2010年 12月 06日 ( 1 )

嵌める

写真をあまり撮りに行っていないので、先日標準ズームで撮影したカットをしばらく
載せてみようと思います。動物園というとどうしても、というかそれをおそらく最も
推奨しているのはここのブログだと思うけど、望遠レンズが必要になります。作品の
意識というか目的がハッキリしていればいいのですが、そうではなくてただ単に使う
というのでは、長い目でみた場合ちょっともったいない。そのため、たまには視野を
広げてみる必要があります。そのための画角感覚とピントのタイミングを忘れない。
これがいろいろなジャンルの撮影オフ会に参加している最大の理由です。600mmが
標準画角なので、これ以下はだいたい広角。50mm以下だともう超広角の世界です。

そんなわけで、今回は超広角(感覚)での撮影をしたわけですが 、いつもより視野が
広いとピント合わせがすごく楽でした。片手でも難なく撮れるのは実に助かります。
写真はツキノワグマ。高い場所にいたのでちょっと粘ることにしました。草に興味を
示しているけど、時々お客さん側のほうに視線をちらっと向けます。顔を起こしたら
シャッターを押そうと決めて、そのままイメージ通りに実行。余計なものをなるべく
入れないよう構図は最初に決めておきます。あとは頭で描いた場所にクマを嵌める、
それで完成です。視野が広くても、パッと写真を見たときに目元に視線が届けばOK。
嵌める_b0016600_17422492.jpg

AB− (kissD X/EF-S 15-85mmf3.5-5.6)
by keiji_takayama | 2010-12-06 17:41 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama