2011年 06月 27日 ( 1 )

鼻息飛沫

遠目に、サイが水場にいるのが見えた。皮膚が濡れたら面白そうだ、そんな理由から
急ぎ足で向かうことにする。着いてしばらくそこで眺めてみたが、特に動きがない。
ならばと、向かいにいるスイギュウの様子を探ることにした。この間の時間はたぶん
30秒もなかったと思う 。で、再び戻ってきたらサイはごろ〜んと横になっていた。

これだとさすがに写真は厳しいなぁ。そう感じて戻ろうとしたら、飛沫が上がった。
小さなもので一瞬だったけど、気付いたらまずは観察。あ〜なるほど、鼻息である。
これが水面の水を押し上げて飛沫になったのだった。子供の頃に、似たようなことを
してついつい力が入りすぎて、顔が水だらけになった覚えがある。イメージとしては
そんなことを考えて、次に飛沫が上がるのを待った。やがてこの飛沫は小さくなり、
何事もなかったかのような静寂が訪れる。小さな、なかなかに楽しい発見であった。
鼻息飛沫_b0016600_18364114.jpg

AB (30D/FL-F500mmf5.6FLUORITE )
by keiji_takayama | 2011-06-27 18:35 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama