2011年 03月 02日 ( 1 )

レンズランキング

ネットで見た日記に、所有レンズのランキングについての記載があった。使用する
レンズについての考察をまとめたものである。これがなかなかに面白かったので、
ちょっと考えてみようと思った。といっても、かなり偏ったラインアップだけど。

もともと使用する機材は、動物園により完全に分けている。その園の規模や条件、
撮りたい動物の違いによって使う画角も変わってくるからだ。何度か書いているが
標準画角は600mmだ 。使用するカメラによって135換算焦点距離は変わるが、
だいたい立ち位置や画角感覚は頭に入っているので、どこの園に出掛けたとして、
そして使う機材が変わったとしても、撮る写真のスタイルに大きな変化は出ない。

なんだかんだいって、やはりナンバー1はEF600mmf4Lだろう。ISなどないし、
レンズ単体で6kgもあるのだが、撮りたい写真は、これを使わないと得られない。
キヤノンレンズに搭載されているフローライトの描写、これこそがキモだと思って
いるので、根本的に入っていないとダメなのだ。これを初めて知った昭和の頃から
ずっと定着している。ナンバー2であるNewFD500mmf4.5Lもそうだ。こちらは
マウントアダプターを使い、ニコンとキヤノンで使う。いわば万能レンズである。
600mmは多摩や天王寺など比較的大きな動物園用だが、ちょい広角の500mmは
羽村や上野といった、ちょっと小さめの動物園で使うことが多い。そして3番手。
これはEF400mmf2.8L。フローライトが入ったISなしの後期モデルだ。なかなか
使用頻度が高まらないので、もうちょっと活躍の場を与えたいものである。そして
次に来るのがニッコール600mmf5.6 ED。これは基本的には雨用レンズ 。理由は
頑丈だからである。EFはもうメーカーで修理ができないので、雨天では使えない。
そして借り物のFD500mmf4.5L。こちらは生産本数が少ない旧FDモデルである。
写りはとても好きなのだが、三脚座がないので使い勝手にやや問題がある。タテと
ヨコの切り替えをするのにやたら時間がかかってしまうので、良い方法をいろいろ
探しているところだ。続いて出番のないレンズが2つほど。そして、これとは別に
引き写真用にEF100-400mf4.5-5.6L。もちろんこれもフローライトレンズだ。
レンズランキング_b0016600_214779.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-03-02 23:52 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama