2011年 02月 07日 ( 1 )

危篤

今回の秋田行きは実に楽しかったのだが、それとは別にしっかり認識する必要がある
事態に直面することになった。数々の修羅場をくぐり抜けて、死の淵から甦ってきた
30Dがついに危篤状態に陥ったのだ。最初に決定的な違和感を感じたのは、昨年末の
東山でのこと。本体のシャッターが接触不良になった。押したいところで切れない。
何度か押しているとそのうち切れるが、これでは意味がない。タテ位置は大丈夫だが
ヨコ位置での撮影はかなりのリスクを負うことになる。年が明けて数回使った時には
さほど大きなストレスにはならなかったので、このままだましだまし使うかと思って
いたのだが、秋田で不具合が炸裂し、さすがにこれは使えないと判断せざるを得ない
結果となってしまった。今後は動物園ではないところで余生を過ごさせようと思う。
b0016600_113577.jpg

AB (30D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2011-02-07 23:53 | 大森山動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama