2011年 02月 17日 ( 1 )

E-1

2003年といえば、10数年ぶりに写真趣味を復活させた年だ 。3月に発売された
キヤノンEOS10Dを購入し、それがきっかけとなって動物園で写真を撮り始める。
この年の秋、オリンパス初のデジタル一眼として登場したのがE-1。500万画素の
撮像素子を搭載し、フォーサーズシステムの先駆けとして人気を集めたモデルだ。
2007年秋にE-3にチェンジ。それから4年が経過した今でも根強い人気を誇る。

このE-1というカメラ、スタイルがとにかくカッコいいのだ。現在の一眼レフとは
全く違った形をしているので、新鮮なのである 。もともとの新品販売数が少ない、
という理由もあるのだが、中古カメラ相場もなかなかの高水準。新品同様の状態で
37,800円だ。次のモデルであるE-3が同じ程度で44,100円だから、さほど差が
ないことになる。同時期に売られていた他社のカメラを見てみると、キヤノンでは
前述の10Dが14,700円、ニコンD100は19,950円、コニカミノルタα7になると、
24,150円といった具合だ。E-1の値落ち率の低さが目立っていることがわかる。

たまに出てくると、たいていその日のうちに売れてしまう。たまに残っていても、
長期在庫になることはほとんどない。必ず声がかかって、次のオーナーが決まる。
とまぁそんなわけで、所有している。このカメラにアダプターを介して、ニコンの
古い55mmレンズを装着した姿が素晴らしい。しかし程度があまり良くないので、
いずれキレイなものに買い直そうかと思っている。オフ会などで活躍するだろう。

写真は大森山のお気に入り、ラクダである。2頭いて、とても仲良しだ。近付くと
するすると寄ってきてくれる。まるで興味津々というような、面白い表情だった。
b0016600_119466.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2011-02-17 01:17 | 大森山動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama