイメージすることができる。そうした
風景が緑バックだった。驚かせてはいけないから、その場に荷物を置いて、そ〜っと
カメラを構えて撮影。一体何事かという表情を見せていたが、とても協力的なのだ。
全身姿も撮ることができたので、とてもいいタイミングだった。これは後から知った
ことなのだが、鼻がなんと、見事なハートマークである。それだけでも面白かった。
ハート鼻_b0016600_9245769.jpg

AB (1D MarkⅡN/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-09-02 09:21 | 東武動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama