2011年 03月 19日 ( 1 )

中間リング

動物園の撮影で、あると便利なのが中間リングだ。特に望遠系レンズで焦点距離が
長くなる場合は、確実に効果を発揮する。中間リングというと、接写用に使うもの
というイメージが強いが、要は最短撮影距離を縮めるためのアクセサリーである。

引きカット用の100-400mmは最短が1.8mだが、メインの600mmは6mだ。
500mmだと4.5m。檻が小さかったりあまりに近い場合は、ピントが合わない。
こういう状況の際、リングを装着して寄れるようにするわけだ。深度も浅くなり、
檻を目立たなくする役割も果たす。中古で買えばさほど値段も高くないし、使用の
メーカーごとにいくつか所有している。ピント合わせがシビアになるなどリスクも
あるけれど、MF撮影のピント合わせはかつて徹底的に磨いているので、状況により
AF以上に早いし精度が高いと思っている。といっても、そういうことが必要になる
機材で撮っていること自体がもうナンセンスかもしれないけど。ある意味個性的。
中間リング_b0016600_1214757.jpg

AB+ (1D MarkⅡN/ズイコー250mmf2+EXT25mm)
by keiji_takayama | 2011-03-19 01:21 | 掛川花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama