2010年 12月 07日 ( 1 )

羽レフ

アオメキバタンのところに寄ってみた。いつもここでは300mm程度の望遠を使う。
距離が近いので、それでも十分に大きく撮れるからだ 。でもこの日は15-85mm 。
一番望遠側の85mmにしても、いつもの感覚からは大きく足りない 。ならば全身を
フレームに入れて、動きのあるシーンでも狙ってみよう。そう思った。2羽いるうち
片方がちょうど木の先端にやってきた。半逆光なので、羽を伸ばすと透けて美しい。
なるべく近寄って木をカットし、背景がグリーン一色になるよう立ち位置を整える。
あとは再び羽を広げてくれるのを待つのみだ。チャンスは2回あった。1度目は羽の
全体が見えてよかったのだが、何かインパクトに欠ける。そして2度目。光の具合が
ちょうどよく、広げた羽がレフ板代わりになって顔を照らし出したのだ。ラッキー。
羽レフ_b0016600_0355561.jpg

AB−(kissD X/EF-S15-85mmf3.5-5.6)
by keiji_takayama | 2010-12-07 00:35 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama